【デメリット10選】SoftBankからUQモバイルへ乗り換えタイミングや手順も解説

スポンサーリンク

SoftBankを利用していて、UQモバイルに乗り換えを考えてるんだけど、どうかな?

業界歴9年のプロ
業界歴9年のプロ

SoftBankからUQモバイルに乗り換えると、月額料金が安くなるメリットがある一方、SoftBankの各種割引が受けられないなどデメリットもあるよ。

『SoftBankからUQモバイルへ乗り換えるを検討している方』必見です!

UQモバイルはKDDIが提供するブランドでauと同等の高い通信品質と3GB990円/月から利用できる人気のサービスです。

  • SoftBankからUQモバイルに乗り換える場合のメリットやデメリットを知りたい
  • SoftBankからUQモバイルに乗り換えたほうがいいのはどんな人?
  • 携帯電話料金を安くしたいけど、後悔や失敗はしたくない

このようなお悩みをお持ちの方、ご安心ください。

今回は、通信キャリア業界歴9年のプロである私が、SoftBankからUQモバイルに乗り換えるメリット・デメリットや乗り換え手順からキャンペーン情報まで解説します。

この記事を読むことで、後悔や失敗することなくSoftBankからUQモバイルに乗り換えることができるようになります

ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

表示価格は特に断りがない限り税込です。

SIMのみ契約最大15,000円相当auPAY残高還元
2022年9月16日から期間限定増額中
  1. UQモバイル基本情報
  2. SoftBankからUQモバイルに乗り換えデメリット10選
    1. SoftBankの各種割引が受けられない
    2. 25GB以上利用できる料金プランがない
    3. 機種代金分割支払い途中の場合、残債の支払いが必要
    4. Softbank光の値上げの可能性あり
    5. 購入できる機種のラインナップが少なくなる
    6. UQモバイル乗り換え時に契約事務手数料が発生する
    7. スマホをそのまま利用する場合は、SIMロック解除が必要
    8. Softbankメールを継続利用する場合は、別途料金が必要
    9. ソフトバンクまとめて支払いが使えなくなる
    10. Yahoo!プレミアム会員無料特典がなくなる
  3. SoftbankからUQモバイルに乗り換えメリット10選
    1. 25GB以下であれば月額料金が安くなる
    2. 自宅セット割
    3. データ増量オプションが1年間無料
    4. データくりこし
    5. 節約モード
    6. かけ放題オプションが豊富&60歳以上かけ放題がおトク
    7. サポート体制が充実
    8. 【公式オンラインショップ限定】乗り換えと同時に機種購入で最大22,000円割引
    9. 【公式オンラインショップ限定】スマホ本体そのまま乗り換えで最大15,000円相当auPAY残高還元
    10. auPAYカードの年会費1,375円が無料:貯まったPontaポイントが大活躍
  4. SoftbankからUQモバイル乗り換えがおすすめな人
  5. SoftbankからUQモバイルに乗り換えるタイミング
    1. SoftBankの請求月は3パターン
    2. UQモバイルの初月の料金は日割り計算
  6. 乗り換え手順
    1. 機種(スマホ本体)を新たに購入するのかそのまま使うのか決める
    2. SIMロック解除(機種をそのまま利用する場合のみ)
    3. SoftBankからMNP予約番号を取得
    4. 公式サイトから申し込む(限定特典あり)
    5. 開通手続き
    6. APN設定
  7. 【キャンペーン情報】SoftbankからUQモバイルにおトクに乗り換え
    1. SIMのみ契約:最大15,000円相当auPAY残高還元
    2. 回線契約と同時に機種購入:最大22,000円割引
  8. まとめ

UQモバイル基本情報

使用回線au回線
料金3GB
くりこしプランS+5G:1,628円(割引適用時:990円
15GB
くりこしプランM+5G:2,728円(割引適用時:2,090円
25GB
くりこしプランL+5G:3,828円(割引適用時:2,970円
国内通話22円/30秒
通話パック60:550円
通話10分以内無料:770円
通話かけ放題:1,870円
60歳以上は永年1,100円割引
割引サービス自宅セット割
くりこしプランS/M+5G
638円割引/月
くりこしプランL+5G
858円割引/月
特徴節約モードあり
データくりこしOK
データ増量オプションあり
契約事務手数料3,300円
キャンペーンSIMのみ契約
MNP(他社から乗り換え)
au・povo1.0・povo2.0から除く

