【後悔しない】楽天モバイルからUQモバイルへ乗り換えデメリット10選!手順も解説

スポンサーリンク

楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えようと思っているんだけど、メリットやデメリットを知りたいな

業界歴9年のプロ
業界歴9年のプロ

楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えると、通信品質やサポート体制が良くなるメリットがある一方、月額料金が高くなる場合があるなどデメリットもあるよ。

楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えを検討している方必見です

UQモバイルはKDDIが提供するブランドでauと同等の高い通信品質と3GB990円/月から利用できる人気のサービスです。

  • 楽天モバイルからUQモバイルに乗り換える場合のメリットやデメリットを知りたい
  • 楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えたほうがいいのはどんな人?
  • 携帯電話料金を安くしたいけど、後悔や失敗はしたくない

このようなお悩みをお持ちの方、ご安心ください。

今回は、通信キャリア業界歴9年のプロである私が、楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えるメリット・デメリットや乗り換え手順からキャンペーン情報まで解説します。

この記事を読むことで、後悔や失敗することなく楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えることができるようになります

ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

表示価格は特に断りがない限り税込です。

SIMのみ契約最大15,000円相当auPAY残高還元
2022年9月16日から期間限定増額中
  1. UQモバイル基本情報
  2. 楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えデメリット10選
    1. 25GB以上利用できる料金プランがない:月25GB以上利用している場合要注意
    2. 月額料金が高くなる:安さを最重視の場合要注意
    3. 通話料金無料がなくなる:Rakuten Linkユーザーは要注意
    4. 楽天SPUの倍率が下がる:楽天市場ユーザー要注意
    5. 海外データ利用が有料になる:海外利用を想定している場合要注意
    6. 楽天モバイルで機種代金の分割支払い途中の場合は、残債の支払いが必要
    7. UQモバイルには機種購入プログラムがない
    8. UQモバイル側で新規契約事務手数料がかかる
    9. 一部のオプションサービスは別途解約手続きが必要
    10. 楽メールを継続利用する場合は、楽メール持ち運びで月額330円必要
  3. 楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えメリット10選
    1. 通信品質が良くなる
    2. 自宅セット割を組めば月額料金が安くなる
    3. 自宅セット割
    4. データ増量オプションが1年間無料
    5. データくりこし
    6. 節約モード
    7. かけ放題オプションが豊富&60歳以上かけ放題がおトク
    8. サポート体制が充実
    9. 【公式オンラインショップ限定】SIMのみ契約で最大15,000円相当auPAY残高還元
    10. 【公式オンラインショップ限定】回線と端末購入で最大22,000円割引
  4. UQモバイルがおすすめな人
  5. 乗り換え手順
    1. 機種(スマホ本体)を新たに購入するのかそのまま使うのか決める
    2. 楽天モバイルからMNP予約番号を取得
    3. 公式サイトから申し込む(限定特典あり)
    4. 開通手続き
    5. APN設定
  6. 【キャンペーン情報】楽天モバイルからUQモバイルにおトクに乗り換え
    1. SIMのみ契約:最大15,000円相当auPAY残高還元
    2. 回線契約と同時に機種購入:最大22,000円割引
  7. まとめ

UQモバイル基本情報

使用回線au回線
料金3GB
くりこしプランS+5G:1,628円(割引適用時:990円
15GB
くりこしプランM+5G:2,728円(割引適用時:2,090円
25GB
くりこしプランL+5G:3,828円(割引適用時:2,970円
国内通話22円/30秒
通話パック60:550円
通話10分以内無料:770円
通話かけ放題:1,870円
60歳以上は永年1,100円割引
割引サービス自宅セット割
くりこしプランS/M+5G
638円割引/月
くりこしプランL+5G
858円割引/月
特徴節約モードあり
データくりこしOK
データ増量オプションあり
契約事務手数料3,300円
キャンペーンSIMのみ契約
MNP(他社から乗り換え)
au・povo1.0・povo2.0から除く

くりこしプラン+5G(S/M/L)
増量オプション加入
SIMカード:10,000円相当auPAY残高還元
eSIM:15,000円相当auPAY残高還元
増量オプション未加入
SIMカード:6,000円相当
auPAY残高還元
eSIM:9,000円相当auPAY残高還元

通常新規契約(電話番号新たに発行)
くりこしプランS/M/L+5G

増量オプション加入
SIMカード:3,000円相当
auPAY残高還元
eSIM:8,000円相当auPAY残高還元
増量オプション未加入
SIMカード:3,000円相当auPAY残高還元
eSIM:6,000円相当auPAY残高還元

機種購入
最大22,000円割引
サポート体制全国約2,300店舗
コールセンター
チャット

UQモバイルは、KDDIが提供するブランドの1つです。

auと同等の通信品質でありながら、3GB990円から利用でき、全国約2,300店舗やコールセンターでのサポートとバランスが取れたサービス

UQモバイルには、『自宅セット割』があります。

自宅のインターネット回線やでんきとセットにすることで家族最大10回線まで割引を受けることが可能。

その他、余ったデータ通信量を翌月末まで繰り越すことができる『データくりこし』や、通信モードの切り替え(低速モード時はデータ消費ゼロ)『節約モード』があり利便性も高いです。

