【デメリット3選】SoftBank・トクするサポートプラスは損?業界歴9年のプロが解説

スポンサーリンク

SoftBankの『トクするサポートプラス』ってどんなサービスなの?

業界歴9年のプロ
業界歴9年のプロ

スマートフォンを48回分割で購入して13ヶ月目以降に返却することで、最大24回分の機種分割支払い金の支払いが不要になるサービスだよ。

なんだかよくわからない・・・複雑そうだね。。

『SoftBankのトクするサポートプラスが気になっている方』必見です。

トクするサポートプラス』は、SoftBankと回線契約をしていない人でも利用できる機種購入プログラムです。

スマートフォンを48回分割で購入して13ヶ月目以降に返却することで、最大24回分の機種分割支払い金の支払いが不要になるサービス24回目までは支払いが必要)です。

  • トクするサポートプラスってお得なの?
  • デメリットとかあるんじゃないの?
  • 他社に乗り換えたらどうなるの?

このようなお悩みをお持ちの方、ご安心ください。

今回は、通信キャリア業界歴9年のプロである私が、SoftBankの『トクするサポートプラス』の概要・デメリット3選・端末返却の査定基準・返却について詳しく解説します。

この記事を読むことで、損することなくスマートフォンをお得に購入できるようになります。

ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

表示価格は特に断りがない限り税込です

話題のスマホ予約受付中

【サービス概要】トクするサポートプラス

加入期間2020年3月27日

2021年9月23日
2021年9月24日以降
利用料金無料無料
機種購入48回払い48回払い
対象機種iPhone
Android
タブレット
パソコン
iPhone
Android
タブレット
パソコン
Apple Watch
特典A次回ソフトバンクで機種購入

端末返却
最大24回分残債免除
端末返却
最大24回分残債免除
特典B次回機種購入しない

端末回収
➡PayPayポイント付与
※残債免除なし
廃止
回線契約不要不要
特典利用時次回機種購入必要不要
2年以内機種変更可能
13ヶ月目以降
13~24ヶ月目
残債支払い必要
可能
13ヶ月目以降
13~24ヶ月目
残債支払い必要
返却時故障
(保証未加入)
22,000円22,000円
返却時故障
(保証加入)
iPhone
画面割れ:3,740円
その他破損:12,980円
Android・タブレット・PC
5,000円
iPhone
画面割れ:3,740円
その他破損:12,980円
Apple Watch
9,200円
Android・タブレット・PC
5,000円
下取りプログラム併用可否併用不可併用不可

トクするサポートプラスは加入した期間によって特典や利用条件が異なります

2021年9月24日以降と以前の大きな違いは、特典利用時にSoftBankで次回機種購入が必要か否かです。

2021年9月23日までに加入している方は『次回SoftBankで機種購入+端末返却』をしないと特典A(残債免除)を利用することができません

特典Bもありますが、PayPayは付与されるものの残債はそのまま48回まで支払いが必要です。

2021年9月24日以降に加入した方は、『端末返却のみ』で特典を利用可能

2021年9月24日以降は対象機種にApple Watchが追加。

トクするサポートプラスは、下取りでPayPayポイントが付与される『下取りプログラム』とは併用不可となっています。

トクするサポートプラスデメリット3選

購入機種の返却

トクするサポートプラスは、48回払いで分割契約した機種を返却することで特典を利用(残債免除)することができます。

機種を家族に使わせたい方や、買い替え後の機種が故障した際のサブ機種として利用を考えている方、歴代の機種をコレクションとして保存している方にとってはデメリットです。

しかし、トクするサポートプラスに加入したからといって端末返却は必須ではありません

返却するか返却しないかは選択できます

選択肢
  • 端末返却➡残債最大24回分免除
  • 端末返却しない➡48回目まで支払いor一括弁済

返却時に査定基準未達の場合は22,000発生する可能性あり

特典を利用する際に返却する機種が査定基準を満たしておらず、SoftBankのあんしん保証パックサービスに未加入の場合は、端末返却+22,000円が発生します。

査定基準未達
  • 電源が入らない
  • 液晶表示異常
  • タッチパネル動作不良
  • 画面割れ
  • 筐体変形
  • 初期化されていない
  • 改造
  • 本体に不具合(Apple Watchのみ)
  • バンドに不具合(Apple Watchのみ)

あんしん保証パックに加入していたらどうなるの?