くりこしプラン+5G(S/M/L)
増量オプション加入
SIMカード:10,000円相当auPAY残高還元
eSIM:15,000円相当auPAY残高還元
増量オプション未加入
SIMカード:6,000円相当
auPAY残高還元
eSIM:9,000円相当auPAY残高還元

通常新規契約(電話番号新たに発行)
くりこしプランS/M/L+5G

増量オプション加入
SIMカード:3,000円相当
auPAY残高還元
eSIM:8,000円相当auPAY残高還元
増量オプション未加入
SIMカード:3,000円相当auPAY残高還元
eSIM:6,000円相当auPAY残高還元

機種購入
最大22,000円割引
サポート体制全国約2,300店舗
コールセンター
チャット

UQモバイルは、KDDIが提供するブランドの1つです。

auと同等の通信品質でありながら、3GB990円から利用でき、全国約2,300店舗やコールセンターでのサポートとバランスが取れたサービス

UQモバイルには、自宅セット割があります。

自宅のインターネット回線やでんきとセットにすることで家族最大10回線まで割引を受けることが可能。

その他、余ったデータ通信量を翌月末まで繰り越すことができる『データくりこし』や、通信モードの切り替え(低速モード時はデータ消費ゼロ)『節約モード』があり利便性も高いです。

UQモバイルは、キャンペーンも豊富です。

SoftBankからUQモバイルに乗り換える場合、新たに機種をセット購入で最大22,000円割引、ドコモで利用していた機種をそのまま利用し乗り換え(SIMのみ契約)でauPAY残高が還元されます。

SIMのみ契約最大15,000円相当auPAY残高還元
2022年9月16日から期間限定増額中

SoftBankからUQモバイルに乗り換えデメリット10選

SoftBankからUQモバイルに乗り換える前に、必ずデメリットを確認しておくことをおすすめします

デメリットを確認せずに乗り換えると、乗り換えた後に後悔してしまう可能性が高いです。

SoftBankからUQモバイルに乗り換えるデメリットは10個。

それぞれ解説していきます。

SoftBankの各種割引が受けられない

SoftBankの主な割引割引内容
おうち割光セット1,100円/月割引
新みんな家族割660円~1,210円/月割引
家族割引家族割グループ内
国内通話24時間無料

SoftBankからUQモバイルに乗り換えると、SoftBankで受けていた割引サービスを受けられなくなります

主な割引サービスとして、おうち割光セット(SoftBank光とセット)・新みんな家族割(家族回線数に応じて割引)・家族割引(家族間通話無料)があります。

特に、おうち割光セットを利用している方は、UQモバイルに乗り換えるタイミングで、UQモバイルの自宅セット割対象サービスへの変更がおすすめです。

具体例
  • SoftBank光(光回線)➡auひかり・ビッグローブ光など
  • SoftBank Air(ホームルーター)➡WiMAX+5G

25GB以上利用できる料金プランがない

SoftBankUQモバイル
料金プランミニフィットプラン
1GB以下:3,278円
1GB~2GB:4,378円
2GB~3GB:5,478円

メリハリ無制限
7,238円
くりこしプランS+5G(3GB)
1,628円
くりこしプランM+5G(15GB)
2,728円
くりこしプランL+5G(25GB)
3,828円

SoftBankは、メリハリ無制限(無制限)の料金プランがあるのに対して、UQモバイルは、くりこしプランL+5G(25GB)までしかありません

25GB以上利用したい方にとってはデメリットになります

自身で毎月どれくらいデータ通信を利用しているのか、My SoftBankで確認するようにしておきましょう。

25GB以下で利用している方は、UQモバイルに乗り換えることで確実に料金を下げることができます。

機種代金分割支払い途中の場合、残債の支払いが必要

SoftBankからUQモバイルに乗り換える際に、SoftBankで機種を分割支払いで購入していて支払い期間途中の場合は、残債の支払いが必要になります。

ちなみに、SoftBankの機種購入プログラム『新トクするサポート(トクするサポートプラス)』に加入している方は、UQモバイルへ乗り換え後も特典適用可能(端末返却➡残債の支払い免除)です。

