【年会費永年無料】リクルートカードをレビュー、ポイント活用法も解説

スポンサーリンク

リクルートカードに興味があるんだけどメリットやデメリットを知りたい。

貯まったポイントの使い道を知りたい。

リクルートカードをお得に申し込みたいけど、キャンペーンとかはあるのかな?

こういった疑問にこたえていきます。

本記事の内容
  • リクルートカードの基本情報
  • リクルートカードのメリット
  • リクルートカードのデメリット
  • リクルートポイントの使い道
  • 新規入会キャンペーン(JCB限定)

実際にリクルートカードを1年以上利用している私が解説していきます

年会費永年無料・1.2%高還元

リクルートカード基本情報

モスくん
モスくん

まず最初にリクルートカードの基本情報を見ていきましょう。

年会費永年無料
ポイント還元率1.2%(リクルートポイント)
国際ブランドマスター(三菱UFJニコス)
VISA(三菱UFJニコス)
JCB(株式会社ジェイシービー)
旅行損害保険海外旅行 最高 2,000万円(利用付帯)
国内旅行 最高 1,000万円(利用付帯)
ショッピング保険国内・海外 年間200万円
支払い日毎月15日までの利用→翌月10日
ポイント加算タイミング毎月15日までの利用→翌月11日
スマホ決済Apple Pay/Google Pay/楽天ペイ

リクルートカードで決済するとリクルートポイントが貯まります。

リクルートのサービスを利用する際に「ためたい・つかいたいポイント」を選べるようになっています。

dポイントやPontaポイントを保有している方は、リクルートIDと連携しておきましょう

私はdポイントもPontaポイントも保有していて、Pontaポイントを「メインポイント」にしています。

重要
  • リクルートIDとPontaポイント・dポイントが未連携の場合は「リクルートポイント」が貯まる
  • 選択できるポイントはリクルートID単位で1つ(サービスごとに設定は不可)
dポイント・Pontaポイントに交換できる

リクルートカードのメリット

年会費永年無料で驚異の高還元率1.2%

モスくん
モスくん

2021年現在クレジットカードのポイント還元率は平均0.5%と言われ、1.0%以上となると高還元の部類に入ってきます。リクルートカードはその高還元と言われる1.0%をさらに超える1.2%の還元率となります。しかも、年会費は永年無料です。どこで使っても常時1.2%還元が最大の魅力です。ポイント対象外は以下の通りです。

  • カード発行手数料
  • ショッピングリボ払い手数料
  • 分割払い手数料
  • キャッシング1回払い(国内・海外)ご利用分
  • キャッシングリボご利用分
  • カード再発行手数料
  • 遅延損害金
  • 電子マネーチャージご利用分

ポンパレモールで最大21.2%還元

ネットショッピングを利用する方は、ポンパレモールをチェックしましょう。

ポンパレモールは、食品や日用品など多岐にわたって取り揃えられているショッピングモールです。

最大20%還元の商品もあるので、その場合は21.2%還元となります。

ポイント内訳(Pontaポイント連携の場合)
  • リクルートカードで決済でリクルートポイント1.2%還元
  • Pontaポイント最大20%還元(20%還元の商品を選択した場合)

じゃらんネットで最大11.2%還元

旅行好きの方必見です。

じゃらんnetで予約・宿泊するし、リクルートカードで決済することで3.2%還元されます。

旅行プランの中には、10%還元のプランがあったりもします。

10%還元のプランだと最大11.2%還元となります。

還元の詳細はプランによって変わりますので確認しましょう。

ポイント内訳
  • リクルートカードで決済でリクルートポイント1.2%還元
  • じゃらんで予約・宿泊で最大10%還元(10%還元のプランを選択した場合)

ホットペッパーグルメで1.2%還元+α

ホットペッパーグルメは、予約利用(ホットペッパーお食事券)で3.2%還元だけでなく予約人数に応じてポイントが追加で付与されます。

予約人数×50ポイントが付与されます。

具体例(5人で予約して30,000円決済した場合)
  • 予約人数 5人×50ポイント=250ポイント
  • ホットペッパーお食事券 30,000円×3.2%=960ポイント

