【後悔しない】SoftBankからahamoへ乗り換えデメリット13選!手順も解説

スポンサーリンク

SoftBankからahamoに乗り換えようと思っているんだけど、メリットやデメリットを知りたいな。

業界歴9年のプロ
業界歴9年のプロ

SoftBankからahamoに乗り換えると、月額料金が安くなるメリットがある一方で、店舗サポートが有料になったりコールセンターでのサポートがなくなったりとデメリットもあるよ。

SoftBankからahamoに乗り換えを検討している方必見です

ahamoは、ドコモが提供するオンライン専用ブランドで、通信品質はドコモと同等です。

追加料金不要で82の国と地域で海外データ通信が利用可能で人気のある格安料金プランです。

  • SoftBankからahamoに乗り換える場合のメリットやデメリットを知りたい
  • SoftBankからahamoに乗り換えできるか不安
  • 携帯電話料金を安くしたいけど、後悔や失敗はしたくない

このようなお悩みをお持ちの方、ご安心ください。

今回は、通信キャリア業界歴9年のプロである私が、SoftBankからahamoに乗り換えるメリット・デメリットや乗り換え手順まで解説します。

この記事を読むことで、後悔や失敗することなくSoftBankからahamoに乗り換えることができるようになります

ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

表示価格は特に断りがない限り税込です。

  1. ahamo基本情報
  2. SoftBankからahamoに乗り換えデメリット13選
    1. データ通信量上限なしのプランが使えなくなる
    2. おうち割光セットの割引が受けられなくなる
    3. 新みんな家族割が受けられなくなり、家族の利用料金が上がる
    4. 家族割引を組んでいる場合は、家族間の通話が無料で利用できなくなる
    5. 通話を全くしない方でも、国内通話5分無料を外すことができない
    6. Yahoo!プレミアム会員無料特典がなくなる
    7. SoftBankのメールアドレス(キャリアメール)を継続利用する場合は、毎月330円必要
    8. 留守番電話や割込通話など通話オプションが使えなくなる
    9. SoftBankのAndroid機種をそのままahamoで利用する場合は、周波数帯に要注意
    10. SoftBankで利用している機種を分割支払いで途中の場合は、残債の支払いが必要
    11. 店舗サポートが有料になり、コールセンターが使えなくなる
    12. 未成年者は契約できない
    13. 海外ローミング時の速度制限に要注意
  3. SoftBankからahamoに乗り換えメリット10選
    1. ほとんどの場合で月額料金が安くなる
    2. ドコモの5G/4Gが利用可能で高い通信品質
    3. 5分かけ放題・かけ放題が安くなる
    4. dカード支払いで特典あり
    5. ahamo大盛りオプション追加で月100GBまで利用可能でテザリング制限なし
    6. 新規契約事務手数料がかからない
    7. 追加料金不要で82の国と地域でデータ通信が20GBまで可能
    8. ドコモオンラインショップで豊富な機種のラインナップから選ぶことができる
    9. SoftBankで利用しているiPhoneであれば、6s以降のシリーズはそのまま使える(SIMロック解除は必要)
    10. d Wi-Fiが無料で利用できる
  4. ahamoがおすすめな人
  5. SoftBankからahamoに乗り換える手順
    1. STEP①機種を購入するのかそのまま使うのか決める
    2. STEP②MNP予約番号の取得
    3. STEP③公式サイトから申し込む
    4. STEP④申し込み完了~開通手続き(回線切り替え)
    5. STEP⑤SIMカード挿入・発信テスト・スマホ利用開始設定
  6. まとめ

ahamo基本情報

料金20GB国内通話5分以内無料
2,970円
通信オプションahamo大盛りオプション
+80GB
1,980円
2022年6月9日提供開始
国内通話国内通話5分無料
国内通話5分超過後
22円/30秒
かけ放題
1,100円
割引サービスなし
特徴海外82の国と地域で追加料金不要
ドコモオンラインショップで機種購入可能
契約事務手数料無料
キャンペーン大盛りオプション実質0円(2022年12月まで)
1,980ポイント(期間・用途限定)×最大4ヶ月
利用した月に応じてポイント還元
(具体例)
9月中に契約・12月まで利用:1,980ポイント×4ヶ月
10月中に契約・11月まで利用:1,980ポイント×2ヶ月

ディズニープラス割引キャンペーン
990円×最大6ヶ月間
サポート体制全国約2,300店舗(有償
チャット

ahamoは、ドコモが提供するオンライン専用ブランドです。

原則申し込みやサポートは、すべてオンライン(Web・チャットサポート)となっている代わりに、20GB+国内通話5分無料で2,970円のリーズナブルな料金を実現しています。

