【SoftBankメール持ち運び】解約後・他社へ乗り換え後も継続利用可能!注意点も解説

スポンサーリンク

今SoftBankを契約しているんだけど、他の携帯会社に乗り換えたらSoftBankのメール使えなくなるよね?

業界歴9年のプロ
業界歴9年のプロ

SoftBankから他の携帯会社に乗り換えても、メール持ち運びサービスを利用することで、SoftBankのメールを継続利用することができるよ。

SoftBankメールをSoftBank解約後や他社へ乗り換え後もそのまま利用したい方必見です

以前は、解約や他社へ乗り換える場合は、SoftBankメールは使えなくなっていました。

SoftBankメールが使えなくなるという理由で、他の携帯会社の安いプランへの乗り換えを躊躇していた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

SoftBankメール持ち運びが開始したことにより、SoftBank回線を解約した場合や他社へ乗り換えた後でも継続して利用することができるようになります

  • SoftBankメール持ち運びってどんなサービスなの?
  • 申し込み方法やメールの設定とか難しいのかな?
  • SoftBankメール持ち運びには注意点あるんじゃないの?

このようなお悩みをお持ちの方、ご安心ください。

今回は、通信キャリア業界歴9年のプロである私が、SoftBankメール持ち運びについてわかりやすく解説していきます

この記事を読むことで、解約後や他社へ乗り換えた後でもSoftBankメールを利用できるようになります

ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

表示価格は特に断りがない限り税込です。

SoftBankメール持ち運びまとめ

申し込み必要
申し込み
タイミング
SoftBank回線解約後31日以内
申し込み窓口My SoftBank
利用料金3,300円/年
330円/月
支払い方法クレジットカード
保存容量200MB(5,000件)

SoftBankのメール持ち運びサービスは、SoftBank回線解約後31日以内に申し込みする必要があります

申し込みは、My SoftBankのみとなっています。

利用料金は、年額3,300円となっていましたが、2022年夏に月額330円の料金体系も提供開始。

支払い方法は、クレジットカードのみ口座振替による支払いはできません

ちなみに、SoftBankとワイモバイルでメール持ち運びサービスの対象メールアドレスが異なります。

メール持ち運び対象のメールアドレス

対象メールアドレス
  • SoftBank
  • ワイモバイル

SoftBankとワイモバイルのメール持ち運びサービスの対象メールアドレスは以下の通りです。

SoftBank

メールサービスメールアドレス
S!メール(MMS)@softbank.ne.jp
@~.vodafone.ne.jp
@disney.ne.jp
@y-mobile.ne.jp
@willcom.com
@pdx.ne.jp
@~.pdx.ne.jp
Eメール(i)@i.softbank.jp

ワイモバイル

メールサービスメールアドレス
MMS@ymobile.ne.jp
@emobile-s.ne.jp
@wcm.ne.jp
@willcom.com
@pdx.ne.jp
@~.pdx.ne.jp
@y-mobile.ne.jp
Y!mobileメール@yahoo.ne.jp

SoftBankメール持ち運びはこんな人におすすめ

こんな人におすすめ
  • SoftBank回線解約後や他社へ乗り換え後もSoftBankメールを利用したい
  • 金融機関などキャリアメールが推奨されているサービスでも利用したい
  • 学校や会社の連絡でキャリアメールが必要な方

