【最新iPhoneもOK】ahamo機種変更方法・データ移行!業界歴9年のプロが解説

スポンサーリンク

ahamoを利用していて機種変更(機種の買い替え)をしたいんだけど、どうやったらいいかわからないから方法を知りたい。

業界歴9年のプロ
業界歴9年のプロ

ahamo利用中なら、ahamo公式サイトかドコモオンラインショップで機種変更することができるよ。

ahamo契約中で機種変更(機種の買い替え)を検討している方必見です

ahamoはドコモのオンライン専用ブランドで20GB+国内通話5分以内無料込みで2,970円のみのシンプルでわかやすいプランです。

ahamoは開始1年で300万回線以上の契約がありとても人気があります。

ahamoを利用中の方で、そろそろ機種変更を検討している方から以下のような問い合わせをよくいただきます。

  • ahamoで新しく機種を買い替えることはできるの?
  • ahamoで機種変更する方法を知りたい
  • 機種変更する際のデータ移行が不安

このようなお悩みをお持ちの方、ご安心ください。

今回の記事では、業界歴9年のプロで実際にahamoを契約して利用している私が、ahamoの機種変更の方法や購入できる機種、申し込み手順、データ移行までわかりやすく解説します。

この記事を読むことで、失敗や後悔することなくahamoで機種変更できるようになります

ぜひ、ご覧ください。

表示価格は特に断りがない限り税込です。

【ahamo利用中の方必見】ahamoの機種変更はahamo公式サイトまたはドコモオンラインショップでできる

ahamo契約中の方が、機種変更(機種の買い替え)を行う方法は2つあります。

  1. ahamo公式サイトサイトで機種購入
  2. ドコモオンラインショップで機種購入

1つがahamo公式サイトで購入する方法。2つ目が、ドコモオンラインショップで購入する方法です。

ahamo公式サイトは機種3機種のみと少ないです。

しかし、ドコモオンラインショップでは最新のiPhoneからGalaxyやXperiaやAQUOSといったAndroidモデルの購入も可能です。

ちなみに、ドコモオンラインショップで購入する際ドコモの機種購入プログラムを適用することもできます

ドコモの機種購入プログラムには、『いつでもカエドキプログラム』・『スマホおかえしプログラム』があります。

機種購入プログラムは36回の分割支払いで契約して2年後に返却すると残債の支払いが免除されるプログラムです。

【見逃さない】機種変更するタイミング3選

スマホおかえしプログラム利用中で2年経った時、または残債の支払いが終了した時

ahamo利用中の方には3つのパターンがあります。

  1. ドコモで利用していた機種をそのままahamoで利用中
  2. auやSoftBankなど他社で利用していた機種をそのままahamoで利用中
  3. 中古や機種を単独で購入した機種をahamoで利用中

ドコモで利用していた機種をそのままahamoで利用している方で、『スマホおかえしプログラム』を適用中の方は2年経過していれば機種変更するいいタイミングになります。

スマホおかえしプログラムは、36回分割支払いで2年後に返却することで残債の支払いが免除されます。

長く利用すればするほど故障や破損リスクも高まるので2年ちょうどのタイミングでドコモに返却して新しい機種を購入するのがおすすめ

他社から機種そのまま乗り換えでahamo利用中の方で、残債の支払いが終了している方もahamoで機種変更するいいタイミングになります。

残債の支払いが終了しているということは2年または3年くらい利用している機種の可能性が高いので性能面やバッテリー持ちなどを考えると買い替えの時期

利用中の機種に不満を感じる時

利用中の機種に不満を感じている場合は、機種変更を検討してもいいタイミングの1つと言えます。

例えば、以下のようなことを感じた経験はないでしょうか。

  • バッテリー持ちが悪くなってモバイルバッテリーを持ち歩かないといけない
  • スマートフォンの操作感が鈍くストレスを感じる
  • なかなか綺麗な写真を撮ることができない
  • 画面が小さくて目が疲れる