2022年6月9日からは、20GB以上利用したい方に、ahamo大盛りオプションが提供開始となり、100GB+国内通話5分無料で4,950円で利用可能です。

ahamoの特徴は、ドコモの5G/4G回線を利用できドコモよりも安い料金で利用できる点にあります。

また、追加料金不要で海外で国内データ通信量と合算して20GBまでデータ通信を82の国と地域で利用可能です。

オンライン専用ブランドではありますが、全国約2,300店舗のドコモショップで3,300円/回の料金を支払うことでサポートを受けることができます

ちなみに、端末が故障した際の修理受付は無料

SoftBankからahamoに乗り換えデメリット13選

SoftBankからahamoに乗り換えで、13個のデメリットがあるので、それぞれ解説していきます。

データ通信量上限なしのプランが使えなくなる

SoftBankahamo
国内通話5分無料含む
料金プランミニフィットプラン+
1GB以下:3,278円
1GB~2GB:4,378円
2B~3GB:5,478円

メリハリ無制限(上限なし):7,238円
20GB:2,970円
100GB:4,950円※

※ahamo大盛りオプション利用で80GB追加

SoftBankからahamoに乗り換えると、データ通信使い放題の料金プランがなくなります

SoftBankで『メリハリ無制限』の料金プランを利用していて、データ使用量が100GB以上の方は、ahamoに乗り換えるとデータ通信量が足らずに月末まで最大1Mbpsに速度制限されるので要注意です。

おうち割光セットの割引が受けられなくなる

おうち割光セット
概要ネット回線とセットで永年割引
割引内容1,100円/月
割引期間永年
割引可能回線数10回線
割引対象同居家族
離れて暮らす家族
同居中の恋人
シェアハウスの仲間
併用可能新みんな家族割(回線数に応じて割引)
家族割引(グループ内通話無料)
注意点Softbank光:指定オプション(550円~)加入が必要

SoftBankからahamoに乗り換えると、SoftBankで受けている割引サービス(おうち割光セット)を受けられなくなります

おうち割光セットは、自宅のインターネット回線とセットにすることで最大10回線まで割引されるサービスです。

対象のインターネット回線は、SoftBank光・SoftBank Air。

SoftBank光を利用している方が、ahamoに乗り換えてSoftBankの携帯電話回線が無くなると指定オプションの割引が無くなり料金が上がるので要注意です。

指定オプション(550円~)
  • 光BBユニットレンタル(513円)
  • Wi-Fiマルチパック(1,089円)
  • 電話サービス(550円~)

SoftBankの携帯電話回線を利用していて、おうち割光セットを組んでいる間は、指定オプションが550円に割引されていますが、ahamoに乗り換えると、割引が外れて2,115円になるので要注意です。

新みんな家族割が受けられなくなり、家族の利用料金が上がる

新みんな家族割
概要家族の回線数に応じて割引
割引内容2回線:660円/月
3回線以上:1,210円/月
割引期間永年
割引可能回線数10回線
割引対象 同居家族
離れて暮らす家族
同居中の恋人
シェアハウスの仲間
併用可能おうち割光セット(1,100円/月割引)
家族割引(グループ内通話無料)
注意点家族間通話・SMS無料なし

SoftBankからahamoに乗り換えると、新みんな家族割の割引がなくなり、一緒にグループを組んでいる家族の料金が上がる可能性があります

新みんな家族割は、家族グループ内の回線数に応じて割引されるサービスです。

例えば、Softbankのメリハリ無制限プランで家族グループ内に4回線あり、そのうち2回線をahamoに乗り換えると、4回線から2回線に減るので、Softbankに残っている回線に対する月額割引が1,210円/回線➡660円/回線に減額されます。

以下の表が、具体例です。

新みんな家族割4回線適用時
割引額
2回線適用時割引額
(2回線ahamoに乗り換え)
家族①1,210円ahamoに乗り換え➡割引なし
家族②1,210円ahamoに乗り換え➡割引なし
家族③1,210円660円
家族④1,210円660円

家族割引を組んでいる場合は、家族間の通話が無料で利用できなくなる

家族割引
概要家族間通話・SMS無料
割引内容家族割グループ内の通話・SMS無料
割引期間永年
割引可能回線数10回線
割引対象 同居家族
離れて暮らす家族
同居中の恋人
シェアハウスの仲間
併用可能おうち割光セット(1,100円/月割引)
新みんな家族割(回線数に応じて割引)
注意点毎月の料金割引なし

SoftBankで家族割引を組んで利用している方が、ahamoに乗り換えると家族間の通話料金無料がなくなります

『家族割引』は家族間の通話料金やSMSが無料になる割引サービスです。

ahamoにはSoftBankの家族割引のような家族間の通話が無料になるされるサービスはありませんが、料金プランの中に国内通話5分無料がついています。

家族間で通話を利用している方は、LINEのような無料通話アプリを利用することでデータ通信量のみで通話することも可能です。

SoftBank側の家族がガラケーの場合は、LINEは利用できないので、ahamoから発信する場合は、5分を超過すると22円/30秒かかると覚えておきましょう。

通話を全くしない方でも、国内通話5分無料を外すことができない

SoftBankahamo
国内通話5分無料含む
通話料金22円/30秒5分超過後22円/30秒
国内かけ放題
オプション
5分無料:880円
かけ放題:1,980円
5分無料:料金に含まれる
かけ放題:1,100円