ホットペッパービューティーで3.2%還元

Hot Pepper Beautyで予約・来店してリクルートカードで決済することで3.2%還元となります。

利用のコツ
  • 予約時にクーポンを利用して、リクルートカードで決済する

旅行もお買いものも充実の付帯保険

モスくん
モスくん

リクルートカードには、旅行中の事故・病気・ケガの治療や携行品の破損など幅広く補償してくれる保険が付帯されています。※旅行代金をリクルートカードで決済が条件(利用付帯)

モスくん
モスくん

リクルートカードには、カードでご購入された品物の破損・盗難などの損害を保障するショッピング保険が付いています。

国内・海外で、リクルートカードにてご購入された品物であれば、購入日より90日間保障されます。

電子マネーチャージもポイントポイント付与対象

リクルートカードは一部の電子マネーチャージもポイント加算対象となります。

2022年2月16日以降電子マネーチャージのポイント還元率が0.75%に変更。

注意点は以下の通りです。

注意点
  • JCB モバイルSuica
  • VISA/Mastercard 楽天Edy・モバイルSuica・SMART ICOCA
  • 利用金額の合算で30,000円までの利用が加算対象

2枚持ち

リクルートカードは2枚持ちができます。

電子マネーチャージが上限30,000円と解説しました。

2枚持ちすることで、60,000円まで上限を上げることができます。(30,000円+30,000円)

可能な組み合わせ
  • 1枚目 Mastercard 2枚目 JCB
  • 1枚目 Visa  2枚目 JCB
  • 1枚目 JCB      2枚目 Visa or Master 
年会費永年無料・SuicaチャージもOK

リクルートカードのデメリット

モスくん
モスくん

ここまでリクルートカードのメリットを見てきましたが、デメリットはどうなのか見ていきましょう。

リクルートポイントの用途が限られる

リクルートカードの利用で貯まるリクルートポイントの用途はリクルート系のサービスに限られています。

ほかのクレジットカードと比較するとどうしても用途は少なります。

対策として、dポイントもしくはPontaポイントへ交換することでこのデメリットは解消されます。

優待特典

優待特典がほとんどありません。

理由としては、1.2%還元と高還元の分優待特典がないと思っておくといいでしょう。

リクルートポイント使い道

リクルートポイントはリクルートのサービスで利用するのが手っ取り早いです。

しかし、リクルートポイントは「dポイント」と「Pontaポイント」へ交換が可能です。

これらのポイントに交換できることにより、使い道が豊富になります。

どちらのポイントもリクルートポイント1ポイント=1ポイントで交換できます。

dポイントへ交換がおすすめな方、Pontaポイントへ交換がおすすめな方を以下の記事で詳しく解説しています。

新規入会キャンペーン

新規入会キャンペーン(JCB)
  1. 新規入会 
    1. 1,000ポイント(リクルート限定ポイント)
  2. 初めてのカード利用(発行日翌日から60日以内
    1. 1,000ポイント(リクルート限定ポイント)
    2. 加算時期 初回カード利用分支払い月の11日頃
  3. 携帯電話料金支払い 
    1. 4,000ポイント(リクルート限定ポイント)
    2. 対象 ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイル・ahamo・povo・LINEMO
    3. 加算時期 携帯電話料金の初回カード支払い月の11日頃
  4. ポイント有効期限 ポイント加算日の翌月末まで
モスくん
モスくん

最後に、リクルートカードでは新規入会キャンペーンを実施しています。お得今、発行してみてはいかがでしょうか!

年会費永年無料・キャンペーン実施中

当サイトでは携帯料金の見直しに関する情報を発信していますので、携帯料金を見直したい方はぜひご覧ください

コメント

【携帯料金安くしたい方必見】業界歴9年のプロ直伝!
携帯料金節約術をみる
【携帯料金安くしたい方必見】業界歴9年のプロ直伝!
携帯料金節約術をみる
タイトルとURLをコピーしました