機種変更することで不満を解消できるようになります

新しい機種が発売された時

新しい機種が発売されるタイミングも機種変更のタイミングとしてはいいタイミングです。

理由は2つあります。

1つ目の理由は、新しい機種が発売されることにより1つ前の機種の価格が下がる場合が多いからです。

最新の機種にこだわらない方であれば1つ前の機種をおトクに購入できる可能性が高いです。

2つ目の理由は、発売されたばかりの最新機種の場合は、メーカーが購入キャンペーンを実施することがあるからです。

例えば、過去にあった各メーカーのキャンペーンは以下の通りです。

  • Galaxyシリーズ:約20,000円相当のワイヤレスイヤホンプレゼント
  • Xperia1Ⅲ・5Ⅲ:10,000dポイントプレゼント
  • AQUOS R6:5,000dポイントプレゼント

各メーカーは発売日から一定期間を設けて、販売促進施策を実施することが多いです。

最新機種が気になる方は、要注目です。

【iPhoneもAndroidもOK】購入できる機種

ahamo公式サイト

ahamo公式サイトAQUOS wish2(SH-51C)
Galaxy S20(SC-51A)

ドコモオンラインショップ(2022年9月現在)

ブランド機種名
iPhoneSE(第3世代):いつでもカエドキプログラム対象機種
13ProMAX:いつでもカエドキプログラム対象機種
13Pro :いつでもカエドキプログラム対象機種
13 :いつでもカエドキプログラム対象機種
13mini :いつでもカエドキプログラム対象機種
GalaxyA53(SC-53C): いつでもカエドキプログラム対象機種
S22(SC-51C): いつでもカエドキプログラム対象機種
S22 Ultra(SC-52C): いつでもカエドキプログラム対象機種
A22 5G(SC-56B)
Z Fold3 5G(SC-55B):いつでもカエドキプログラム対象機種
Z Flip3 5G(SC-54B): いつでもカエドキプログラム対象機種
Xperia10 Ⅳ(SO-52C): いつでもカエドキプログラム対象機種
Ace Ⅲ(SO-53C): いつでもカエドキプログラム対象機種
1 Ⅳ(SO-51C)
5 Ⅲ(SO-53B):いつでもカエドキプログラム対象機種
1 Ⅲ(SO-51B):スマホおかえしプログラム対象機種
AQUOSAQUOS R 7(SH-52C): いつでもカエドキプログラム対象機種
AQUOS wish2(SH-51C)
AQUOS sense6(SH-54B):いつでもカエドキプログラム対象機種
arrowsarrows We(F-51B)
arrows NX9(F-52A):スマホおかえしプログラム対象機種

【後悔しない】ahamoで機種変更できるおすすめスマートフォン

ハイスペック機種

機種名メリットデメリット
iPhone13画面の大きさと重さがのバランスがいい
ゲームも快適プレイできる
バッテリー持ちがいい
光学手ぶれ補正
防水防塵対応で安心して利用できる
Apple Payでキャッシュレスも快適
指紋認証がない
望遠レンズなし
typeC非対応
リフレッシュレート120Hz非対応
iPhone13Proリフレッシュレート120Hz対応
光学3倍ズームの望遠レンズあり
ゲームも快適プレイできる
バッテリー持ちがいい
防水防塵対応で安心して利用できる
Apple Payでキャッシュレスも快適
本体が重い(203g)
指紋認証がない
typeC非対応
価格が高い

Galaxy S22 Ultra直射日光下でも見やすいディスプレイ
4眼カメラが高性能!特に望遠が強い
1日は安心して利用できるバッテリー持ち
Sペン内蔵でいつでもどこでもメモが取れる
指紋認証の精度向上
IP68防水防塵対応
おサイフケータイ搭載
microSD非対応
イヤホンジャック非搭載
画面フィルムが貼られていない
本体が229gで重い
本体価格が高い(約17万円)
Galaxy S22リフレッシュレート120Hz対応!滑らかな表示
画面は大きいが軽くてコンパクト
顔認証・指紋認証同時利用可能
防水防塵・おサイフケータイ搭載
トリプルカメラ搭載
microSD非対応
カメラやゲーム時に発熱がある