SoftBankで全く通話を利用していない方は、かけ放題サービスに加入されていないと思います。

ahamoでは、全く通話しない場合でも、国内通話5分無料がついていて、外すことができません

全く通話をしない方は、国内通話5分無料が外すことができない点は覚えておきましょう。

Yahoo!プレミアム会員無料特典がなくなる

SoftBankahamo
Yahoo!プレミアム会員
無料特典

無料

508円/月

SoftBankユーザーは、Yahoo!プレミアム会員が無料で利用できますが、ahamoに乗り換えると、無料特典がなくなり、月額料金508円が必要になります

Yahoo!プレミアム会員は、Yahoo!ショッピング・LOHACOでお買い物する際に2%還元、Yahoo!トラベルで5%還元、雑誌110種類以上読み放題や、国内バスケットボールが見放題など様々な特典を受けられるサービスです。

Yahoo!プレミアム会員向けのサービスを普段から利用している方は、Yahoo!プレミアム会員費が無料ではなくなる点を覚えておきましょう。

ahamoに乗り換えると、月額料金508円かかりますが、508円払ってもahamoのほうが月額料金がSoftBankよりも安くなる場合が多いです。

SoftBankのメールアドレス(キャリアメール)を継続利用する場合は、毎月330円必要

申し込み必要
申し込み
タイミング
SoftBank回線解約後31日以内
申し込み窓口My SoftBank
利用料金3,300円/年
330円/月
支払い方法クレジットカード
保存容量200MB(5,000件)

SoftBankからahamoに乗り換えると、SoftBankのメールアドレスが使えなくなります

ただし、『メール持ち運びサービス』にahamoに乗り換え後31日以内に申し込みすることで、月額料金330円で引き続きSoftBankのメールアドレスを利用することが可能です。

申し込み期限を過ぎると、SoftBankのメールアドレスは利用できなくなるので、引き続き利用したい方は、ahamoに乗り換え後31日以内に、忘れずに『メール持ち運びサービス』に申し込みすることをおすすめします

持ち運び可能なメールアドレスは以下の通りです。

メールサービスメールアドレス
S!メール(MMS)@softbank.ne.jp
@~.vodafone.ne.jp
@disney.ne.jp
@y-mobile.ne.jp
@willcom.com
@pdx.ne.jp
@~.pdx.ne.jp
Eメール(i)@i.softbank.jp

留守番電話や割込通話など通話オプションが使えなくなる

SoftBankahamo
留守番電話
無料
割込通話
220円
グループ通話
220円
最大6人まで
着信転送
無料

SoftBankで留守番電話や割込通話など、通話オプションサービスを利用している方は、ahamoに乗り換えると、利用できなくなります(サービス提供なし)。

留守番電話や割込通話など利用している方は、乗り換え前に必ず確認しておきましょう。

SoftBankのAndroid機種をそのままahamoで利用する場合は、周波数帯に要注意

SoftBankのAndroidは、機種によってahamoで利用できるか否かが変わります。

Google Pixelシリーズは、ドコモのBand19(プラチナバンド)に対応しているのでahamoでも利用可能です。

ドコモ周波数帯

SoftBank Google
Band1Band3Band19n78n79 n257
Pixel 6 Pro
Pixel 6
Pixel 5a(5G)
Pixel5
Pixel4a(5G)
Pixel4a
Pixel4
Pixel4XL
Pixel3a
Pixel3XL
Pixel3

AQUOSシリーズは、以下の表の通り機種によってドコモのBand19(プラチナバンド)に対応していない機種があります。

Band19(プラチナバンド)に対応していない機種の利用は、屋内・地下・郊外などで圏外や繋がりにくくなる可能性があるため、おすすめしません

ドコモ周波数帯

SoftBank SHARP
Band1Band3Band19n78n79 n257
LEITZ PHONE 1
AQUOS sense5G
AQUOS zero6
AQUOS R6
zero5G basic
AQUOS R 5G
AQUOS zero2
AQUOS zero
AQUOS ea
AQUOS R
AQUOS R compact
AQUOS R2
AQUOS R2 compact
AQUOS R3
AQUOS sense3Plus
シンプルスマホ4
シンプルスマホ5