UQモバイルは、キャンペーンも豊富。

楽天モバイルからUQモバイルに乗り換える場合、新たに機種をセット購入で最大22,000円割引、ドコモで利用していた機種をそのまま利用し乗り換え(SIMのみ契約)でauPAY残高が還元されます。

SIMのみ契約最大15,000円相当auPAY残高還元
2022年9月16日から期間限定増額中

楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えデメリット10選

楽天モバイルからUQモバイルに乗り換える前に、必ずデメリットを確認しておくことをおすすめします

デメリットを確認せずに乗り換えると、乗り換えた後に後悔してしまう可能性が高いです。

楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えるデメリットは10個をそれぞれ解説していきます。

25GB以上利用できる料金プランがない:月25GB以上利用している場合要注意

楽天モバイルUQモバイル
料金プランRakuten UN LIMIT Ⅶ
3GB以下:1,078円
3GB~20GB:2,178円
20GB以上:3,278円
くりこしプランS+5G(3GB)
1,628円
くりこしプランM+5G(15GB)
2,728円
くりこしプランL+5G(25GB)
3,828円

UQモバイルの料金プランは、くりこしプラン+5G(S/M/L)で最大のデータ通信量は25GB/月。

楽天モバイルは、利用したデータ通信量に応じて料金が自動で変動していく料金プランです。

楽天モバイルで月に25GB以上利用している方は、UQモバイルに乗り換えるとデータ通信量が足らなくなるので注意が必要です。

月額料金が高くなる:安さを最重視の場合要注意

3GB以下4GB5GB6GB~15GB15GB~20GB20GB~25GB25GB~30GB30GB以上
楽天モバイル1,078円2,178円2,178円2,178円2,178円3,278円3,278円3,278円
UQモバイルくりこしプランS+5G
1,628円
くりこしプランS+5G

増量オプションⅡ
1,628円(1年間)
2,178円(2年目以降)
くりこしプランS+5G

増量オプションⅡ
1,628円(1年間)
2,178円(2年目以降)
くりこしプランM+5G
2,728円
くりこしプランM+5G

増量オプションⅡ
2,728円(1年間)
3,278円(2年目以降)
くりこしプランL+5G
3,828円
くりこしプランL+5G

増量オプションⅡ
3,828円(1年間)
4,378円(2年目以降)

楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えるとデータ通信量が4GB・5GBの方を除いて、料金が上がります

4GB・5GBの方は、UQモバイルのくりこしプランS+5G(3GB/月)+増量オプションⅡ(550円/月1年間無料)で1年間無料は安くなります

それ以外のデータ通信量の方は、料金があがる点は覚えておきましょう。

通話料金無料がなくなる:Rakuten Linkユーザーは要注意

公式サイト 楽天モバイル
『Rakuten Link』アプリ
楽天モバイル
標準電話
UQモバイル
基本通話料金無料22円/30秒22円/30秒
通話60分無料/月※無料なし550円
10分かけ放題※無料なし770円
15分かけ放題無料1,100円なし
かけ放題※無料なし1,870円
通話音質
専用アプリ必要不要不要

0180・0570などから始まる番号への発信は無料対象外

楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えると、Rakuten Linkアプリによる通話無料が利用できなくなります。

Rakuten Linkアプリを利用して通話無料で利用していた方は、注意が必要。

UQモバイルの通話料金は22円/30秒かかりますが、Rakuten Linkのような専用アプリは不要です。

楽天SPUの倍率が下がる:楽天市場ユーザー要注意

楽天SPU(楽天市場)
ポイント還元率楽天モバイル利用+2%➡対象外
楽天モバイルキャリア決済+0.5%(2,000円/月以上利用)➡対象外

楽天ひかり+1%
楽天カード+2%(楽天カードを利用して楽天市場でお買い物)
楽天プレミアムカード+2%
楽天銀行+楽天カード+1%(楽天カードの利用分を楽天銀行から引き落とし)
楽天の保険+楽天カード+1%(楽天の保険を楽天カードで支払い)
楽天証券 投資信託+0.5%(当月合計30,000円以上のポイント投資)
楽天証券 米国株式+0.5%(当月合計30,000円以上のポイント投資)
楽天ウォレット+0.5%(暗号資産現物取引で30,000円/月に購入)
楽天トラベル+1%(月1回5,000円以上予約・利用)
楽天市場アプリ+0.5%
楽天Kobo+0.5%(電子書籍月1回1注文1,000円以上利用)
Rakuten Pasha+0.5%
Rakuten Fashion+0.5%(月1回以上お買い物)
楽天ビューティー+0.5%(月1回3,000円以上利用)

楽天市場でお買い物をする方は、楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えると楽天SPUの倍率(ポイント還元率)が下がります