SoftBankメール持ち運びサービスは、SoftBank解約後や他社へ乗り換えた後もSoftBankメールをそのまま利用したい方におすすめです。

また、金融機関などキャリアメールが推奨されているサービスで利用したい方や、学校や会社の連絡でキャリアメールが必要な方にもおすすめのサービスとなっています。

auメール持ち運びサービスには、利用する前に確認しておくべき注意点があるので解説していきます。

SoftBankメール持ち運び注意点

メール持ち運びサービス申し込み期限はSoftBank回線解約後31日以内

SoftBankのメール持ち運びサービスはSoftBank回線解約後31日以内に申し込みする必要があります

期限を過ぎてしまうと申し込みができず、利用していたメールアドレスを利用することができなくなります。

メール持ち運びサービスを利用したい方は、SoftBank回線回線解約後速やかにMy SoftBankで申し込みを行うことをおすすめします。

ちなみに、 メール持ち運びサービスで申し込み可能なメールアドレスはSoftBank回線解約時のメールアドレスのみとなります。

(2022年夏頃サービス改定予定)利用料金・メールアドレス変更・迷惑メール設定

現在2022年夏頃
利用料金1メールアドレスごと
3,300円/年
1メールアドレスごと
3,300円/年
または
330円/月
メールアドレス変更不可可能
迷惑メール設定変更不可変更可能

SoftBankメール持ち運びサービスは、2022年夏頃にサービス改定

変更点としては、メールアドレスの変更(@の左側)と迷惑メール設定が可能になる予定になっています。

また、料金体系についても年額3,300円に加えて、2022年夏に月額330円も提供開始となりました。

月額330円は、ドコモやauのメール持ち運びサービスと同じ料金体系になります。

口座振替に対応していない

クレジットカード口座振替
支払い方法

SoftBankのメール持ち運びサービスにおける、利用料金の支払い方法は『クレジットカードのみ』です。

口座振替には対応していないので、口座振替をお考えの方は申し込み前に必ず確認しましょう。

メール持ち運びサービス解約後、再度の申し込みは不可

SoftBankのメール持ち運びサービスは、メール持ち運びサービスを解約後再度申し込むことはできません

メール持ち運びサービスの解約を検討している方は、慎重に行いましょう。

法人名義は申し込みできない

個人名義法人名義
申し込み可否

SoftBankのメール持ち運びサービスは、法人名義で申し込みすることはできません。

回線解約からメール持ち運びサービス申し込みまでの間SoftBankメールの送受信不可

SoftBank回線を解約してからSoftBankメール持ち運びサービス申し込みが完了するまでの間、SoftBankメールの送受信はできません

SoftBankメールが送受信できない一定期間発生するので、その間メールを利用したい場合はGmailなどを利用しましょう。

SoftBankメール持ち運び設定方法:S!メール(MMS)

iPhone

iPhoneでS!メール(MMS)を設定する手順は、以下の7ステップです。

iPhoneで設定する手順
  • STEP1
    My SoftBankにログイン
  • STEP2
    メール設定画面を開く

    メニュー一覧から『メール設定』をタップ

  • STEP3
    メールアドレスとパスワードの確認

  • STEP4
    ホーム画面に戻って設定をタップ
    1. 設定
    2. メール
    3. アカウント
    4. アカウント追加
    5. その他
    6. メールアカウントを追加を選択
  • STEP5
    アカウント情報の入力して『次へ』をタップ
    名前送信者名として表示される名前(任意)
    メールSTEP03で確認したメールアドレス
    パスワードSTEP03で確認したパスワード
    説明このメールアドレスについての説明(任意)
  • STEP6
    サーバの設定を行い『次へ』をタップ

    「IMAP」を選択後、以下の表を参照して各項目を入力

    受信メールサーバ
    ホスト名imap.softbank.ne.jp
    ユーザー名STEP03で確認したメールアドレス
    送信メールサーバ
    ホスト名smtp.softbank.ne.jp
    ユーザー名STEP03で確認したメールアドレス
    パスワードSTEP03で確認したパスワード

    ※入力後『次へ』をタップして「SSLで接続できません」と表示される場合、「はい」を選択

  • STEP7
    設定の『保存』➡設定完了

    ホーム画面に戻り、「メール」アプリを起動し、メールボックスに追加したアカウントが表示されていれば、設定完了

Gmailアプリ

S!メールをGmailで設定する手順は、以下の8ステップです。

Gmailアプリで設定する手順
  • STEP1
    My SoftBankにログイン
  • STEP2
    メール設定画面を開く

    メニュー一覧から『メール設定』をタップ

  • STEP3
    メールアドレスとパスワードの確認

  • STEP4
    Gmailアプリを起動
    1. 画面左上のメニュー
    2. 設定
    3. アカウントを追加する
    4. メールのセットアップで『その他』を選択
    5. STEP3で確認したメールアドレスを入力
    6. 『個人用(IMAP)』を選択
    7. STEP3で確認したパスワードを入力
  • STEP5
    受信サーバの設定を行い『次へ』をタップ