SoftBankから発売されているXperiaシリーズは、残念ながらドコモのBand19(プラチナバンド)に対応していないので、利用はおすすめしません

ドコモ周波数帯

SoftBank Xperia
Band1Band3Band19n78n79 n257
1 Ⅲ
5 Ⅲ
5Ⅱ
5
1
XZs
XZ3
XZ2
XZ1

その他の機種に関しても、Band19(プラチナバンド)に対応していない場合は、屋内・地下・郊外などで圏外や繋がりにくくなる可能性があるため、おすすめしません

ドコモ周波数帯Band1Band3Band19n78n79 n257
HUAWEI Mate10 Pro
HUAWEI Mate20 Pro
LG G8X ThinQ
LG K50
LG V60 ThinQ 5G
OPPO Reno3 5G
OPPO A55s 5G
Redmi Note 9T
Redmi Note 10T
razr 5G
ドコモ周波数帯Band1Band3Band19n78n79 n257
ZTE Libero3
ZTE AXON10 Pro 5G
京セラ DIGNO G
京セラ DIGNO J
arrows U
arrows We
BALMUDA Phone

SoftBankで利用している機種を分割支払いで途中の場合は、残債の支払いが必要

SoftBankからahamoに乗り換える際に、SoftBankで機種を分割支払いで購入していて支払い期間途中の場合は、残債の支払いが必要になります。

ちなみに、SoftBankの機種購入プログラム『新トクするサポート(トクするサポートプラス)』に加入している方は、ahamoへ乗り換え後も特典適用可能(端末返却➡残債の支払い免除)です。

店舗サポートが有料になり、コールセンターが使えなくなる

サポート体制SoftBankahamo
店舗サポート無料有料
3,300円/回
店舗修理受付
修理費用は別途必要

無料

無料
コールセンターサポート
チャットサポート

SoftBankからahamoに乗り換えると、店舗でのサポートが有料(3,300円/回)になり、コールセンターでのサポートが受けられなくなります

SoftBankのお客様センター(コールセンター157など)やSoftBankショップでサポートを受けている方は、ahamoに乗り換えると、チャットサポートがメインでドコモショップでサポートを受ける場合は、3,300円/回料金が発生する点を覚えておきましょう。

料金を安くしてサポート体制も重視したい方は、ワイモバイルが全国約2,300店舗のSoftBankショップで無料でサポートを受けることができ、コールセンターでのサポートもあるのでおすすめです。

未成年者は契約できない

SoftBankahamo
契約可能年齢12歳以上
親権者同意必要
18歳以上
利用者登録による
未成年利用

SoftBankとahamoでは、未成年者の契約のルールが異なり、ahamoでは未成年者(18歳未満)契約することはできません

SoftBankは、12歳以上であれば親権者同意のもとで未成年が契約者になることが可能です。

ちなみに、ahamoの場合は、親(18歳以上)が契約して利用者に未成年(子供)を登録して使わせることはできます

海外ローミング時の速度制限に要注意

ahamoでは、海外で追加料金なしでデータ通信20GBまで(日本国内利用分と合算)利用できます

海外ローミングの注意点があるのでおさえておきましょう。

特に15日以上海外に滞在される方は要注意です。

注意点
  • 海外で最初にデータ通信をした日から15日経過後最大128Kbpsに制限
  • データ通信をした日:日本時間
  • データを追加購入しても制限解除できない(日本に帰国してデータ通信するまで)
  • 速度制限の確認:ahamoアプリ・サイトで確認可能

日本国内であれば、速度制限がかかっても最大1Mbps。

海外だと最大128Kbpsと約8分の1の速度になります。

しかも、データの追加購入(1GB:550円)しても日本に帰国してデータ通信を行うまでは制限が解除されません。

SoftBankからahamoに乗り換えメリット10選

ここまで、SoftBankからahamoに乗り換える場合の13個のデメリットを解説してきましたが、メリットもたくさんあり、10個それぞれ解説していきます。

ほとんどの場合で月額料金が安くなる

SoftBankahamo
国内通話5分無料含む
料金プランミニフィットプラン+
1GB以下:3,278円
1GB~2GB:4,378円
2B~3GB:5,478円

メリハリ無制限(上限なし):7,238円
20GB:2,970円
100GB:4,950円※

※ahamo大盛りオプション利用で80GB追加

SoftBankからahamoに乗り換えると、データ通信量100GB以下のほとんどの場合で月額料金を安くすることができます

以下のパターンを除くと、ahamoに乗り換えると月額料金が安くなります。

ポイント
  • メリハリ無制限(100GB以上利用)
    • おうち割光セット+家族3人+全く通話しない
  • ミニフィットプラン+
    • おうち割光セット+家族3人+全く通話しない

ドコモの5G/4Gが利用可能で高い通信品質

SoftBankahamo
エリアカバー率99.9%99.9%
5G
4G
3G
2024年1月下旬終了

利用不可
提供周波数帯4G
Band1
Band3
Band8(プラチナバンド)
Band11
Band28
Band42
5G
n77(sub6)
n257(ミリ波)
4G
Band1
Band3
Band19(プラチナバンド)
Band21
Band28
Band42
5G
n78(sub6)
n79(sub6)
n257(ミリ波)

ahamoはSoftBank同様、エリアカバー率99.9%で提供周波数帯も多くプラチナバンド(Band19)にも対応しているので、都市部・地方・郊外・山間部など広きに渡り高品質のドコモ回線を利用することができます