楽天SPUは、条件達成で、楽天市場でお買い物する際のポイント還元率が上がる仕組みです。

楽天モバイル利用の2%と楽天モバイルキャリア決済による+0.5%が、UQモバイルに乗り換えると対象外

楽天市場を利用している方は、必ず確認しておきましょう。

海外データ利用が有料になる:海外利用を想定している場合要注意

海外利用楽天モバイル UQモバイル
通話料金Rakuten Link利用
無料
国際通話かけ放題/月額980円
滞在国→日本
日本あて』通話料金
滞在国→日本の携帯電話(同伴者など)
発信側:『日本あて』通話料金
着信側:着信料金
滞在国→滞在国の一般電話/携帯電話
滞在国内』通話料金発生
滞在国→滞在国以外の一般電話/携帯電話
日本以外』の通話料金発生
通信料金海外ローミング
2GBまで無料
世界データ定額
24時間/980円
早割キャンペーン24時間/490円
早割24時間/690円
データ通信量2GB
1GB追加500円
加入中の料金プランの通信量

UQモバイルの通話料金の例が以下のようになります。

滞在国日本あて滞在国内日本以外着信
アメリカ140円/分120円/分210円/分165円/分
韓国125円/分50円/分265円/分70円/分
中国175円/分70円/分265円/分145円/分

海外のデータ利用に関しては、 UQモバイルはauの『世界データ定額』を利用し加入中の料金プランの通信量分利用できます。

楽天モバイルは2GBまで0円で利用できます。

楽天モバイルで機種代金の分割支払い途中の場合は、残債の支払いが必要

楽天モバイルからUQモバイルに乗り換える際に、楽天モバイルで機種を分割支払いで購入していて支払い期間途中の場合は、残債の支払いが必要になります。

ちなみに、楽天モバイルの機種購入プログラム『iPhoneアップグレードプログラム』に加入している方は、UQモバイルへ乗り換え後も特典適用可能(端末返却➡残債の支払い免除)です。

UQモバイルには機種購入プログラムがない

iPhoneアップグレードプログラム
対象年齢18歳以上
18歳・19歳の申込には法定代理人同意書の提出が必要
対象製品iPhoneSE(第3世代)
iPhone13/13mini
iPhone13Pro/13ProMax
iPhone12/12mini
iPhone12Pro/12Pro Max
iPhoneSE(第2世代)
楽天モバイル
回線の申込
不要
支払い方法楽天カード
支払い内容製品代金を48回払い
保証
(故障/盗難・紛失)
故障紛失保証with AppleCare Services
2022年8月11日値上げ
iPhone13/13mini/12/12mini
979円➡1,120円
iPhone13Pro/13ProMax/12Pro/12Pro Max

1,309円➡1,460円
iPhoneSE(第3世代)
715円800円
機種変更可能期間25カ月目~47カ月目まで
※機種変更や解約をせずに48カ月経過した場合、自動的に満了解約
機種変更事務手数料3,300円発生
返却による
解約可能な期間
25カ月目~47カ月目まで
※機種変更や解約をせずに48カ月経過した場合、自動的に満了解約
※25カ月未満の解約の場合、残債の一括支払い
返却による解約事務手数料3,300円発生
買取による
解約可能期間
加入時~47カ月目まで
※残債一括支払いで、返却不要
契約上限1人2台まで

楽天モバイルには、iPhone限定で機種を48回分割で契約して2年後に機種本体を楽天モバイルに返却することで、残債の支払いが免除になる『楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム』があります。

UQモバイルには、機種を分割購入して本体返却で残債の支払いが免除されるような機種購入プログラムはありません

UQモバイル側で新規契約事務手数料がかかる

楽天モバイル
契約解除料
無料
MNP転出手数料無料
UQモバイル
新規契約事務手数料
3,300円/回線

楽天モバイルからUQモバイルに乗り換える際に、UQモバイル側で新規契約事務手数料が3,300円発生します。

楽天モバイル解約に関する費用は、楽天モバイルの最終月の利用料金のみで契約解除料やMNP転出手数料はかかりません。

一部のオプションサービスは別途解約手続きが必要

楽天モバイルからUQモバイルに乗り換える際に、楽天モバイルで契約していたオプションサービスに要注意です。

以下のオプションサービスは、楽天モバイルの回線契約を解約してもオプション解約とはなりません。

解約を希望する場合は、別途解約手続きが必要になります。

別途解約が必要
  • スマホ交換保証プラス
  • 故障紛失保証 with AppleCare Services
  • あんしん保証with AppleCare Services for Apple Watch
  • 楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム

楽メールを継続利用する場合は、楽メール持ち運びで月額330円必要

申し込み必要(my 楽天モバイルから)
解約日含めて31日以内
利用料金330円/月
メールの利用方法任意の電子メールアプリ
(Gmailなど)
メールアドレス変更不可
メールフィルター設定変更不可
(楽天モバイル契約時の設定引継ぎ)
メール通知メールにて通知
(メールボックス容量が80%を超えた場合)

楽天モバイルの『楽メール(2022年7月サービス提供開始)』は、楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えた後でも、楽メール持ち運びの申し込みをすることで、継続して利用可能

楽メール持ち運びは、楽天モバイル解約日を含めて31日以内に申し込みが必要で月額料金330円がかかります

ちなみに、メールアドレスの変更やメールフィルターの設定変更はできません

メールフィルターの設定は楽天モバイル契約時の設定が引き継がれます。

楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えメリット10選

楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えるデメリットを10個解説してきましたが、それ以上に多くのメリットがあります。