※トクするサポートプラスは2021年11月17日から新トクするサポートに名称変更

Softbank光の値上げの可能性あり

おうち割光セットなしおうち割光セットあり
SoftBank光
指定オプション
光BBユニットレンタル

Wi-Fiマルチパック
+
以下のいずれか1つ
BBフォン
ホワイト光電話
光電話(N)+BBフォン
光BBユニットレンタル

Wi-Fiマルチパック
+
以下のいずれか1つ
BBフォン
ホワイト光電話
光電話(N)+BBフォン
月額料金2,115円550円

SoftBankでSoftBank光とセットでおうち割光セットを組んでいる方は要注意です。

おうち割光セットは家族最大10回線まで月額1,100円割引が受けられます。

おうち割光セットは、SoftBank光の指定オプション加入が必要です。

SoftBankからUQモバイルに乗り換えると、おうち割光セットがなくなりSoftBank光をそのまま利用するとオプション料金が上がってしまいます

UQモバイルに乗り換える場合は、UQモバイルの『自宅セット割』対象のインターネットサービスに乗り換えることも選択肢に入れて考えましょう

購入できる機種のラインナップが少なくなる

SoftBankUQモバイル
iPhoneSE(第3世代)
13ProMax・13Pro
13・13mini
SE(第3世代)
12・12mini
Google PixelGoogle Pixel 6a
Google Pixel 6 Pro
Google Pixel 6
XperiaXperia 1 Ⅳ
Xperia 10 Ⅳ
Xperia 10 Ⅳ
Xperia Ace Ⅲ
GalaxyGalaxy A53 5G
AQUOSAQUOS R7AQUOS sense6s
AQUOS wish
OPPOOPPO A55s 5GOPPO Reno7A
arrowsarrows Wearrows We
その他シンプルスマホ6
BALMUDA Phone
Redmi Note 10T
BASIO4
Redmi Note 10 JE

SoftBankからUQモバイルに乗り換えるデメリットの1つが購入できる機種のラインナップです。

SoftBankは、iPhone13シリーズやGoogle Pixelシリーズからシンプルスマホまで豊富に揃っています

一方、UQモバイルで中価格~低価格帯でラインナップの数自体も少ないです。

iPhoneを例にとると、UQモバイルではiPhone13シリーズの取り扱いはありません

利用したい機種がSoftBankにしかない場合は、SoftBankで機種購入後UQモバイルへSIMのみ乗り換えでauPAY残高の還元を受けられるのでおすすめです。

機種購入と回線契約は分けて考えましょう!

SoftBankで機種を購入したからといって、SoftBank回線を利用しないといけないわけでありません

UQモバイル乗り換え時に契約事務手数料が発生する

SoftBankからUQモバイルに乗り換える際に、UQモバイル側で新規契約事務手数料が3,300円発生します。

初月料金(日割り計算)と合わせて請求されます。

ちなみに、SoftBank側の契約解除料やMNP転出手数料は無料です。

スマホをそのまま利用する場合は、SIMロック解除が必要

  • SIM:通話や通信をおこなうためにスマホに挿入するICチップ
  • ロック:SoftBankでしか利用できないように鍵がかかっている
  • 解除:ほかの携帯電話会社でも利用できるようにしてあげる

以下の条件を満たしている方はSIMロック解除不要です。

条件
  • 2021年5月12日以降にSoftBank取扱店で購入
  • 2021年4月14日~5月11日までにSoftBank取扱店で購入(条件あり)
    • 当該機種一括払い
    • 当該機種分割購入で支払い設定が『クレジットカード』

SoftBankのSIMロック解除は『店舗』・『Web』で手続きできます。

SIMロック解除店舗Web
受付時間店舗の営業時間午前9:00~午後9:00
手数料3,300円無料

Softbankメールを継続利用する場合は、別途料金が必要

申し込み必要
申し込み
タイミング
SoftBank回線解約後31日以内
申し込み窓口My SoftBank
利用料金3,300円/年
330円/月(2022年夏頃開始予定)
支払い方法クレジットカード
口座振替は不可
保存容量200MB(5,000件)

SoftBankメール持ち運びは、申し込みが必要で、解約(他社へ乗り換え含め)の場合は解約日から31日以内が申し込みタイミングになります。

料金は年額3,300円で、2022年夏頃に月額料金プランも提供開始予定。

法人名義では利用できません

UQモバイルへ乗り換えを検討されている方で、SoftBankメールが利用できなくなるから乗り換えできなかった方に朗報です。

SoftBankメール持ち運びサービスを利用することで、UQモバイルへ乗り換え後もSoftBankメールが利用できます

ソフトバンクまとめて支払いが使えなくなる

ソフトバンクまとめて支払いauかんたん決済
対象サービス
一部抜粋
PayPay
Yahoo!ショッピング
Amazon
Hulu
メルカリ
YouTubeプレミアム
めちゃコミック
モンスターストライク
ポケモンGO
ココナラ
マツモトキヨシオンラインショップ
楽天市場
auPAYマーケット
Google Play
クックパッド
U-NEXT
FOD
TELASA
ふるさとチョイス