月額料金が安くなり、通信品質は高いレベルで利用できる点はメリットです。

5分かけ放題・かけ放題が安くなる

auahamo
国内通話
5分無料
880円/月無料
国内通話
かけ放題
1,980円/月1,100円/月

SoftBankからahamoに乗り換えることで、かけ放題サービスを安く利用できるようになります

SoftBank・ahamoともに、かけ放題サービスは、国内通話5分無料・国内通話かけ放題の2種類です。

SoftBankは、国内通話5分無料(880円/月)・かけ放題(1,980円/月)に対して、ahamoは国内通話5分無料(料金プランに含まれ無料)・かけ放題(1,100円/月))とauより安く利用できます。

通話をよく利用する方や、かけ放題サービスに加入している方にとって大きなメリットです。

dカード支払いで特典あり

特典
dカードゴールド
年会費11,000円
利用金額の10%のdポイント
進呈上限:300ポイント/月
3,000円(税込)/月までの利用
dカードボーナス
パケット
dカードゴールド:+5GB
dカード :+1GB

dカードゴールド(年会費11,000円)の利用金額に対して、100円(税込)ごとに10ポイント進呈(上限300ポイント/月)。

SoftBankからahamoに乗り換えて、dカードでahamoの料金を支払うことで『dカードボーナスパケット』を受けることができます

dカードボーナスパケットは、dカードゴールドで+5GB、dカードで+1GBデータ通信量を増やすことができます。

ahamo大盛りオプション追加で月100GBまで利用可能でテザリング制限なし

SoftBankahamo
大容量料金プランメリハリ無制限ahamo大盛りオプション(+80GB)
利用可能
データ通信量
上限なし20GB(基本プラン)+80GB=100GB
月額料金7,238円4,950円
テザリング
利用時の制限
30GB制限なし

ahamoは、もともと20GBまでしか利用できませんでしたが、2022年6月9日からahamo大盛りオプションのサービスが提供開始となり、80GB追加することで100GB/月利用できるようになりました

SoftBankもahamoもテザリングが無料で利用できますが、制限のルールに違いがあります

テザリング
  • スマホで受けている電波を、他の通信機器※にお裾分けして利用すること
  • 他の通信機器の一例
    • スマホ➡スマホ
    • スマホ➡タブレット
    • スマホ➡パソコン
    • スマホ➡ゲーム機
    • スマホ➡家電など

SoftBankのメリハリ無制限は、月30GBテザリングで利用してしまうと月末まで速度制限(テザリング利用時)がかかる仕様になっています。

一方は、ahamoはauのような制限がなくデータ通信を有効に利用することができます

さらに、2022年12月までは、dポイント(期間・用途限定)1,980円相当が還元されるので、オプション料金が実質0円とお得に利用可能。

新規契約事務手数料がかからない

SoftBankahamo
新規契約事務手数料3,300円無料
MNP転出手数料無料無料
契約解除料無料
2022年4月以降廃止
無料

SoftBankからahamoに乗り換える際の新規契約事務手数料は無料です。

手数料関係はすべて無料なので、乗り換えやすい環境になっています

ちなみに、SoftBank側で新規契約する際の事務手数料は3,300円必要になるので、ahamoでは契約事務手数料が無料な点は、ユーザーにとってメリットになります。

追加料金不要で82の国と地域でデータ通信が20GBまで可能

SoftBankahamo
料金980/24時間3GB20GBまで追加料金不要
(国内で利用していたデータ通信量と合算)
用途音声通話
SMS
データ通信
音声通話
SMS
データ通信
利用できる
国と地域
18182

SoftBankからahamoに乗り換えると、海外82の国と地域で追加料金不要で国内のデータ通信量と合算で20GBまで利用することができます

SoftBankの海外データ利用は、980円/24時間必要ですが、ahamoは追加料金不要

利用可能な国と地域は、約半数に減りますが、ahamoの利用可能な国と地域は日本人の渡航先95%をカバーしているといわれています。

ドコモオンラインショップで豊富な機種のラインナップから選ぶことができる

iPhone14
14Plus
14Pro
14ProMax
13ProMax
13Pro
13
13mini
SE(第3世代)
XperiaXperia 10 Ⅳ
Xperia Ace Ⅲ
Xperia 1 Ⅳ
Xperia 5 Ⅲ
Xperia 1 Ⅲ
GalaxyGalaxy A53 5G
Galaxy S22
Galaxy S22 Ultra
Galaxy A22 5G
Galaxy Z Fold 3 5G
Galaxy Z Flip 3 5G
AQUOSAQUOS R7
AQUOS wish2
AQUOS sense6
FCNTarrows We
arrows NX9