通信品質が良くなる

公式サイト 楽天モバイル UQモバイル
エリアカバー率97%
(2022年9月時点)
99.9%
対応周波数帯Band3
Band18
(auから借りている)
n77
n257
Band1(2.0GHz)
Band11(1.5GHz)
Band18(800MHz)
Band26 (800MHz)
Band28(800MHz)
n77・n78
n257
各周波数帯の役割
  • Band1・3➡通信速度が速く広範囲のエリアをカバーするが、屋内や地下まで電波が届きにくい
  • Band18・26➡通信速度は速くはないが、屋内や地下まで電波が届きやすい

楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えることで、通信品質が良くなる可能性が限りなく高いです。

エリアカバー率において、UQモバイルはauと同等の通信品質で99.9%と楽天モバイルよりもカバー率が高く広範囲をカバーしています。

ん?楽天モバイルはauから電波を借りているの?

業界歴9年のプロ
業界歴9年のプロ

楽天モバイルの主要の電波はBand3だけど、Band3だけだと地下やショッピングモールや屋内で圏外になったり電波が弱くなるから、屋内や地下まで電波が届くBand18をauから借りているよ。

ただし、2021年10月以降『Band18』は39都道府県で順次撤退していく

楽天モバイルは2021年10月以降、auから借りていたBand18を順次撤退しており、郊外・地下・屋内で繋がりにくい場合があります。

UQモバイルは、auと同等の通信品質でBand18・26に対応しているので郊外・地下・屋内でも繋がりやすいです。

自宅セット割を組めば月額料金が安くなる

3GB以下4GB5GB6GB~15GB15GB~20GB20GB~25GB25GB~30GB30GB以上
楽天モバイル1,078円2,178円2,178円2,178円2,178円3,278円3,278円3,278円
UQモバイルくりこしプランS+5G
990円
くりこしプランS+5G

増量オプションⅡ
990円(1年間)
1,540円(2年目以降)
くりこしプランS+5G

増量オプションⅡ
990円(1年間)
1,540円(2年目以降)
くりこしプランM+5G
2,090円
くりこしプランM+5G

増量オプションⅡ
2,090円(1年間)
2,640円(2年目以降)
くりこしプランL+5G
2,970円
くりこしプランL+5G

増量オプションⅡ
2,970円(1年間)
3,520円(2年目以降)

楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えで、自宅セット割を適用することで料金を下げることが可能です。

通信品質も良くなり、料金も下がる点が最大のメリットになります。

自宅セット割について次項で詳しく解説していきます。

自宅セット割

くりこしプランS+5GくりこしプランM+5GくりこしプランL+5G
データ容量3GB15GB25GB
月額料金1,628円2,728円3,828円
自宅セット割-638円-638円-858円
割引後料金990円2,090円2,970円

UQモバイルは、自宅セット割を組むことで家族最大10回線まで全員割引を受けることが可能です。

自宅セット割には、『インターネットコース』と『でんきコース』があります。

インターネット回線の変更が難しい方は、でんきとセットで組むことで自宅セット割を受けられます

『インターネットコース』・『でんきコース』ともに割引金額は変わりませんので、ご安心ください。

インターネット回線の変更が難しい具体例としては、賃貸住宅にお住まいで管理会社からインターネット回線を指定されている場合や、そもそも管理会社が提供するインターネット回線しか利用できない場合などがあります。

割引対象のサービスは以下の通りです。

インターネットコース
  • auひかり/auひかりちゅら(ネット+電話)
  • ケーブルテレビ(ネット+電話・一部のケーブル局はテレビ+電話も可)
  • auホームルーター5G/スマートポート
  • WiMAX+5G
    • UQ WiMAX
    • YAMADA air mobile WiMAX
    • BIC WiMAX
    • ワイヤレスゲート WiMAX+5G
    • エディオン
    • PC DEPOT
    • KT WiMAX
    • とくとくBB GMO WiMAX
    • Broad WiMAX
    • カシモWiMAX
    • Vision WiMAX
    • EX WiMAX
    • hi-ho
    • 泉佐野WiMAX
    • J:COM
    • DISM WiMAX
    • ビッグローブWiMAX(2022年2月から対象)
  • その他対象インターネットサービス
    • ビッグローブ光
    • ソネット光
    • コミュファ光(東海地方)
    • eo光(関西地方)
    • MEGA EGG(中国地方)
    • Pikara(四国地方)
    • BBIQ(九州地方)
    • ひかりゆいまーる(沖縄地方)
    • ひかりJ
    • エディオンネット
    • @Tcomヒカリ
    • @nifty光

でんきコース

データ増量オプションが1年間無料

くりこしプランS+5GくりこしプランM+5GくりこしプランL+5G
基本データ容量3GB15GB25GB
データ増量分+2GB+5GB+5GB
合計データ容量5GB20GB30GB
増量オプションⅡ
月額料金
550円➡最大13ヶ月無料550円➡最大13ヶ月無料550円➡最大13ヶ月無料