SoftBankからUQモバイルに乗り換えると、ソフトバンクまとめて支払いが利用できなくなります

ソフトバンクまとめて支払いは、ネットショッピングなどで利用した料金を携帯電話料金の月額料金と一緒に支払うことができるサービスです。

UQモバイルは、auかんたん決済を利用することができます

利用可能なサービスはそれぞれ異なるので、上記の表を参考にしていただければ幸いです。

Yahoo!プレミアム会員無料特典がなくなる

SoftBankユーザーについているYahoo!プレミアム会員無料特典は、UQモバイルに乗り換えると無料特典が終了

無料特典がなくなると、月額料金が508円がかかります

Yahoo!ショッピングやPayPayモールでお買い物をされる方などYahoo!プレミアムを利用している方にはデメリットになります。

SoftbankからUQモバイルに乗り換えメリット10選

SoftbankからUQモバイルに乗り換えるデメリットを10個解説してきましたが、それ以上に多くのメリットがあります。

25GB以下であれば月額料金が安くなる

Softbankで利用しているデータ通信量が25GB以下の場合は、UQモバイルに乗り換えることで大幅に料金を下げることができます

メリハリ無制限UQモバイル
くりこしプランL+5G
おトク額
データ通信量無制限25GB
月額料金7,238円3,828円25GBで足りる場合
3,410円/月
年間料金86,856円45,936円25GBで足りる場合
40,920円/年

Softbankでメリハリ無制限プランを利用中で、データ通信量が25GB以下の場合は、UQモバイルに乗り換えることで年間40,920円料金を下げることができます

ミニフィットプラン+UQモバイル
くりこしプランS+5G
おトク額
データ通信量1GB以下
1GB~2GB
2GB~3GB
3GB
月額料金3,278円(1GB以下)
4,378円(1GB~2GB)
5,478円(2GB~3GB)
1,628円(3GB)1,650円/月

3,850円/月
年間料金39,336円(1GB以下)
52,536円(1GB~2GB)
65,736円(2GB~3GB)
19,536円(3GB)19,800円/年

46,200円/年

Softbankでミニフィットプラン(3GB以下)を利用している方が、UQモバイルへ乗り換えることで年間19,800円~46,200円料金を下げることができます

自宅セット割

くりこしプランS+5GくりこしプランM+5GくりこしプランL+5G
データ容量3GB15GB25GB
月額料金1,628円2,728円3,828円
自宅セット割-638円-638円-858円
割引後料金990円2,090円2,970円

UQモバイルは、自宅セット割を組むことで家族最大10回線まで全員割引を受けることが可能です。

自宅セット割には、『インターネットコース』と『でんきコース』があります。

インターネット回線の変更が難しい方は、でんきとセットで組むことで自宅セット割を受けられます

『インターネットコース』・『でんきコース』ともに割引金額は変わりませんので、ご安心ください。

インターネット回線の変更が難しい具体例としては、賃貸住宅にお住まいで管理会社からインターネット回線を指定されている場合や、そもそも管理会社が提供するインターネット回線しか利用できない場合などがあります。

割引対象のサービスは以下の通りです。

インターネットコース
  • auひかり/auひかりちゅら(ネット+電話)
  • ケーブルテレビ(ネット+電話・一部のケーブル局はテレビ+電話も可)
  • auホームルーター5G/スマートポート
  • WiMAX+5G
    • UQ WiMAX
    • YAMADA air mobile WiMAX
    • BIC WiMAX
    • ワイヤレスゲート WiMAX+5G
    • エディオン
    • PC DEPOT
    • KT WiMAX
    • とくとくBB GMO WiMAX
    • Broad WiMAX
    • カシモWiMAX
    • Vision WiMAX
    • EX WiMAX
    • hi-ho
    • 泉佐野WiMAX
    • J:COM
    • DISM WiMAX
    • ビッグローブWiMAX(2022年2月から対象)
  • その他対象インターネットサービス
    • ビッグローブ光
    • ソネット光
    • コミュファ光(東海地方)
    • eo光(関西地方)
    • MEGA EGG(中国地方)
    • Pikara(四国地方)
    • BBIQ(九州地方)
    • ひかりゆいまーる(沖縄地方)
    • ひかりJ
    • エディオンネット
    • @Tcomヒカリ
    • @nifty光