SoftBankからahamoに乗り換えるタイミングで、機種も一緒に購入したい方は、ドコモオンラインショップでiPhone14/13シリーズやGalaxyシリーズ・Xperiaシリーズ・AQUOSシリーズの人気シリーズを購入することが可能です。

ドコモオンラインショップで購入する際に、ドコモの機種購入プログラム(いつでもカエドキプログラム)を利用することができます。

ドコモオンラインショップで機種を購入する場合は、以下の手順になります。

購入手順
  • STEP①
    ahamo公式サイトにアクセス
  • STEP②
    『ホーム』➡『製品』➡『ドコモオンラインショップへ』
  • STEP③
    購入する機種を選択
  • STEP④
    料金プランは、『5Gギガライト』または『ギガライト2』を選択
  • STEP⑤
    料金プランを『ahamo』変更

『5Gギガライト』または『ギガライト2』を選択することで、ahamoにプラン変更した月についてもahamoの月額料金が適用されます

SoftBankで利用しているiPhoneであれば、6s以降のシリーズはそのまま使える(SIMロック解除は必要)

SoftBankで使っているスマホをそのままahamoで利用したい方は、対応端末かどうかを必ずahamo公式サイトで確認しましょう。

iPhoneに関してはドコモのiPhoneはもちろん、SoftBankのiPhoneでも6sシリーズ以降のiPhoneは利用できます。

2021年9月に発売されたiPhone13シリーズもドコモ版・SoftBank版などドコモ以外(SIMフリー含む)も対応端末となっています。

SoftBankのiPhone(6sシリーズ~12シリーズ)をahamoで利用する場合は、SIMロック解除をしましょう。

Androidに関しては、対応端末はドコモから販売されている機種となりますが、SoftBankで販売されているAndroidも一部対象です。

d Wi-Fiが無料で利用できる

申し込み必要
月額料金無料
利用条件dアカウント発行
dポイントカード利用登録
SSID『0001docomo』で接続可能
利用可能スポットカフェ
コンビ二
ファーストフード店
駅・空港
利用可能スポットの詳細はこちら

dアカウントをお持ちでdポイントカード利用登録を行うことで、駅・空港・カフェ・コンビニなど日本全国でWi-Fiを無料で利用することができます

d Wi-Fiは『0000docomo』と『0001docomo』がありますが、『0001docomo』のほうは、ahamoで利用しているSIMカード情報から自動で接続されるため、パスワード入力が不要

d Wi-Fiは、あくまでフリーWi-Fiなので、個人情報の送受信などは控えることをおすすめします

ahamoがおすすめな人

ここまでauからahamoに乗り換えた場合のデメリット13個・メリット10個を解説してきました。

デメリット・メリットを踏まえた上で、ahamoに乗り換えがおすすめな人は、以下の通りです。

ahamoがおすすめな人
  • 月間のデータ通信量が100GB以下
  • SoftBankでかけ放題サービスに加入している
  • 留守番電話や割込通話を利用しない
  • 海外データ通信を無料で利用したい
  • 店舗やコールセンターのサポートはなくても問題ない
  • dカードユーザー

月額料金面では、以下のパターンを除く月の100GB以下の方は、月額料金が安くなりahamoに乗り換えがおすすめです。

ポイント
  • メリハリ無制限(100GB以上利用)
    • おうち割光セット+家族3人+全く通話しない
  • ミニフィットプラン+
    • おうち割光セット+家族3人+全く通話しない

SoftBankでかけ放題サービスを利用している方も、ahamoに乗り換えることで、かけ放題サービスを安く利用することができます

また、通話関連で留守番電話や割込通話などの通話関連オプションはなくても困らない方におすすめです。

ahamoは、82の国と地域で追加料金不要で海外データ通信が利用可能なので、海外で2週間程度の滞在で利用したい方にもおすすめです(15日以降は速度制限あり)。

ahamoは、オンライン専用ブランドなので、申し込みやサポートは原則オンライン(店舗サポートは有料)でコールセンターサポートもないので、申し込みやサポートをオンラインで自己完結できる方におすすめ

さらに、dカード(dカードゴールド含む)を利用している方やこれから利用を考えている方にも、ahamoはおすすめです。

dカードゴールド(年会費11,000円)では、利用金額が10%還元(上限300ポイント/月)あり、dカード(+1GB)・dカードゴールド(+5GB)でボーナスパケットがあり、データ通信量をもらうことができます。

SoftBankからahamoに乗り換える手順

STEP①機種を購入するのかそのまま使うのか決める

スマホ本体はどうする?
  • SoftBankで利用している機種をそのまま使う
    • 対応製品の確認
    • SIMロック解除
  • ahamoに乗り換えるタイミングで回線契約と一緒に新たに購入
    • ahamo公式サイト
    • ドコモオンラインショップ