業界歴9年のプロ
業界歴9年のプロ

あんしん保証パックに加入していたら、発生する22,000が減額されるよ。

減額される金額は機種によって変わるから以下の表にまとめたから参考にしてみてね。

あんしん保証パック加入時
iPhone/iPadガラス・筐体破損
3,740円
その他故障
12,980円
Android/タブレット/パソコン5,000円
Apple Watch
2021年9月24日以降加入者のみ
9,200円

補償サービスサービスは利用したいが、月額料金を抑えたい場合はモバイル保険がおすすめ。

SoftBankの補償サービスはiPhoneで979円~1,309円でAndroidで715円かかり、修理時に追加費用が必要です。

月額料金700円で年間最大10万円まで保険金が支払われます

修理して査定基準を満たしていれば22,000円の支払いは不要

モバイル保険に2年間加入しても16,800円で備えることができるので備えたい方はおすすめです。

SoftBankの補償サービスに加入している方でも機種購入から1年以内であれば、モバイル保険に加入することができます。

長期利用で損する可能性あり

SoftBank楽天Apple
iPhone14128GB:140,400円
256GB:161,280円
512GB:201,600円
128GB:131,800円
256GB:148,800円
512GB:181,800円
128GB:119,800円
256GB:134,800円
512GB:164,800円
iPhone14Plus128GB:158,400円
256GB:179,280円
512GB:220,320円
128GB:148,800円
256GB:164,800円
512GB:197,800円
128GB:134,800円
256GB:149,800円
512GB:179,800円
iPhone14Pro128GB:175,680円
256GB:201,600円
512GB:238,320円
1TB:275,040円
128GB:164,800円
256GB:181,800円
512GB:214,800円
1TB:247,800円
128GB:149,800円
256GB:164,800円
512GB:194,800円
1TB:224,800円
iPhone14ProMax128GB:201,600円
256GB:220,320円
512GB:257,040円
1TB:281,520円
128GB:181,800円
256GB:197,800円
512GB:230,800円
1TB:263,800円
128GB:164,800円
256GB:179,800円
512GB:209,800円
1TB:239,800円
iPhone13mini128GB:116,640円
256GB:134,640円
512GB:169,920円
128GB:99,800円
256GB:114,800円
512GB:144,800円
128GB:92,800円
256GB:107,800円
512GB:137,800円
iPhone13128GB:138,240円
256GB:155,520円
512GB:190,800円
128GB:117,800円
256GB:132,800円
512GB:162,800円
128GB:107,800円
256GB:122,800円
512GB:1⑤2,800円
iPhone13Pro128GB:169,920円
256GB:187,200円
512GB:222,480円
1TB:257,760円
128GB:144,800円
256GB:159,800円
512GB:189,800円
1TB:219,800円
128GB:144,800円
256GB:159,800円
512GB:189,800円
1TB:219,800円
iPhone13ProMax128GB:187,200円
256GB:205,200円
512GB:240,480円
1TB:275,760円
128GB:159,800円
256GB:174,810円
512GB:204,800円
1TB:234,800円
128GB:159,800円
256GB:174,800円
512GB:204,800円
1TB:234,800円

2022年の秋の最新モデル(14シリーズ)はSoftBankも楽天モバイルもApple公式よりも高く設定されています。

SoftBankや楽天モバイルのような通信キャリアは、機種購入プログラム(端末返却で残債免除)を踏まえているので高めの設定。

13シリーズは、2022年7月1日にApple公式が値上げ、同7月8日に楽天モバイルが値上げと相次いで各社値上げをしており、SoftBankが同7月13日から値上げされました

2022年9月8日にApple公式が、13・13miniの値下げして最安となっています。

端末返却なしや3年・4年以上利用する場合は、Apple公式で購入がおすすめです。

表を見ていただければおわかりかと思いますが、Softbankが3社(SoftBank・楽天モバイル・Apple公式)で最も高くなっています。

3年4年と長期で利用する方にとってはただただ高い本体代金を支払い損をしてしまう可能性があります。

SoftBankで契約しているから必ずしもSoftBankで機種を購入しないといけないわけではありません

回線契約と機種購入は分けて考えることが重要です。

楽天モバイルにも、48回分割支払いにして25ヶ月目以降端末返却することで残債が免除されるiPhoneアップグレードプログラムがあります。

SoftBankのトクするサポートプラスとは異なる部分もありますが、iPhoneを購入する場合は検討してみる価値はおおいにあります。

楽天モバイルもSoftBankも機種購入プログラムがあるんだね。

楽天モバイルとSoftBankはどんなところが違うの?