でんきコース

データ増量オプションが1年間無料

くりこしプランS+5GくりこしプランM+5GくりこしプランL+5G
基本データ容量3GB15GB25GB
データ増量分+2GB+5GB+5GB
合計データ容量5GB20GB30GB
増量オプションⅡ
月額料金
550円➡最大13ヶ月無料550円➡最大13ヶ月無料550円➡最大13ヶ月無料

UQモバイルでは、データ通信量を増やすことができる『増量オプションⅡ』が1年間無料で利用できます。

月額料金が550円かかりますが、キャンペーン適用で13ヶ月間無料で利用できデータ通信量を増やすことができます。

14ヶ月目以降は、550円の課金がスタートします。

データ増量オプションの加入でキャンペーンの還元額が高くなるので加入して必要なければ、1年間以内にオプション解約することをおすすめします。

データくりこし

申し込み不要
データくりこし上限くりこしプランS+5G➡3GB
くりこしプランM+5G➡15GB
くりこしプランL+5G➡25GB
くりこしたデータ有効期限翌月末まで
データ消費順番データくりこし分

基本データ容量(プランの容量)

追加購入した分
データくりこし確認方法UQ mobileポータルアプリ

UQモバイルの特徴として『データくりこし』があります。

契約している料金プランの通信量が余った場合は翌月までくりこし可能

通信量が余っても有効活用できる点が好評です。

節約モード

節約モードに切り替えることでデータ消費がゼロになります。

節約モードにすると、くりこしプランS+5Gで最大300Kbps、くりこしプランM/L+5Gで最大1Mbpsの速度になります。

くりこしプランM/L+5Gプランであれば節約モードにしても動画視聴も可能

2022年9月1日更新最大300Kbps最大1Mbps
LINE
(テキスト)
LINE
(音声通話)
LINE
(ビデオ通話)
Twitter
画像読み込みに数秒~数十秒がかかる
Yahoo!ニュース
画像読み込みに数秒がかかる
Yahoo!カーナビ
若干遅延気味
アプリインストール
(App Store)
(Google Play)

(インストールはできるが、相当時間がかかる)

(通常より時間がかかる)
QRコード決済
PayPay
auPAY
など

(アプリ起動から数秒かかる)
Instagram
Googleマップ✖~△
(読み込みまで数十秒かかる)
Web閲覧
(画像読み込みに時間がかかる)
音楽ストリーミング
VOD系サービス
Hulu

Paravi
FODなど
YouTube
(低画質:240p)

(画質は荒い)
YouTube
(標準画質:360p)

(再生・停止を繰り返す)
YouTube
(高画質:480p)

節約モードをうまく使えば通信量の節約をしつつデータくりこしを使うことで通信量の有効活用ができます

かけ放題オプションが豊富&60歳以上かけ放題がおトク

くりこしプランS+5GくりこしプランM+5GくりこしプランL+5G
データ通信量3GB15GB25GB
月額料金1,628円2,728円3,828円
自宅セット割638円割引638円割引858円割引
60歳以上
通話かけ放題
1,870円➡770円1,870円➡770円1,870円➡770円
合計月額料金
(自宅セット割ありの場合)
2,398円
(1,760円)
3,498円
(2,860円)
4,598円
(3,740円)

UQモバイルに60歳以上の方が利用できる「60歳以上通話割」があります。

通常1,870円(税込)かかる24時間通話し放題が770円(税込)ですっと利用できます

適用条件
  • 申し込み時点で契約者または利用者が60歳以上
  • くりこしプランで「かけ放題(24時間いつでも)」に加入
国内通話料金22円/30秒
通話パック60550円
通話料金最大2,640円を減額(月60分)
10分かけ放題
1回あたり
10分以内まで何度でも
770円
10分超過後22円/30秒
かけ放題
(24時間いつでも)
1,870円
60歳以上➡770円

UQモバイルは3つのかけ放題オプションから選択可能。

通話の利用用途に応じて自分に合ったかけ放題オプションを選ぶことができます。

サポート体制が充実

SoftbankUQモバイル
サポート拠点Softbankショップauショップ
au style
UQスポット
コールセンター

2022年9月現在、UQモバイルは全国約2,300店舗やコールセンターでサポートを受けることができます。

以前は、SoftBankのほうがサポート体制が充実していましたが、2021年夏ごろからUQモバイルのサポート体制が拡充されました。

以前は、UQスポットのみでサポートでしたが、auショップやau styleがサポート拠点として追加。

サポート体制が拡充されたことにより、安心して利用することができます

【公式オンラインショップ限定】乗り換えと同時に機種購入で最大22,000円割引

端末+回線セット購入
特典最大22,000円割引
※増量オプションⅡ加入有無で割引金額変わる
対象者他社からMNP
通常新規契約
適用条件公式オンラインショップから対象機種購入
くりこしプラン+5G契約
※増量オプションⅡ加入で増額
対象外auから乗り換え
povo1.0から乗り換え