UQモバイルでは、データ通信量を増やすことができる『増量オプションⅡ』が1年間無料で利用できます。

月額料金が550円かかりますが、キャンペーン適用で13ヶ月間無料で利用できデータ通信量を増やすことができます。

14ヶ月目以降は、550円の課金がスタートします。

データ増量オプションの加入でキャンペーンの還元額が高くなるので加入して必要なければ、1年間以内にオプション解約することをおすすめします。

データくりこし

申し込み不要
データくりこし上限くりこしプランS+5G➡3GB
くりこしプランM+5G➡15GB
くりこしプランL+5G➡25GB
くりこしたデータ有効期限翌月末まで
データ消費順番データくりこし分

基本データ容量(プランの容量)

追加購入した分
データくりこし確認方法UQ mobileポータルアプリ

UQモバイルの特徴として『データくりこし』があります。

契約している料金プランの通信量が余った場合は翌月までくりこし可能

通信量が余っても有効活用できる点が好評です。

節約モード

節約モードに切り替えることでデータ消費がゼロになります。

節約モードにすると、くりこしプランS+5Gで最大300Kbps、くりこしプランM/L+5Gで最大1Mbpsの速度になります。

くりこしプランM/L+5Gプランであれば節約モードにしても動画視聴も可能

2022年9月1日更新最大300Kbps最大1Mbps
LINE
(テキスト)
LINE
(音声通話)
LINE
(ビデオ通話)
Twitter
画像読み込みに数秒~数十秒がかかる
Yahoo!ニュース
画像読み込みに数秒がかかる
Yahoo!カーナビ
若干遅延気味
アプリインストール
(App Store)
(Google Play)

インストールはできるが、相当時間がかかる

(通常より時間がかかる)
QRコード決済
PayPay
auPAY
など

アプリ起動から数秒かかる
Instagram
Googleマップ✖~△
読み込みまで数十秒かかる
Web閲覧
画像読み込みに時間がかかる
音楽ストリーミング
VOD系サービス
Hulu

Paravi
FODなど
YouTube
(低画質:240p)

画質は荒い
YouTube
(標準画質:360p)

再生・停止を繰り返す
YouTube
(高画質:480p)

かけ放題オプションが豊富&60歳以上かけ放題がおトク

くりこしプランS+5GくりこしプランM+5GくりこしプランL+5G
データ通信量3GB15GB25GB
月額料金1,628円2,728円3,828円
自宅セット割638円割引638円割引858円割引
60歳以上
通話かけ放題
1,870円➡770円1,870円➡770円1,870円➡770円
合計月額料金
(自宅セット割あり)
2,398円
(1,760円)
3,498円
(2,860円)
4,598円
(3,740円)

UQモバイルに60歳以上の方が利用できる「60歳以上通話割」があります。

通常1,870円(税込)かかる24時間通話し放題が770円(税込)ですっと利用できます

適用条件
  • 申し込み時点で契約者または利用者が60歳以上
  • くりこしプランで「かけ放題(24時間いつでも)」に加入
国内通話料金22円/30秒
通話パック60550円
通話料金最大2,640円を減額(月60分)
10分かけ放題
1回あたり
10分以内まで何度でも
770円
10分超過後22円/30秒
かけ放題
(24時間いつでも)
1,870円
60歳以上➡770円

UQモバイルは3つのかけ放題オプションから選択可能。

通話の利用用途に応じて自分に合ったかけ放題オプションを選ぶことができます。

サポート体制が充実

楽天モバイルUQモバイル
サポート拠点 約200店舗
楽天モバイルショップ
※家電量販店除く
約2,300店舗
auショップ
au style
UQスポット
※家電量販店除く
コールセンター
契約後の問い合わせ
窓口通話料金
有料無料

楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えることで、サポート体制が充実します。

楽天モバイルショップ(家電量販店の楽天モバイルコーナー除く)は全国約200店舗に対して、UQモバイルは、全国約2,300の店舗(家電量販店除く)でサポートを受けることが可能です。

UQモバイルは、UQスポットだけでなく2021年夏からauショップやauStyleでもサポートが受けられるように拡充されました。

また、コールセンターにおいても契約後の問い合わせ窓口は楽天モバイルは通話無料有料(Rakuten Linkで発信すれば無料)で、UQモバイルは、フリーダイヤルで通話無料です。

【公式オンラインショップ限定】SIMのみ契約で最大15,000円相当auPAY残高還元

キャンペーン詳細
キャンペーン期間2021年4月1日~
特典MNP(他社から乗り換え)
au・povo1.0・povo2.0から除く

くりこしプラン+5G(S/M/L)
増量オプション加入
SIMカード:10,000円相当auPAY残高還元
eSIM:15,000円相当auPAY残高還元
増量オプション未加入
SIMカード:6,000円相当
auPAY残高還元
eSIM:9,000円相当auPAY残高還元

通常新規契約(電話番号新たに発行)
くりこしプランS/M/L+5G

増量オプション加入
SIMカード:3,000円相当
auPAY残高還元
eSIM:8,000円相当auPAY残高還元
増量オプション未加入
SIMカード:3,000円相当auPAY残高還元
eSIM:6,000円相当auPAY残高還元
特典付与条件公式オンラインショップから
SIMのみ』申し込み
くりこしプラン+5G契約
※eSIM契約で増額
※増量オプションⅡ加入で増額
対象者MNP契約者
他社から乗り換えでSIMのみ契約
au・povo1.0・povo2.0
から乗り換えは対象外
通常新規契約者
新しい電話番号で契約
特典付与時期回線切り替えの翌月下旬以降