Xperia 1 Ⅳ直射日光下でも見やすい
快適な動作レスポンス
ゲーミング機能充実
5,000mAhの大容量バッテリーで安心
トリプルレンズカメラで自然な色味が特徴
4K/120fps撮影が可能
スピーカーの音質が良い
イヤホンジャック搭載
microSDやeSIMにも対応
IP68防水防塵
おサイフケータイ搭載
120Hzで利用する際の発熱が気になる
カメラ利用時の発熱により一部機能が使えなくなる
顔認証非対応
本体価格が高い(約20万円)
AQUOS R7フラットディスプレイになり誤タッチが減り快適
リフレッシュレート最大120Hzで滑らかな表示
動作レスポンス安定でゲームも快適
Leica監修レンズ1インチセンサー
暗所や夜景撮影に強くAFも高性能
バッテリー持ちがいい

画面内指紋認証が使いやすい
microSD対応&イヤホンジャック搭載
IP68防水防塵で安心
おサイフケータイ搭載
直射日光下でカメラ利用ですぐ発熱(5分くらい)
遠くを綺麗に撮影する点は弱い
本体が208gで重い
本体価格が高い(約19万)
Xperia 5 Ⅲリフレッシュレート120Hz対応!滑らかな表示
コンパクトかつ大画面縦長ディスプレイ
ゲームも快適!動作レスポンス
側面電源ボタンで指紋認証!
1日安心して利用できる大容量バッテリー
イヤホンジャック搭載
防水防塵・おサイフケータイ搭載
microSD最大1TBまで対応
ワイヤレス充電非対応
夜間・暗所撮影が弱い
カメラや充電中の発熱あり

価格コスパ重視

機種名メリットデメリット
iPhoneSE(第3世代)コンパクトなサイズ感
指紋認証が便利
ゲームも快適にできる
ステレオスピーカー搭載
144gで軽い
急速充電&ワイヤレス充電対応
アクセサリーが豊富
カメラ性能はイマイチ
超広角や望遠なし
夜間・暗所撮影弱い
イヤホンジャック非搭載
microSD非対応
13シリーズと比べてバッテリー持ちは良くない
Galaxy A53 5G屋外でも見やすく6.5インチ大画面
価格の割に夜間・暗所撮影に強い
ナイトモード対応

5,000mAhの大容量バッテリー

自撮りが綺麗に撮れる(3,200万画素)
顔認証・画面内指紋認証搭載
ステレオスピーカー搭載
IP68 防水防塵対応
おサイフケータイ搭載
microSD対応
イヤホンジャック非搭載
手が小さ目の方は持ちにくいかも
(横幅が広い・189gでも重さもある)

カメラのシャッター反応にタイムラグがある
カメラの色味が濃いめ
手ぶれ補正がイマイチ
動画撮影はイマイチ
ゲームをする際にかくつきがある
発熱しやすい
ワイヤレス充電非対応
Xperia 10 Ⅳ画面が明るい
縦長で持ちやすい
5,000mAhの大容量バッテリー

カメラナイトモード向上
望遠レンズの向上
指紋認証対応
161gで軽い

イヤホンジャック搭載
microSD対応

おサイフケータイ搭載
IP68 防塵対応
リフレッシュレートが60Hz
画面上部は指が届かない
顔認証非対応

スピーカーがモノラル
ワイヤレス充電非対応
Xperia Ace Ⅲコンパクトなサイズ感で片手操作可能
コンパクトながらも安心のバッテリー持ち
指紋認証搭載
かんたんホーム搭載(スマホデビューにもおすすめ)
イヤホンジャック搭載
microSD対応
おサイフケータイ搭載
IP68 防塵対応

直射日光で見にくい
暗所や夜景撮影は弱くナイトモード非対応
動画撮影は弱い
指紋認証の認証速度が微妙
ゲームには向かない
スピーカーがモノラル

ワイヤレス充電非対応
AQUOS sense 6156gで軽い
普段使いであれば問題なく利用できる
防水防塵・耐衝撃に対応で安心
1日利用できる大容量バッテリー

指紋認証・顔認証に対応
おサイフケータイ搭載
イヤホンジャック搭載
トリプルカメラ&夜間撮影も強化
スピーカーがモノラルで物足りない
カメラのレンズの切り替えが遅い
ディスプレイが屋内で暗く感じることあり