SoftBankからUQモバイルに乗り換えるタイミングで機種も一緒に購入する場合は、最大22,000円の割引が受けられるので活用しましょう。

注意点としては、増量オプションⅡ(1年間無料)に加入しないと割引金額が下がります

増量オプションⅡは1年間無料なので、1年間無料期間が終了する前に、不要な場合はオプション解約手続きを行いましょう

オプション解約手続きは、my UQ mobileやコールセンターで行うことができます

【公式オンラインショップ限定】スマホ本体そのまま乗り換えで最大15,000円相当auPAY残高還元

キャンペーン詳細
キャンペーン期間2021年4月1日~
特典MNP(他社から乗り換え)
au・povo1.0・povo2.0から除く

くりこしプラン+5G(S/M/L)
増量オプション加入
SIMカード:10,000円相当auPAY残高還元
eSIM:15,000円相当auPAY残高還元
増量オプション未加入
SIMカード:6,000円相当
auPAY残高還元
eSIM:9,000円相当auPAY残高還元

通常新規契約(電話番号新たに発行)
くりこしプランS/M/L+5G

増量オプション加入
SIMカード:3,000円相当
auPAY残高還元
eSIM:8,000円相当auPAY残高還元
増量オプション未加入
SIMカード:3,000円相当auPAY残高還元
eSIM:6,000円相当auPAY残高還元
特典付与条件公式オンラインショップから
SIMのみ』申し込み
くりこしプラン+5G契約
※eSIM契約で増額
※増量オプションⅡ加入で増額
対象者MNP契約者
他社から乗り換えでSIMのみ契約
au・povo1.0・povo2.0
から乗り換えは対象外
通常新規契約者
新しい電話番号で契約
特典付与時期回線切り替えの翌月下旬以降

SoftBankで利用している機種をそのままでUQモバイルに乗り換える(SIMのみ契約)場合は、auPAY残高の還元が受けられます。

増量オプションⅡ(1年間無料)に加入することで還元金額は上がるので加入がおすすめです。

不要であれば、1年間無料期間が終了する前に、オプション解約手続きを行いましょう。

SIMのみ契約最大15,000円相当auPAY残高還元
2022年9月16日から期間限定増額中

auPAYカードの年会費1,375円が無料:貯まったPontaポイントが大活躍

auPAYカード
年会費1,375円➡UQモバイルユーザーは無料
還元されるポイントPontaポイント
還元率1.0%(100円につき1Pontaポイント)
Pontaポイント活用例auPAYカードの支払いに充当
auPAY残高へチャージ
JALマイルに交換(1Pontaポイント➡JALマイレージバンク0.5マイル)

SoftBank利用中でauPAYカード(クレジットカード)を利用している方は、UQモバイルに乗り換えることで年会費1,375円が無料です。

auPAYカードは、Pontaポイントが貯まり、貯まったポイントはauPAYカードの支払い充当やJALマイルに交換ができます

通常還元率1.0%(100円につき1Pontaポイント)でスマホ決済のauPAY残高へのチャージもポイント付与対象。

スマホ決済のauPAYで決済することで、0.5%還元(200円につき1ポイント)を受けれるので、auPAYカードからauPAYへチャージして決済で合計1.5%還元を受けられます

一部地域では、国民健康保険税や住民税の支払い(ネット支払い)に対応しており、税金の支払いでもPontaポイントの還元が受けることが可能

auPAY活用法
  • auPAYカード(クレジットカード)➡auPAY残高:1.0%
  • auPAY残高で決済:0.5%
  • 貯まったポイント➡auPAYカードの支払い充当:充当分も1.0%還元
  • JALマイルに交換(具体例)
    • 東京ー大阪:片道6,000マイル(12,000Pontaポイント)
    • 東京ー福岡:片道7,500マイル(15,000Pontaポイント)

例えば、東京から大阪で片道6,000マイル(Pontaポイント12,000ポイント)、東京から福岡で7,500マイル(15,000ポイント)で特典航空券と交換ができます。