SoftBankからahamoに乗り換える最初のステップは、ahamoで利用する機種(スマホ本体)をどうするかを決めることです。

SoftBankで利用している機種をそのまま利用する場合は、その機種がahamoに対応しているかをahamo公式サイトで確認する必要があります。

iPhoneシリーズに関しては、6sシリーズ以降であれば利用可能で、6sシリーズ~12シリーズはSIMロック解除が必要になります。

SoftBankのSIMロック解除は『店舗』・『Web』で手続きできます。

SIMロック解除店舗Web
受付時間店舗の営業時間午前9:00~午後9:00
手数料3,300円無料

iPhone13シリーズはSIMロック解除は不要

SoftBankのAndroidは、はahamo(ドコモ回線)のプラチナバンドに非対応の機種が多く、地下・屋内・地方で繋がりにくい場合があり、利用可能ですが、おすすめはしません

各々、SoftBankで利用している機種がahamoでも利用可能か公式サイトで必ず確認しましょう。

公式サイトにアクセスしたら、『製品』➡その他のスマホを利用される方『対応端末一覧』で確認ができます。

STEP②MNP予約番号の取得

SoftBank予約番号窓口
  • SoftBank携帯電話から:*5533 
  • フリーコール:0800-100-5533
  • 午前9時から午後8時まで

MNP予約番号は、SoftBankからahamoに携帯電話番号をそのまま乗り換える際に、SoftBankから発行される10桁の数字です。

MNP予約番号を取得した段階では、SoftBank回線は解約にならず、ahamoに乗り換えてahamo側で回線切り替えで開通した時点で、SoftBankは自動で解約になるので、解約手続きは別途不要

MNP予約番号は、SoftBankショップやとコールセンターで取得可能です。

店舗の場合は、来店予約や店舗まで移動時間、手続き時間を考えると、コールセンターでオペレーターに注意事項を確認しながら、自宅でも外出先でも手続きができます。

コールセンターはフリーダイヤルで、通話料金無料・予約不要・所要時間も少なめのなでおすすめです。

ahamo申し込み時に必要になるので以下の項目は、必ずメモしておきましょう

控えておく項目
  • MNP予約番号:10桁の数字
  • MNP予約番号有効期限

STEP③公式サイトから申し込む

事前準備
  • dアカウント発行(持っていない方のみ)
  • 本人確認書類
  • 毎月の利用料金支払いに必要なものを準備
    • クレジットカード
    • 通帳またはキャッシュカード

ahamoの申し込みには、dアカウントの発行が必要です。

本人確認書類の詳細は、ahamo公式サイトの『ホーム』➡『サポート』➡『その他の手続き』➡『各種お手続きに必要な確認書類について』で確認することができます

ahamoの毎月の利用料金を支払うために必要な、クレジットカードや金融機関口座に関しても、ahamo公式サイトで確認ができます。

『ホーム』➡『サポート』➡『お支払い・ご請求』➡『利用可能なクレジットカード・金融機関口座』

事前準備が完了したら、公式サイトの『申し込み』から画面に従って申し込みを行います。

STEP④申し込み完了~開通手続き(回線切り替え)

商品到着までの日数最短3日程度~1週間(審査状況により変動)
受取方法契約者本人
自宅で家族または宅配ボックス
受け取り場所契約住所
開通手続きahamoアプリ
Webサイト
午前9時〜午後9時

開通手続きには期限があります

STEP2で取得したMNP予約番号の有効期限内までに、開通手続きを行いましょう。

仮に、開通手続きがMNP予約番号有効期限までに出来なかった場合は、チャットサポートに問い合わせが必要になり手間が増えてしまいます。

開通手続き手順
  • STEP1
    ahamoアプリを起動またはお手続きサイトからログインページを開く
  • STEP2
    配送状況・開通へをクリックし入力画面を開き必要事項を入力
    • ahamoアプリ:『受付番号』『連絡先電話番号』『暗証番号』を入力してログイン
    • お手続きサイト:dアカウントを入力してログイン

  • STEP3
    切り替え(開通)のお手続きへ』をクリック

    『切り替え(開通)』手続きのボタンが表示されます。

  • STEP4
     開通情報を確認

    開通情報を確認し、問題がなければ『開通する』ボタンを押してください

  • STEP5
    開通完了

    『開通手続きの完了』ページが表示されたら回線切り替え完了です。

STEP⑤SIMカード挿入・発信テスト・スマホ利用開始設定

STEP④で回線切り替えが完了したら、SIMカードを挿入。(eSIMの場合は不要)

SoftBankのAndroidをahamoで利用する場合は、APN設定が必要です。

APN設定手順
  • STEP1
    『設定』アプリ➡『ネットワークとインターネット』
  • STEP2
    『モバイルネットワーク』をタップ
    • 『モバイルネットワーク』➡『詳細設定』