画面内指紋認証の精度がイマイチ
ワイヤレス充電非対応
arrows We 指紋認証
ハンドソープで丸洗いOK
アルコール除菌でふくのも可能
FMラジオ搭載
おサイフケータイ搭載
かんたんモード搭載で初心者も安心
防水防塵&耐衝撃で安心
バッテリー持ちがいい
イヤホンジャック搭載
microSD対応
夜間・暗所撮影は弱い
動画撮影は弱い
スピーカーがモノラルで物足りない
ゲームには不向き
顔認証非対応
本体の大きさの割に重い

ワイヤレス充電非対応

機種変更申し込み手順(Wi-Fiオフでドコモ回線で実施)

ahamo公式サイト

ahamo公式サイトで機種変更
  • STEP1
  • STEP2
    購入する機種を選択
  • STEP3
    『ahamo契約中』を選択
  • STEP4
    機種のカラー・支払い回数を選択
  • STEP5
    ケータイ補償サービスの申し込みの有無を選択
  • STEP6
    下取りの有無を選択

    スマホおかえしプログラム加入中➡スマホおかえしプログラム適用したほうがおトク(下取りを希望しないを選択する)

  • STEP7
    カートに入れる
  • STEP8
    支払いへすすむ

ahamo公式サイト➡ドコモオンラインショップ(スマホから行う)

ドコモオンラインショップで機種変更
  • STEP1
  • STEP2
    『ドコモオンラインショップへ』へをクリック
  • STEP3
    購入する機種を選択
  • STEP4
    購入方法は『機種変更』を選択
  • STEP5
    機種代金の確認で、分割支払い(いつでもカエドキプログラムorスマホおかえしプログラム)・分割支払い・一括払いから選択する
  • STEP6
    カートに入れる
  • STEP7
    受取は契約住所のみ(ドコモショップ受取は不可

データ移行のやり方

iPhone➡iPhone:クイックスタート(iOS12.4以上必須)

移行できる内容連絡先
画像/動画
Wi-Fi設定
アイコンの位置
サファリのブックマーク
カレンダー
など
iOSバージョン旧iPhoneのバージョンを12.4以降にアップデートしておく
『設定』→『一般』→『情報』で確認可能
Apple ID
パスワード
パスコード
事前に確認しておく
Bluetoothオンにする
Wi-Fiオンにする
ストレージ容量の確認旧iPhoneのストレージ>新iPhoneのストレージ➡データ転送不可
各アカウントの引継ぎLINE
モバイルSuica
ゲームアプリのアカウント
など

クイックスタートを利用する場合は、iOSのバージョンが12.4以降である必要があります

機種変更前のiPhoneのバージョンの確認方法は、『設定』➡『一般』➡『情報』で確認できます。

バージョンが12.3以前の場合は、アップデート後Wi-Fi・Bluetoothをオンにした状態で以下の『移行の手順』を行ってください

新しいiPhoneをすでにアクティベーション完了している方は、一度初期化して以下の手順でデータ移行を行いましょう。

iPhone初期化の手順
  1. 設定
  2. 一般
  3. リセット
  4. すべてのコンテンツと設定を消去

謝って今まで利用していたiPhoneを初期化(オールリセット)しないように要注意です。

データが全部消えてしまいます

移行の手順
  • STEP1
    新iPhone で「こんにちは」の画面が表示されていたら、下端を上にスワイプ

    新iPhoneで操作

  • STEP2
    「日本語」をタップ

    新iPhoneで操作

  • STEP3
    「国または地域を選択」で「日本」をタップ

    新iPhoneで操作

  • STEP4
    「クイックスタート」の画像が表示されたことを確認

    新iPhoneで操作

  • STEP5
    旧iPhoneの下部に表示される「続ける」をタップ

    旧iPhoneで操作

  • STEP6
    旧iPhoneのカメラが自動で起動

    旧iPhoneで操作

  • STEP7
    新iPhoneに表示されるイメージ画像を旧iPhoneのカメラで読み取る

    旧iPhoneで操作

  • STEP8
    旧iPhoneは「新しい iPhone の設定を完了」と表示

    まだデータ移行はこの段階では完了していない

  • STEP9
    新iPhoneでアクティベートが自動で開始
  • STEP10
    「Wi-Fiネットワークを選択」で利用できるアクセスポイントをタップ