ちなみに、国際線はビジネスクラスやファーストクラスを利用することで1マイルあたりの価値が高まります

飛行機に乗ることが少ない方は、auPAYカード(クレジットカード)の支払いに充当がおすすめです。

利用金額が50,000円で10,000Pontaポイントを充当して実際の支払い金額が40,000円でも、利用金額の50,000円に対する1.0%のPontaポイントの還元を受けることができます。

SoftbankからUQモバイル乗り換えがおすすめな人

こんな人におすすめ
  • 料金だけでなく通信品質やサポート体制も重視
  • 自宅セット割が適用できる(以下の何れかのサービスで適用可能)
    • auひかり
    • ケーブルテレビ
    • BIGLOBE光やSo-net光などの光コラボ
    • WiMAX+5Gルーター
    • auでんきorUQでんき
  • au・Ponta経済圏のユーザーまたはこれから使いたい
    • auPAYカード(クレジットカード)
    • auPAY(QRコード決済)
    • auPAYマーケット
    • auでんき
    • auじぶん銀行
    • auカブコム証券
  • 60歳以上でかけ放題を利用したい
  • 余ったデータ通信量を無駄なく利用したい

UQモバイルは、料金の安さだけでなく通信品質やサポート体制も重視したい方におすすめです。

料金面では、『自宅セット割』を組むことでさらに料金を下げることができます

自宅セット割は、auひかり・ケーブルテレビ・対象の光コラボレーション(ビッグローブ光やSo-net光など)・WiMAX+5Gのルーターやauでんきの何れか利用していれば割引が受けられます。

UQモバイルはPontaポイントを貯めたり利用している方やJALを利用する方にも、おすすめです。

auPAYカード(クレジットカード)・auPAY(スマホ決済)・auPAYマーケット(ネットショップ)・auでんき・auじぶん銀行・auカブコム証券を利用することでPontaポイントを貯めることができます。

貯まったPontaポイントをJALマイルに交換することができ、特典航空券を利用して飛行機に乗ることもできます

その他、60歳以上で通話をたくさんする方や余ったデータ通信量を繰り越したい方にもおすすめできるサービスです。

SIMのみ契約最大15,000円相当auPAY残高還元
2022年9月16日から期間限定増額中

SoftbankからUQモバイルに乗り換えるタイミング

結論
乗り換えタイミング
  • Softbank請求月の月末から1週間前
  • Softbankの請求月は3パターン
  • UQモバイルの初月の料金は日割り計算

月末の1週間前ってどういうこと?

なんで1週間前なの?

業界歴9年のプロ
業界歴9年のプロ

UQモバイル公式オンラインショップから申し込みしてから商品が発送・到着・回線切り替え・まで数日かかるから余裕を持って1週間前なんだよね。

ギリギリに申し込みすると、翌請求月のソフトバンクの料金がさらに1ヶ月分満額かかることになるんだ。

SoftBankの請求月は3パターン

請求月3パターン(例)
  • 10日締め:8月11日~9月10日
  • 20日締め:8月21日~9月20日
  • 月末締め:9月1日~9月30日

締め日によって、月末の日が異なってきます。

SoftBankからUQモバイルに乗り換えるベストタイミングを知る上でこの請求月3パターンを理解する必要があります

  • 10日締めの場合→11日から1ヶ月がスタート
  • 20日締めの場合→21日から1ヶ月がスタート
  • 月末締めの場合→1日から1ヶ月がスタート
自分の請求月を知る方法
  • My SoftBankで確認
  • 口座振替
    • 10日締め→6日引き落とし
    • 20日締め→16日引き落とし
    • 月末締め→26日引き落とし

UQモバイルの初月の料金は日割り計算

UQモバイル初月の料金は日割り計算になります。

SoftBankの請求月の締め日に合わせて、乗り換えましょう。

UQモバイルのほうは日割りになるのでいつ契約をしても損をすることはありません。

SoftBank→UQモバイルへ乗り換えする月の利用料金
  • SoftBank→1ヶ月分満額
  • UQモバイル→契約した日から月末までの日割り計算

乗り換え手順

機種(スマホ本体)を新たに購入するのかそのまま使うのか決める

スマホ本体はどうする?
  • SoftBankで利用している機種をそのまま使う
  • UQモバイルに乗り換えるタイミングで回線契約と一緒に新たに購入

SoftBankからUQモバイルに乗り換える最初のステップは、UQモバイルで利用する機種(スマホ本体)をどうするのかを決めることです。

SoftBankで利用している機種をUQモバイルで使う場合は、UQモバイルで使えるか確認が必要です。

iPhoneは、6s以降の機種はUQモバイルで利用可能です。(6s~12シリーズまではSIMロック解除必要・13シリーズ以降は不要)