楽天モバイルで利用している機種をそのままでUQモバイルに乗り換える(SIMのみ契約)場合は、auPAY残高の還元が受けられます。

増量オプションⅡ(1年間無料)に加入することで還元金額は上がるので加入がおすすめです。

不要であれば、1年間無料期間が終了する前に、オプション解約手続きを行いましょう。

SIMのみ契約最大15,000円相当auPAY残高還元
2022年9月16日から期間限定増額中

【公式オンラインショップ限定】回線と端末購入で最大22,000円割引

端末+回線セット購入
特典最大22,000円割引
※増量オプションⅡ加入有無で割引金額変わる
対象者他社からMNP
通常新規契約
適用条件公式オンラインショップから対象機種購入
くりこしプラン+5G契約
※増量オプションⅡ加入で増額
対象外auから乗り換え
povo1.0から乗り換え

楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えるタイミングで機種も一緒に購入する場合は、最大22,000円の割引が受けられるので活用しましょう。

注意点としては、増量オプションⅡ(1年間無料)に加入しないと割引金額が下がります

増量オプションⅡは1年間無料なので、1年間無料期間が終了する前に、不要な場合はオプション解約手続きを行いましょう

オプション解約手続きは、my UQ mobileやコールセンターで行うことができます

UQモバイルがおすすめな人

こんな人におすすめ
  • 月間データ通信量が25GB以下で料金より通信品質重視
  • 自宅セット割が適用できる(以下の何れかのサービスで適用可能)
    • auひかり
    • ケーブルテレビ
    • BIGLOBE光やSo-net光などの光コラボ
    • WiMAX+5Gルーター
    • auでんきorUQでんき
  • au・Ponta経済圏のユーザーまたはこれから使いたい
    • auPAYカード(クレジットカード)
    • auPAY(QRコード決済)
    • auPAYマーケット
    • auでんき
    • auじぶん銀行
    • auカブコム証券
  • 60歳以上でかけ放題を利用したい
  • 余ったデータ通信量を無駄なく利用したい

月間のデータ通信量が25GB以下で料金よりも通信品質やサポート体制を重視したい方や、自宅セット割が組める方は、UQモバイルをおすすめします

楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えることで、月額550円値上げになりますが、その分通信品質とサポート体制が充実します

さらに、自宅セット割を組むことでわずかではありますが、楽天モバイルよりも安く利用することができます。

また、楽天モバイルは楽天カード・楽天市場・楽天銀行・楽天証券など楽天経済圏を構築していますが、UQモバイルはau・Ponta経済圏を構築しています。

au・Ponta経済圏を利用したい方にもUQモバイルはおすすめです。

主な経済圏
サービス比較
au・Ponta
経済圏
楽天経済圏
貯まるポイントPontaポイント楽天ポイント
携帯電話料金プランau
UQモバイル
povo
楽天モバイル
スマホ決済auPAY
還元率:0.5%
楽天ペイ
還元率:0.5%
クレジットカードauPAYカード
還元率:1.0%(公共料金含む)
楽天カード
還元率:1.0%(公共料金は0.2%
銀行auじぶん銀行
普通預金金利:最大0.2%
楽天銀行
普通預金金利:最大0.1%
証券会社auカブコム証券楽天証券
ネットショッピングauPAYマーケット
還元率:最大9%
楽天市場
還元率:最大14%
電気auでんき
5,000円未満:1.0%
5,000円~7,999円:3.0%
8,000円以上:5.0%
楽天でんき
0.5%(200円につき1ポイント)

60歳以上で、通話をたくさんする方で店舗やコールセンターなどサポート体制が重視したい方もUQモバイルがおすすめです。

乗り換え手順

機種(スマホ本体)を新たに購入するのかそのまま使うのか決める

スマホ本体はどうする?
  • 楽天モバイルで利用している機種をそのまま使う
  • UQモバイルに乗り換えるタイミングで回線契約と一緒に新たに購入

楽天モバイルからUQモバイルに乗り換える最初のステップは、UQモバイルで利用する機種(スマホ本体)をどうするかを決めることです。

楽天モバイルで利用している機種(楽天モバイルで購入した機種または楽天モバイル以外で購入した機種)をUQモバイルで使う場合は、UQモバイルで使えるか確認が必要です。

iPhoneは、6s以降の機種はUQモバイルで利用可能です。

Androidは以下の表を参考にしていただければ幸いです。

動作確認対応エリアAndroidバージョンSIMロック解除SIMの種類※
arrows RX
OPPO Reno A
9.0不要マルチSIM
HUAWEI nova 5T
OPPO A5 2020
10不要マルチSIM
OPPO Reno7 A
OPPO A55s 5G
OPPO A73
11不要マルチSIM
eSIM
OPPO Reno3 A11不要マルチSIM
OPPO Reno5 A12不要マルチSIM
eSIM
Rakuten Hand 5G11不要eSIM
Rakuten BIG s
Rakuten Hand
Rakuten BIG
10不要eSIM
Rakuten Mini9.0不要eSIM
Galaxy Note10+
Galaxy S10
12不要マルチSIM
Galaxy A710不要マルチSIM
Xperia10Ⅲ Lite11不要マルチSIM
eSIM
Xperia Ace9.0不要マルチSIM
Redmi Note 11 Pro 5G11不要マルチSIM
eSIM
AQUOS wish
AQUOS sense4 lite
11不要マルチSIM
eSIM
AQUOS sense6
AQUOS zero6
12不要マルチSIM
eSIM
AQUOS sense4 plus
AQUOS R5G
AQUOS sense3 plus
AQUOS sense3 lite
11不要マルチSIM
※SIMの種類
  • マルチSIM:プラスチックの物理カード
  • eSIM:スマホ本体で設定(物理カード不要)

楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えるタイミングで回線契約と機種をセットで購入する場合は、申し込みの際に希望する機種を選んで申し込みしましょう。

楽天モバイルからMNP予約番号を取得

楽天モバイル予約番号取得方法
  1. my楽天モバイルへログイン
  2. 画面右上の三本線タップ
  3. my楽天モバイル
  4. 契約プラン
  5. 各種手続き
  6. 他社へ乗り換え(MNP予約番号取得)

MNP予約番号は、楽天モバイルからUQモバイルに携帯電話番号をそのまま乗り換えるために必要になる10桁の番号です。

上記の手順でわずか5分~10分くらいで取得できます。

取得したら以下の項目を必ずメモしておきましょう。

MNP予約番号
  • 乗り換え予定の携帯電話番号
  • MNP予約番号
  • MNP予約番号有効期限

公式サイトから申し込む(限定特典あり)

準備するもの
  • MNP予約番号(STEP3で取得)
  • 本人確認書類※1
  • 契約者本人名義のクレジットカードまたは銀行口座
  • ドコモメール以外のメールアドレス連絡先で入力が必要

申し込み前に上記の4点を準備しましょう。

MNP予約番号は、STEP3で取得した10桁の番号です。

本人確認書類の詳細は以下にまとめていますので、所有している本人確認書類を準備しておきましょう。

毎月の料金の支払いを設定するために、契約者本人名義のクレジットカードまたは銀行口座を用意します。

メールアドレスは、楽メール(楽天モバイルのメール)以外のメールアドレス(Gmailなど)を用意しましょう。

楽メールがダメな理由は、楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えたタイミングで楽メールは利用できなくなるからです。

UQモバイルの申し込み確認メールの通知などが受けることができないためです。

※1本人確認書類
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 日本国パスポート
  • 身体障がい者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障がい者手帳
  • 住民基本台帳カード(写真付きのみ)※2
  • 健康保険証※
  • 外国籍 在留カード+外国パスポート

※2:住民基本台帳カードや健康保険証の場合は、口座振替を選択の場合は発行から3カ月以内の補助書類が必要になります。

※2補助書類
  • 公共料金領収証(発行日から3カ月以内で現住所の記載あり)
    • 本人確認書類の住所と同じ→記載されてる苗字が契約者と同じであること
    • 本人確認書類の住所と違う→領収書宛名本人に限る
  • 住民票(発行日から3カ月以内で現住所・本人の氏名記載あり)
    • 本人確認書類が住民基本台帳カード→住民票は補助書類として利用不可
  • 届出避難証明書(発行日から3カ月以内で現住所・本人の氏名記載あり)
  • 行政機関発行の領収証(発行日から3カ月以内で現住所・本人の氏名記載あり)
SIMのみ契約最大15,000円相当auPAY残高還元
2022年9月16日から期間限定増額中

開通手続き

回線切り替え開通手順5ステップ
  • STEP1
    商品到着
  • STEP2
    myUQmobileにログイン
  • STEP3
    各種お手続き』→『お申し込み状況一覧
  • STEP4
    回線切替
  • STEP5
    実行する』(切り替えまで30分

回線切り替え受付時間は9:30~20:30となっています。

万が一回線切り替えでエラーが出た場合は、『UQモバイルお客様センター(0120-929-828)』へ問い合わせしましょう。

SIMのみ契約の方は手持ちのスマホで使えるように設定(APN設定)する必要があります。

APN設定

iPhone6s・7・8シリーズ/SE(第1世代・第2世代)
  1. iPhoneの電源を切る
  2. UQモバイルのSIMカードをiPhoneに挿入
  3. 画面の指示に従い、Apple IDとパスワードを入力

iPhone12・11・Xs・XRシリーズ
  1. iPhoneの電源を切る
  2. UQモバイルのSIMカードをiPhoneに挿入
  3. Wi-Fiに接続
  4. 画面の指示に従い、Apple IDとパスワードを入力
  5. こちらからプロファイルをインストール(Safariからアクセス)
  6. 『許可』をタップ
  7. 『閉じる』をタップ
  8. 『設定』→『一般』→『プロファイル』
  9. 『インストール』をタップ
  10. パスコードを入力(設定している場合)
  11. 『警告』画面が出るので『インストール』をタップ
  12. もう一度『インストール』タップで完了
Android
  1. SIMカードを本体に入れる
  2. 『設定』をタップ
  3. 設定内の検索窓🔍に『モバイルネットワーク』と入力し検索
  4. モバイルネットワーク→アクセスポイント名またはAPNを選択
    1. Galaxy:モバイルネットワーク→APN
    2. AQUOS:モバイルネットワーク→詳細設定→アクセスポイント名
    3. Xperia:モバイルネットワーク→詳細設定→アクセスポイント名
  5. 『+』や『追加』や『新しいAPN』などをタップ(機種により異なる)
    1. Galaxy:追加
    2. AQUOS:『+』
    3. Xperia:『+』
  6. アクセスポイントの編集(機種によって異なる)
    1. 動作確認端末一覧で確認しAPN手順書で確認
  7. 編集が終わったら、右上の『点3つ』のところをタップし『保存』で完了