    以下の表を参照し入力

    入力項目入力内容
    ユーザー名STEP03で確認したメールアドレス
    パスワードSTEP03で確認したパスワード
    サーバimap.softbank.ne.jp
    ポート番号993(入力欄がある場合)
  • STEP6
    送信サーバの設定を行い『次へ』をタップ

    以下の表を参照して各項目を入力

    入力項目入力内容
    ログインが必要オフ➡オン
    ユーザー名STEP03で確認したメールアドレス
    SMTPパスワードsmtp.softbank.ne.jp
    ポート番号465(入力欄がある場合)
  • STEP7
    アカウントのオプション設定後、『次へ』をタップ
    チェック項目内容
    同期頻度自分で時間を選択(例:15分毎など)
    メールの着信を
    知らせる
    新着メールをステータスバーのアイコンや着信音で通知する場合、チェック
    このアカウントの
    メールを同期
    チェック
    Wi-Fiへの接続時に
    添付ファイルを
    自動的に
    ダウンロードする
    Wi-Fi接続時に自動的に添付ファイルをダウンロードする場合、チェック

  • STEP8
    名前の設定し『次へ』をタップ➡設定完了

    「名前」にメールの送信者として表示したい名前を入力し、「次へ」を選択

SoftBankメール持ち運び設定方法:Eメール(i)

Eメール(i)設定済みのiPhoneをそのまま利用する場合は、そのままEメール(i)を利用可能です

Eメール(i)を設定していない別のiPhoneやAndroidを利用する方は、設定が必要になります。

iPhone:Eメール(i)を設定していない

Eメール(i)を設定していないiPhoneでEメール(i)を設定する手順は、以下の7ステップです。

iPhoneで設定する手順
  • STEP1
    My SoftBankにログイン
  • STEP2
    メール設定画面を開く

    メニュー一覧から『メール設定』をタップ

  • STEP3
    メールアドレスとパスワードの確認

    Eメール(i)のメールアドレスとパスワードを確認

  • STEP4
    ホーム画面に戻って設定をタップ
    1. 設定
    2. メール
    3. アカウント
    4. アカウント追加
    5. その他
    6. メールアカウントを追加を選択
  • STEP5
    アカウント情報の入力して『次へ』をタップ
    名前送信者名として表示される名前(任意)
    メールSTEP03で確認したメールアドレス
    パスワードSTEP03で確認したパスワード
    説明このメールアドレスについての説明(任意)
  • STEP6
    サーバの設定を行い『次へ』をタップ

    「IMAP」を選択後、以下の表を参照して各項目を入力

    受信メールサーバ
    ホスト名imap.softbank.jp
    ユーザー名STEP03で確認したメールアドレス
    パスワード STEP03で確認したパスワード
    送信メールサーバ
    ホスト名smtp.softbank.jp
    ユーザー名STEP03で確認したメールアドレス
    パスワードSTEP03で確認したパスワード

    ※入力後『次へ』をタップして「SSLで接続できません」と表示される場合、「はい」を選択

  • STEP7
    設定の『保存』➡設定完了

    ホーム画面に戻り、「メール」アプリを起動し、メールボックスに追加したアカウントが表示されていれば、設定完了

Android

AndroidでEメール(i)を設定する手順は、以下の8ステップです。

AndroidでEメール(i)設定する手順
  • STEP1
    My SoftBankにログイン
  • STEP2
    メール設定画面を開く

    メニュー一覧から『メール設定』をタップ

  • STEP3
    メールアドレスとパスワードの確認

  • STEP4
    Gmailアプリを起動
    1. 画面左上のメニュー
    2. 設定
    3. アカウントを追加する
    4. メールのセットアップで『その他』を選択
    5. STEP3で確認したメールアドレスを入力
    6. 『個人用(IMAP)』を選択
    7. STEP3で確認したパスワードを入力
  • STEP5
    受信サーバの設定を行い『次へ』をタップ