SoftBank
トクするサポートプラス
楽天モバイル
iPhoneアップグレードプログラム
プログラム利用料金無料無料
対象機種iPhone
Android
タブレット
パソコン
Apple Watch
iPhone
特典利用可能期間13ヶ月目以降25ヶ月目以降
回線契約不要不要
特典利用手数料無料3,300円
特典利用条件端末返却支払い方法:楽天カード
端末返却

【番外編】※次回SoftBankで対象機種購入必要(2021年9月23日以前の加入者のみ)

2021年9月23日までにトクするサポートプラスに加入している方は、特典利用する際に次回ソフトバンクで機種購入が必須です。

トクするサポートプラスを利用してSoftBankで利用中のiPhone11からiPhone13に買い替える場合は以下のような流れになります。

具体例
  1. iPhone11➡iPhone13(SoftBank)
    1. トクするサポートプラスに加入(2021年9月24日以降)
  2. iPhone11を端末返却➡残債免除
  3. iPhone13➡次回購入機種(どこで購入してもOK
  4. iPhone13をソフトバンクに端末返却➡残債免除

2021年9月23日までに契約している機種の後はSoftBankで機種を購入して前に利用していた機種を返却することで残債免除になります。

新しく購入する機種でトクするサポートプラス(2021年9月24日以降)に加入することで、次回の機種をSoftBankで購入する必要はありません

自分で安いところを見つけて買い替えて、本体をSoftBankに返却するだけで残債免除になります。

端末返却査定基準

査定基準別途料金発生
具体例
ガラス・筐体破損ガラス部分や筐体にひび割れ
カメラ・ボタンに破損
液晶表示異常液晶の液漏れ
焼き付き
横線・縦線が入っている
画面表示がされない
タッチパネル動作不良タッチパネル操作ができない
変形液晶が浮いている
電源入らない
初期化できない
改造品
特典A:故障時料金発生
特典B:回収不可

電源が入らない・初期化されていない・改造品は、2021年9月24日以降の加入者は故障料金発生で回収可能です。

2021年9月23日以前の加入者は特典Aを選択した場合は故障時料金発生で回収、特典Bでは回収できません

加入期間2020年3月27日

2021年9月23日
2021年9月24日以降
特典A次回SoftBankで機種購入

端末返却
最大24回分残債免除
端末返却
最大24回分残債免除
特典B次回機種購入しない

端末回収
➡PayPayポイント付与
※残債免除なし
廃止

別途料金が発生

別途料金発生
  • あんしん保証パック未加入
    • 査定基準未達22,000円
  • あんしん保証パック加入
    • iPhone/iPad:画面割れ:3,740円
    • iPhone/iPad:その他故障:12,980円
    • Apple Watch:本体破損:9,200円
    • Apple Watch:バンドのみ基準未達:2,000円
    • Android/タブレット/PC:査定基準未達:5,000円

回収できない

残債=分割支払い金の残りの金額

端末回収不可パターン
  • IMEIが確認できない
  • 分割支払い金完済
  • あんしん保証パック未加入
    • 査定基準未達残債22,000円以下
  • あんしん保証パック加入
    • iPhone/iPad:画面割れ+残債3,740円以下
    • iPhone/iPad:その他故障+残債12,980円以下
    • Apple Watch:本体破損+9,200円以下
    • Apple Watch:バンドのみ基準未達+残債2,000円以下
    • Android/タブレット/PC:査定基準未達+残債5,000円以下

2年以内機種変更も可能

トクするサポートプラスは48回の分割契約ですが、好きなタイミングで機種変更することが可能です。

トクするサポートプラスの特典を利用する場合は、13ヶ月目から権利を行使できます

13ヶ月目に特典を利用したとしても、残債免除は25回目以降分なので24回目までの分割支払い金は支払いが必要となります。

12ヶ月以前はトクするサポートプラスの特典は利用できませんので気をつけましょう。

返却方法

店舗

店舗で返却する場合は、以下の3つステップで行いましょう。

3ステップ(店舗返却)
  1. データバックアップ・初期化・各種ロックの解除
  2. 店舗で申し込み
    1. 特典利用を申告
    2. 店舗で旧機種の査定
    3. 本人確認実施・申込書兼同意書記入
    4. 旧機種を店舗で回収
  3. 査定完了の翌請求月以降分の分割支払い金が不要