【キャンペーン情報】楽天モバイルからUQモバイルにおトクに乗り換え

SIMのみ契約:最大15,000円相当auPAY残高還元

キャンペーン詳細
キャンペーン期間2021年4月1日~
特典MNP(他社から乗り換え)
au・povo1.0・povo2.0から除く

くりこしプラン+5G(S/M/L)
増量オプション加入
SIMカード:10,000円相当auPAY残高還元
eSIM:15,000円相当auPAY残高還元
増量オプション未加入
SIMカード:6,000円相当
auPAY残高還元
eSIM:9,000円相当auPAY残高還元

通常新規契約(電話番号新たに発行)
くりこしプランS/M/L+5G

増量オプション加入
SIMカード:3,000円相当
auPAY残高還元
eSIM:8,000円相当auPAY残高還元
増量オプション未加入
SIMカード:3,000円相当auPAY残高還元
eSIM:6,000円相当auPAY残高還元
特典付与条件公式オンラインショップから
SIMのみ』申し込み
くりこしプラン+5G契約
※eSIM契約で増額
※増量オプションⅡ加入で増額
対象者MNP契約者
他社から乗り換えでSIMのみ契約
au・povo1.0・povo2.0
から乗り換えは対象外
通常新規契約者
新しい電話番号で契約
特典付与時期回線切り替えの翌月下旬以降
【要注意】キャッシュバック対象外
  • 法人契約
  • 申し込みキャンセル
  • キャッシュバック時点でauPAY残高が有効でない
  • au・povo1.0・povo2.0からの乗り換え
  • 公式オンラインショップ以外からの申し込み
SIMのみ契約最大15,000円相当auPAY残高還元
2022年9月16日から期間限定増額中

回線契約と同時に機種購入:最大22,000円割引

キャンペーン期間2021年12 月24日~
対象契約種別他社から乗り換え(povo2.0含む)
通常新規(新たに電話番号発行)
au/povo1.0から乗り換え
機種変更
対象料金プランくりこしプラン+5G(S/M/L)
特典最大22,000円割引
※増量オプションⅡ加入有無で変わる
適用条件UQモバイル公式オンラインショップで対象機種購入
最大22,000円割引!iPhoneも対象

まとめ

今回は、楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えるメリット・デメリットや乗り換え手順からキャンペーン情報まで解説してきました。

メリット通信品質が良くなる
自宅セット割を組めば月額料金が安くなる
自宅セット割
データ増量オプションが1年間無料
データくりこし
節約モード
かけ放題オプションが豊富&60歳以上かけ放題がおトク
サポート体制が充実
SIMのみ契約で最大15,000円相当auPAY残高還元
回線と端末購入で最大22,000円割引
デメリット25GB以上利用できる料金プランがない:月25GB以上利用している場合要注意
月額料金が高くなる:安さを最重視の場合要注意
通話料金無料がなくなる:Rakuten Linkユーザーは要注意
楽天SPUの倍率が下がる:楽天市場ユーザー要注意
海外データ利用が有料になる:海外利用を想定している場合要注意
楽天モバイルで機種代金の分割支払い途中の場合は、残債の支払いが必要
UQモバイルには機種購入プログラムがない
UQモバイル側で新規契約事務手数料がかかる
一部のオプションサービスは別途解約手続きが必要
楽メールを継続利用する場合は、楽メール持ち運びで月額330円必要
乗り換え手順STEP1
機種を新たに購入するのかそのまま使うのか決める
STEP2
楽天モバイルからMNP予約番号を取得
STEP3
公式サイトから申し込む
STEP4
開通手続き
STEP5
APN設定
キャンペーン情報SIMのみ契約:最大13,000円相当auPAY残高還元
契約と同時に機種購入:最大22,000円割引

楽天モバイルからUQモバイルへの乗り換えを検討している方は、今回の記事を参考にしていただければ幸いです。

SIMのみ契約最大15,000円相当auPAY残高還元
2022年9月16日から期間限定増額中

当サイトでは携帯料金の見直しに関する情報を発信していますので、携帯料金を見直したい方はぜひご覧ください

コメント

【携帯電話料金を安くしたい方必見!】後悔しない選び方を業界歴9年のプロが解説
【2022年9月版】格安SIMおすすめ7選!
【携帯電話料金を安くしたい方必見!】後悔しない選び方を業界歴9年のプロが解説
【2022年9月版】格安SIMおすすめ7選!
タイトルとURLをコピーしました