    新iPhoneで操作

  • STEP11
    「Face ID」で「あとでセットアップ」をタップ

    新iPhoneで操作

  • STEP12
    キーボードまたは「パスコードオプション」をタップしてパスコードを設定

    旧iPhoneで利用していたパスコードを入力

  • STEP13
    「○○からデータを転送」で「続ける」をタップ

    〇〇には移行元のiPhoneの名前が表示されます

    新iPhoneで操作

  • STEP14
    Apple ID が自動で設定
  • STEP15
    表示された Apple ID のパスワードを入力し、「サインイン」をタップ

    新iPhoneで操作

  • STEP16
    利用規約に同意

    新iPhoneで操作

  • STEP17
    「新しいiPhone に設定を移行」で「続ける」をタップ

    新iPhoneで操作

  • STEP18
    「Siri」で「あとで“設定”でセットアップ」をタップ

    新iPhoneで操作

  • STEP19
    「お使いのほかのデバイスには、別の Apple ID を使用して購入したものが含まれます。」と表示されたら、表示された Apple ID のパスワードを入力し「次へ」をタップ

    新iPhoneで操作

  • STEP20
    新iPhoneに「○○からデータを転送中」と表示
  • STEP21
    旧iPhoneにも「○○へデータを転送中」と表示
  • STEP22
    旧iPhoneに「転送が完了しました」と表示されたら「続ける」をタップ

    iPhoneが自動で再起動➡データ移行完了

Android➡iPhone:move to iOS(iOSに移行)

移行できる内容連絡先
画像/動画
Googleアカウント
メッセージ
iPhone初期化しておく
iPhone初期化の手順
設定
一般
リセット
すべてのコンテンツと設定を消去
Wi-Fiオンにする
注意点LINEのトーク履歴は移行不可
ツムツムのルビーは移行不可(コインは引継ぎ可能)

AndroidからiPhoneへのデータ移行は、move to iOS(iOSへ移行)が便利です。

AndroidからiPhoneの場合は、OS(根本的なシステム)が異なるのでLINEトーク履歴やツムツムのルビーなど移行できないものもあります

移行の手順
  • STEP1
    move to iOS(iOSに移行)アプリをAndroid側にインストール

    AndroidをWi-Fiに接続しておく

  • STEP2
    iPhoneを設定する途中で『Androidからデータ移行』をタップ
  • STEP3
    Android側でiOSに移行アプリを起動する

    アプリ起動➡利用規約同意

  • STEP4
    iPhone側で『Androidから移行』は表示➡『続ける』をタップ
  • STEP5
    iPhoneに表示されるコード(6桁または10桁)をAndroid側に入力
  • STEP6
    画面の案内に従って、Android側で『続ける』をタップ

    データ転送画面が表示される

  • STEP7
    転送するコンテンツを選択して待機

    AndroidとiPhoneを充電したまま横に並べておいておきましょう

  • STEP8
    転送画面のバーが最後まで行ったら完了

iPhone➡Android:(ドコモデータコピー)

iPhoneからAndroidにデータ移行する場合は、ドコモデータコピーアプリが便利です。

AndroidからiPhoneの時と同様、OSが異なりますので移行できないものがある点は要注意(LINEトーク履歴など)

移行の手順
  • STEP1
    今まで利用していたiPhoneと新たに購入したAndroid側『データコピーアプリ』を入れる

    アプリのバージョンを最新にしましょう

    アプリTOPの右上『3つの点』→『アプリ情報』→『最新のバージョン確認』→『アップデート』

  • STEP2
    旧機種(今まで利用していた)で『データ移行』をタップ

  • STEP3
    『はじめる』をタップ➡『今までのスマートフォン(コピー元)』をタップ
  • STEP4
    新しいスマートフォンを選択する

    『Android』・『iPhone』と表示されるので『Android』をタップ

  • STEP5
    新しい機種で『データ移行』をタップ
  • STEP6
    『はじめる』をタップ➡『新しいスマートフォン(コピー先)』をタップ

    『Android』をタップ

  • STEP7
    新しい機種側にQRコードが表示される

  • STEP8
    旧機種(今まで利用していた)で『読み取り』をタップして新しい機種に表示されているQRコードを読み取る

    読み取ると『接続完了』➡データ移行がスタート

  • STEP9
    データ移行完了

    移行完了までは15分~1時間ほど(データ量による)