    以下の表を参照し入力

    入力項目入力内容
    ユーザー名STEP03で確認したメールアドレス
    パスワードSTEP03で確認したパスワード
    サーバimap.softbank.jp
    ポート番号993(入力欄がある場合)
  • STEP6
    送信サーバの設定を行い『次へ』をタップ

    以下の表を参照して各項目を入力

    入力項目入力内容
    ログインが必要オフ➡オン
    ユーザー名STEP03で確認したメールアドレス
    SMTPパスワードsmtp.softbank.jp
    ポート番号465(入力欄がある場合)
  • STEP7
    アカウントのオプション設定後、『次へ』をタップ
    チェック項目内容
    同期頻度自分で時間を選択(例:15分毎など)
    メールの着信を
    知らせる
    新着メールをステータスバーのアイコンや着信音で通知する場合、チェック
    このアカウントの
    メールを同期
    チェック
    Wi-Fiへの接続時に
    添付ファイルを
    自動的に
    ダウンロードする
    Wi-Fi接続時に自動的に添付ファイルをダウンロードする場合、チェック
  • STEP8
    名前の設定し『次へ』をタップ➡設定完了

    「名前」にメールの送信者として表示したい名前を入力し、「次へ」を選択

SoftBankから乗り換えおすすめ格安SIM7選

UQモバイル(au回線)

料金3GB
くりこしプランS+5G:1,628円(割引適用時:990円
15GB
くりこしプランM+5G:2,728円(割引適用時:2,090円
25GB
くりこしプランL+5G:3,828円(割引適用時:2,970円
国内通話22円/30秒
通話パック60:550円
通話10分以内無料:770円
通話かけ放題:1,870円
60歳以上は永年1,100円割引
割引サービス自宅セット割
くりこしプランS/M+5G
638円割引/月
くりこしプランL+5G
858円割引/月
特徴節約モードあり
データくりこしOK
データ増量オプションあり
契約事務手数料3,300円
キャンペーンSIMのみ
MNP(他社から乗り換え)
au・povo1.0・povo2.0から除く

くりこしプラン+5G(S/M/L)
増量オプション加入
SIMカード:10,000円相当auPAY残高還元
eSIM:15,000円相当auPAY残高還元
増量オプション未加入
SIMカード:6,000円相当
auPAY残高還元
eSIM:9,000円相当auPAY残高還元

通常新規契約(電話番号新たに発行)
くりこしプランS/M/L+5G

増量オプション加入
SIMカード:3,000円相当
auPAY残高還元
eSIM:8,000円相当auPAY残高還元
増量オプション未加入
SIMカード:3,000円相当auPAY残高還元
eSIM:6,000円相当auPAY残高還元

機種購入
最大22,000円割引
サポート体制全国約2,300店舗
コールセンター
チャット
こんな人におすすめ
  • 料金だけでなく通信品質やサポート体制も重視
  • 自宅セット割が適用できる(以下の何れかのサービスで適用可能)
    • auひかり
    • ケーブルテレビ
    • BIGLOBE光やSo-net光などの光コラボ
    • WiMAX+5Gルーター
    • auでんきorUQでんき
  • au・Ponta経済圏のユーザーまたはこれから使いたい
    • auPAYカード(クレジットカード)
    • auPAY(QRコード決済)
    • auPAYマーケット
    • auでんき
    • auじぶん銀行
    • auカブコム証券
  • 60歳以上でかけ放題を利用したい
  • 余ったデータ通信量を無駄なく利用したい
SIMのみ契約最大15,000円相当auPAY残高還元

ワイモバイル(SoftBank回線)