  • STEP3
    APNの項目に『spmode.ne.jp』を入力
    • 『アクセスポイント名』➡右上の『+』をクリック
    名前任意
    APNspmode.ne.jp
  • STEP4
    STEP3で入力した内容を保存して完了

SIMカード挿入後、電話アプリを起動して『111(通話料金無料)』に発信して正常に利用できるか確認

発信テストが無事完了したら、スマホ利用開始設定を行います。

iPhoneとAndroidで設定方法が異なるので、ahamo公式サイトで以下の方法で確認が可能です。

スマホ利用開始設定
  • iPhone
    • 『ホーム』➡『サポート』➡『Apple社製品に関するサポート情報』➡『iPhone利用開始設定(アクティベーション)』
  • Android
    • 『ホーム』➡『サポート』➡『Androidスマホ利用開始設定(アクティベーション)』

まとめ

今回は、SoftBankからahamoに乗り換えるメリット・デメリットや乗り換え手順まで解説してきました。

メリットほとんどの場合で月額料金が安くなる
ドコモの5G/4Gが利用可能で高い通信品質
5分かけ放題・かけ放題が安くなる
dカード支払いで特典あり
ahamo大盛りオプション追加で月100GBまで利用可能でテザリング制限なし
新規契約事務手数料がかからない
追加料金不要で82の国と地域でデータ通信が20GBまで可能
ドコモオンラインショップで豊富な機種のラインナップから選ぶことができる
SoftBankで利用しているiPhoneであれば、6s以降のシリーズはそのまま使える(SIMロック解除は必要)
d Wi-Fiが利用できる
デメリットデータ通信量上限なしのプランが使えなくなる
おうち割光セットの割引が受けられなくなる
新みんな家族割の割引が受けられなくなり、家族の利用料金が上がる
家族割引を組んでいる場合は、家族間の通話が無料で利用できなくなる
通話を全くしない方でも、国内通話5分無料を外すことができない
Yahoo!プレミアム会員無料特典がなくなる
SoftBankのメールアドレス(キャリアメール)を継続利用する場合は、毎月330円必要
留守番電話や割込通話など通話オプションが使えなくなる
SoftBankのAndroid機種をそのままahamoで利用する場合は、周波数帯に要注意
SoftBankで利用している機種を分割支払いで途中の場合は、残債の支払いが必要
店舗サポートが有料になり、コールセンターが使えなくなる
未成年者は契約できない
海外ローミング時の速度制限に要注意
乗り換え手順STEP1
機種を新たに購入するのかそのまま使うのか決める
STEP2
SoftBankからMNP予約番号を取得
STEP3
公式サイトから申し込む
STEP4
申し込み完了~開通手続き
STEP5
SIMカード挿入・発信テスト・スマホ利用開始設定

SoftBankからahamoへの乗り換えを検討している方は、今回の記事を参考にしていただければ幸いです。

当サイトでは携帯料金の見直しに関する情報を発信していますので、携帯料金を見直したい方はぜひご覧ください

注意点

※ahamoでは、キャリアメールなど一部ご利用できないサービスがあります。

・オンライン手続きプランで24時間いつでも受付可能!  

※サイトメンテナンス中など、受付できない場合がございます。

・20GB使えて2,970円/月(税込)  

※機種代金別途 ・国内通話料金は5分以内無料  

※4 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。

「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。

・海外82の国・地域でのパケット通信も20GBまで無料

※ 15日を超えて海外で利用される場合は速度制限がかかります。国内利用と合わせての容量上限です。

・ahamoのご契約を頂く際は、今お使いのスマホがそのまま使えます!  

※ご利用端末がドコモで提供している通信方式とは異なる通信方式のみに対応している機種の場合、またSIMロック解除がなされていない場合についてはahamoをご利用いただくことはできません。

ご利用中の機種が対応しているかはahamoサイトにてご確認ください。

・対応機種なら、SIMカードのみのご契約でOK  

※MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み手続きが必要です。

・店頭サポート  

※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。

ドコモショップなどでのサポートをご希望の場合は、「ahamoWebお申込みサポート」※2(税込3,300円)、をご利用ください。 なお、お申込み時の端末操作はお客さまご自身で実施頂きます。また、端末初期設定およびデータ移行などは本サポートの範囲外となります。

端末初期設定およびデータ移行の補助をご希望のお客さまは「初期設定サポート(有料)」※3を別途お申込みください。  

※2 お客さまのご要望に基づき、ahamo専用サイトからのお申込みの補助を行うものです。  ※3 お客さまのご要望に基づき、ahamoアプリおよび専用サイトからのお手続き補助を行うものです。

コメント

【携帯電話料金を安くしたい方必見!】後悔しない選び方を業界歴9年のプロが解説
【2022年10月版】格安SIMおすすめ7選!
【携帯電話料金を安くしたい方必見!】後悔しない選び方を業界歴9年のプロが解説
【2022年10月版】格安SIMおすすめ7選!
タイトルとURLをコピーしました