Android➡Android:(ドコモデータコピー)

AndroidからAndroidのデータ移行は、ドコモデータコピーを利用します。

以下の移行手順はSDカードがない前提の手順にはなりますが、SDカードをお持ちの方で新旧機種がSDカード対応の場合は、SDカードにバックアップ➡復元することも可能です。

ただし、旧機種がSDカード対応でもGalaxyS21のように新たに購入する機種がSDカード非対応の場合はSDカードによるバックアップ➡復元はできませんので要注意

移行の手順
  • STEP1
    新旧両方のAndroidに『データコピーアプリ』を入れる

    アプリのバージョンを最新にしましょう

    アプリTOPの右上『3つの点』→『アプリ情報』→『最新のバージョン確認』→『アップデート』

  • STEP2
    旧機種(今まで利用していた)で『データ移行』をタップ

  • STEP3
    『はじめる』をタップ➡『今までのスマートフォン(コピー元)』をタップ
  • STEP4
    新しいスマートフォンを選択する

    『Android』・『iPhone』と表示されるので『Android』をタップ

  • STEP5
    新しい機種で『データ移行』をタップ
  • STEP6
    『はじめる』をタップ➡『新しいスマートフォン(コピー先)』をタップ

    『Android』をタップ

  • STEP7
    新しい機種側にQRコードが表示される

  • STEP8
    旧機種(今まで利用していた)で『読み取り』をタップして新しい機種に表示されているQRコードを読み取る

    読み取ると『接続完了』➡データ移行がスタート

  • STEP9
    データ移行完了

    移行完了までは15分~1時間ほど(データ量による)

LINEやSNSなどIDやパスワードは必ず控える

ここまで解説してきたデータ移行では、LINEやTwitterやインスタグラムのようなSNSは再度ログインが必要になります。

予めIDやパスワードを確認して控えておきましょう

パスワードを求められますので、忘れている方はデータ移行前に、忘れた方はこちらなどからパスワードの再設定を行っておきましょう

ahamoで機種変更した後でもSIMカードを差し替えるだけなので、機種変更後もできなくはないですが、事前に行うことをお勧めします。

まとめ:ahamo公式サイト&ドコモオンラインショップで豊富なラインナップから機種変更可能

注意点

※ahamoでは、キャリアメールなど一部ご利用できないサービスがあります。

・オンライン手続きプランで24時間いつでも受付可能!  

※サイトメンテナンス中など、受付できない場合がございます。

・20GB使えて2,970円/月(税込)  

※機種代金別途 ・国内通話料金は5分以内無料  

※4 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。

「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。

・海外82の国・地域でのパケット通信も20GBまで無料

※ 15日を超えて海外で利用される場合は速度制限がかかります。国内利用と合わせての容量上限です。

・ahamoのご契約を頂く際は、今お使いのスマホがそのまま使えます!  

※ご利用端末がドコモで提供している通信方式とは異なる通信方式のみに対応している機種の場合、またSIMロック解除がなされていない場合についてはahamoをご利用いただくことはできません。

ご利用中の機種が対応しているかはahamoサイトにてご確認ください。

・対応機種なら、SIMカードのみのご契約でOK  

※MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み手続きが必要です。

・店頭サポート  

※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。

ドコモショップなどでのサポートをご希望の場合は、「ahamoWebお申込みサポート」※2(税込3,300円)、をご利用ください。 なお、お申込み時の端末操作はお客さまご自身で実施頂きます。また、端末初期設定およびデータ移行などは本サポートの範囲外となります。

端末初期設定およびデータ移行の補助をご希望のお客さまは「初期設定サポート(有料)」※3を別途お申込みください。  

※2 お客さまのご要望に基づき、ahamo専用サイトからのお申込みの補助を行うものです。  ※3 お客さまのご要望に基づき、ahamoアプリおよび専用サイトからのお手続き補助を行うものです。

コメント

【携帯電話料金を安くしたい方必見!】後悔しない選び方を業界歴9年のプロが解説
【2022年10月版】格安SIMおすすめ7選!
【携帯電話料金を安くしたい方必見!】後悔しない選び方を業界歴9年のプロが解説
【2022年10月版】格安SIMおすすめ7選!
タイトルとURLをコピーしました