料金3GB
シンプルプランS:2,178円(割引適用時:990円
15GB
シンプルプランM:3,278円(割引適用時:2,090円
25GB
シンプルプランL:4,158円(割引適用時:2,970円
国内通話22円/30秒
通話10分以内無料:770円
通話かけ放題:1,870円
60歳以上は永年1,100円割引
割引サービス家族割(2回線目以降)
1,188円割引/月
おうち割光セット(A)
1,188円割引/月
Softbank光 またはSoftbank Air
特徴Yahoo!プレミアム会員無料
データくりこしOK
データ増量オプションあり
契約事務手数料店舗:3,300円
公式サイト:無料
キャンペーンSoftBankから乗り換え対象外
サポート体制全国約2,300店舗
コールセンター(通話料金有料
チャット
こんな人におすすめ
  • 料金だけでなく通信品質やサポート体制も重視
  • おうち割光セット(A)が適用できる
    • SoftBank光
    • SoftBank Air
  • 家族がワイモバイル利用中
  • Yahoo!プレミアム会員(月額料金無料)
  • PayPay経済圏のユーザーまたはこれから使いたい
    • PayPayカード(クレジットカード)
    • PayPAY(QRコード決済)
    • PayPayモール
    • おうちでんき
    • PayPay銀行
    • PayPay証券
  • 60歳以上でかけ放題を利用したい
  • 余ったデータ通信量を無駄なく利用したい

楽天モバイル(楽天回線・一部au回線)

料金0GB~3GB1,078円
3GB~20GB2,178円
20GB以上3,278円
国内通話Rakuten Linkアプリ利用時
無料
Rakuten Linkアプリ未利用
22円/30秒
15分以内無料
1,100円
割引サービスなし
特徴楽天SPU+1倍
3,278円でデータ無制限
楽天回線エリアに限る
パートナー回線エリアは5GB/月
契約事務手数料無料
キャンペーンSIMのみ契約
8,000ポイント
端末セット
iPhone
最大24,000ポイント
Android
最大16,000円値引き+3,000ポイント還元
楽天ひかり
月額基本料金1年間無料
サポート体制全国約200店舗
コールセンター
チャット
こんな人におすすめ
  • データ無制限で利用したい
  • 他社より繋がりにくい点を許容できる(屋内・地下・地方・郊外など)
  • Rakuten Linkで通話料金を無料にしたい(通話品質は劣る)
  • 楽天経済圏のユーザーまたはこれから使いたい
    • 楽天カード(クレジットカード)
    • 楽天PAY(QRコード決済)
    • 楽天市場
    • 楽天銀行
    • 楽天証券
  • 楽天SPUの倍率を上げたい
最大24,000ポイント還元

ahamo(ドコモ回線)

料金20GB国内通話5分以内無料
2,970円
通信オプションahamo大盛りオプション
+80GB
1,980円
2022年6月9日提供開始
国内通話国内通話5分超過後
22円/30秒
かけ放題
1,100円
割引サービスなし
特徴海外82の国と地域で追加料金不要
ドコモオンラインショップで機種購入可能
契約事務手数料無料
キャンペーン
サポート体制全国約2,300店舗(有償
チャット
こんな人におすすめ
  • 通信品質重視で20GB~100GB利用
  • 海外利用重視
  • 5分以内通話利用かつ15GB~20GB利用
  • dカードユーザー
  • ドコモのAndroidを利用したい(ドコモオンラインショップで購入可能)
ドコモ回線・20GB+国内通話5分以内無料で2,970円

LINEMO(SoftBank回線)

料金3GB
ミニプラン:990円
20GB
スマホプラン:2,728円
国内通話22円/30秒
5分以内
550円(1年間550円割引
かけ放題
1,650円(1年間550円割引
割引サービスなし
特徴LINEギガフリー
LINEスタンププレミアム(スマホプランのみ)
契約事務手数料無料
キャンペーンSoftBankから乗り換え対象外
サポート体制チャット
LINE
こんな人におすすめ
  • 3GB以下で通信品質を重視したい
  • 通話オプションをお得に利用したい
  • LINEで画像や動画をよく送受信する
  • LINEで無料通話やビデオ通話を通信量を気にせず利用したい
  • 申し込みやサポートはオンラインで自己完結できる