来店前に端末のIMEI(製品番号)を控えておきましょう。IMEIの確認方法は以下の通りです。

IMEIの確認方法
  • 電話アプリ→キーパッドに『*#06#』入力→IMEI確認

店舗にはショップスタッフさんがいるのでその方に従って本人確認を受け必要書類の記入等を行います。

店舗で返却する場合は、その場で回収になります。

データ移行など完全に完了してから返却する場合は、郵送での返却方法もあります。

データバックアップをとっておいても、復元するまでは心配な方もいらっしゃると思います。

郵送

郵送で送付する場合は、申し込み後翌月末までにソフトバンクで査定完了していないと特典適用されないので発送準備が整い次第、迅速に発送して返却を完了させましょう

店舗で送付キット受け取り
  1. 来店・申し込み・送付キット受け取り
  2. 発送準備
    1. 旧機種のデータバックアップ
    2. 新機種へデータバックアップ復元
    3. 初期化・各種ロック解除
    4. 旧機種・添え状を送付
  3. 査定完了の翌請求月以降分の分割支払い金が不要
IMEIの確認方法
  • 電話アプリ→キーパッドに『*#06#』入力→IMEI確認
指定住所で送付キット受け取り
  1. 来店・申し込み
  2. 送付キット受け取り(佐川急便の受取人確認配達サービス)
    1. 一部離島は日本郵便
    2. 受け取り時に本人確認実施
  3. 発送準備
    1. 旧機種のデータバックアップ
    2. 新機種へデータバックアップ復元
    3. 初期化・各種ロック解除
    4. 旧機種・添え状を送付
  4. 査定完了の翌請求月以降分の分割支払い金が不要

郵送返却の場合は、『回収できる場合』と『回収できない場合』で対応が異なります。

回収できる場合
  • SoftBankからSMS送信後特典適用
  • 査定完了の翌請求月以降の分割支払い金の支払いが不要
    • 13ヶ月目~24ヶ月目の場合:25回目以降分の支払いが不要
回収できない場合
  • 機種の返却
  • 残債免除なし

返却の注意点

注意点
  • 古物営業法に基づく本人確認が必要
  • 特典利用(端末返却)申し込み後の返還請求できない
  • 返却前に必ずバックアップ、初期化を実施
  • 返却前にアプリやサービスの解約や引き継ぎをしておく
  • 1回あたり特典利用時は1端末に限る
  • 下取りプログラムとの併用は不可
  • 回収された端末は返却不可
    • 回収できない場合は返却

他社に乗り換えることも可能

トクするサポートプラスは回線契約は不要なので、トクするサポートプラスに加入している状態で回線契約は他社に乗り換えて利用することも可能です。

加入期間が2021年9月23日以前の方は、次回SoftBankで機種のみ購入し端末返却することで残債免除の特典を受けることができます。

2021年9月24日以降の方は、端末をSoftBankに返却するのみで次回の機種をソフトバンクで購入する必要はありません

機種購入先は自由に選ぶことができます。

SoftBankで機種購入しない場合ってどこで購入したらいいの?

業界歴9年のプロ
業界歴9年のプロ

例えば、2021年9月24日以降の加入者であれば

次回の機種を楽天モバイルで購入して利用していた機種をSoftBankに返却すればトクするサポートプラスの特典を受けることができるよ

まとめ

今回は、SoftBankのトクするサポートプラスのサービス概要・デメリット3選・端末返却時の査定基準や返却について解説してきました。

デメリットを理解して利用してないと損してしまう可能性はありますが、サービスを理解して利用すればお得なサービスです。

SoftBankで機種購入検討されている方や、すでにソフトバンクでトクするサポートプラスを利用して購入していて端末返却する方は今回の記事を参考にしていただければ幸いです

SoftBankのトクするサポートプラスは回線契約は不要で利用できるサービスなので、回線契約は定期的に見直すことをおすすめします

ちなみに、SoftBankユーザーであれば必ず自宅のインターネット回線とセットにして割引を受けて損をしないようにしましょう。

当サイトでは携帯料金の見直しに関する情報を発信していますので、携帯料金を見直したい方はぜひご覧ください

コメント

【携帯電話料金を安くしたい方必見!】後悔しない選び方を業界歴9年のプロが解説
【2022年9月版】格安SIMおすすめ7選!
【携帯電話料金を安くしたい方必見!】後悔しない選び方を業界歴9年のプロが解説
【2022年9月版】格安SIMおすすめ7選!
タイトルとURLをコピーしました