HISモバイル(ドコモ回線)※混雑時間帯通信速度低下あり

HISモバイル
料金1GB550円(100MB未満は290円)
3GB770円
7GB:990円
20GB2,190円
50GB:5,990円
国内通話9円/30秒
5分かけ放題:500円
かけ放題:1,480円
割引サービスなし
特徴通話料金が安い
契約事務手数料3,300円
キャンペーン5回線同時契約で最大8,250円還元
サポート体制チャットサポート
プルサポート店舗:2店舗(池袋・大宮)
こんな人におすすめ
  • 5GB~7GBで通信品質よりも料金重視
  • 混雑時間帯の速度低下を許容できる
  • サポート体制は重視しない
  • ドコモで購入したスマートフォンをそのまま利用したい
  • 通話料金を安くしたい
5回線同時契約で最大8,250円還元

IIJmio(ドコモ回線またはau回線)※混雑時間帯通信速度低下あり

ギガプラン
使用回線ドコモ回線の一部を借りてサービス提供
au回線の一部を借りてサービス提供
月額料金
(音声通話SIM)
2GB:850円(6ヶ月間410円
4GB:990円(6ヶ月間550円
8GB:1,500円(6ヶ月間1,060円
15GB:1,800円(6ヶ月間1,360円
20GB:2,000円(6ヶ月間1,560円
※月額料金から440円割引×6ヶ月
データ追加購入1GB:220円
混雑時間帯
速度低下
あり
国内通話料金11円/30秒
国内通話オプション専用アプリ必要
5分かけ放題:500円(7ヶ月間90円
10分かけ放題:700円(7ヶ月間290円
かけ放題:1,400円(7ヶ月間990円
※410円割引×7ヶ月
データくりこし
5G対応〇(オプション対応:無料)
eSIM・SMS機能付きSIM(タイプD)➡利用不可
契約期間の縛りなし
契約事務手数料3,300円1,650円(2022年10月31日まで)
支払い方法クレジットカード:〇
口座振替✖
サポート体制コールセンター(ナビダイヤル
Web問い合わせフォーム
チャットサポート
キャンペーン音声SIM月額料金440円割引×6ヶ月
通話オプション410円×7ヶ月
こんな人におすすめ
  • 通信品質よりも料金重視
  • 料金の安さ重視でデータ通信量1GB~4GB・8GB~20GB6ヶ月間
  • キャンペーン適用で期間限定でもいいから安く利用したい
  • 混雑時間帯の速度低下を許容できる
  • ドコモまたはauのスマートフォンをそのまま利用したい
乗り換え応援キャンペーン開催中

まとめ

今回は、SoftBankメール持ち運びについて解説してきました。

SoftBankを解約する場合や他社へ乗り換える場合もSoftBankメール持ち運びに申し込みをすることで、SoftBankメールを継続利用することができます

SoftBankメールが使えなくなるという理由で、他社への乗り換えを躊躇されていた方も、利用料金3,300円/年または330円/月を支払うことで利用可能です。

SoftBankメール持ち運びサービスには注意点もあるので、申し込み前に必ず確認しておくことをおすすめします。

SoftBankメール持ち運びを利用する方は、今回の記事を参考にしていただければ幸いです。

当サイトでは携帯料金の見直しに関する情報を発信していますので、携帯料金を見直したい方はぜひご覧ください

コメント

【携帯電話料金を安くしたい方必見!】後悔しない選び方を業界歴9年のプロが解説
【2022年10月版】格安SIMおすすめ7選!
【携帯電話料金を安くしたい方必見!】後悔しない選び方を業界歴9年のプロが解説
【2022年10月版】格安SIMおすすめ7選!
タイトルとURLをコピーしました