Androidは機種ごとに異なります。

以下の表に記載がないSoftBankのAndroidはUQモバイルのプラチナバンド(主に郊外や地下などで利用する周波数帯)に非対応またはUQモバイルで動作確認が取れていないため利用はおすすめしません

動作確認対応エリアAndroidバージョンSIMロック解除
BALMUDA Phone 11不要
Google Pixel 6 Pro
Google Pixel 6
12不要
Google Pixel 5a (5G)12不要
Google Pixel 512必要
Google Pixel 4a (5G)
Google Pixel 4a
Google Pixel 4 XL
Google Pixel 4
12必要
Google Pixel 3a XL
Google Pixel 3a
Google Pixel 3a
Google Pixel 3 XL
Google Pixel 3
12必要
Mate 20 Pro10必要
HUAWEI Mate 10 Pro 9.0必要
razr 5G 11必要
OPPO A55s 5G
OPPO Reno3 5G
11必要
AQUOS R7
AQUOS zero6
シンプルスマホ6
LEITZ PHONE 1
AQUOS R6 
12不要
AQUOS sense5G
AQUOS zero5G basic
AQUOS R5G
12必要
シンプルスマホ510必要
AQUOS zero2
AQUOS sense3 plus
AQUOS R3
AQUOS R2 compact
11必要
AQUOS R210必要
Redmi Note 10T11不要
Redmi Note 9T11必要

SoftBankからUQモバイルに乗り換えるタイミングで回線契約と機種をセットで購入する場合は、申し込みの際に希望する機種を選んで申し込みしましょう。

SIMロック解除(機種をそのまま利用する場合のみ)

SIMロック解除店舗Web
受付時間店舗の営業時間午前9:00~午後9:00
手数料3,300円無料

SoftBankで購入したスマホはSoftBank以外では利用できないようにロックされているので、UQモバイルでも利用できるようにSIMロック解除の手続きが必要になります。

SIMロック解除は、店舗とWebで手続き可能です。

自力で手続き可能な方は手数料無料のWeb手続きがおすすめです。

サポートが必要な方は、SoftBankショップで手続きができますが、手数料が3,300円かかる点を覚えておきましょう。

ただし、以下の条件を満たしている方はSIMロック解除不要です。

条件
  • 2021年5月12日以降にSoftBank取扱店で購入
  • 2021年4月14日~5月11日までにSoftBank取扱店で購入(条件あり)
    • 当該機種一括払い
    • 当該機種分割購入で支払い設定が『クレジットカード

SoftBankからMNP予約番号を取得

SoftBank予約番号窓口
  • SoftBank携帯電話から:*5533 
  • フリーコール:0800-100-5533
  • 午前9時から午後8時まで

MNP予約番号は、SoftBankからUQモバイルに携帯電話番号をそのまま乗り換えるために必要になる10桁の番号です。

SoftBankショップでも発行手続きができますが、事前に来店予約が必要で待ち時間や手続き時間が長いのでコールセンターで取得するのがおすすめです。

気になることがあれば、コールセンターのオペレーターの方に質問することもできます。

公式サイトから申し込む(限定特典あり)

準備するもの
  • MNP予約番号(STEP3で取得)
  • 本人確認書類※1
  • 契約者本人名義のクレジットカードまたは銀行口座
  • Softbankメール以外のメールアドレス連絡先で入力が必要

申し込み前に上記の4点を準備しましょう。

MNP予約番号は、STEP3で取得した10桁の番号です。

本人確認書類の詳細は以下にまとめていますので、所有している本人確認書類を準備しておきましょう。

毎月の料金の支払いを設定するために、契約者本人名義のクレジットカードまたは銀行口座を用意します。

メールアドレスは、SoftBankメール以外のメールアドレス(Gmailなど)を用意しましょう。

SoftBankkメールがダメな理由は、SoftbankからUQモバイルに乗り換えたタイミングでSoftbankメールは利用できなくなり、UQモバイルの申し込み確認メールの通知などを受けることができないからです。

※1本人確認書類
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 日本国パスポート
  • 身体障がい者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障がい者手帳
  • 住民基本台帳カード(写真付きのみ)※2
  • 健康保険証※
  • 外国籍 在留カード+外国パスポート

※2:住民基本台帳カードや健康保険証の場合は、口座振替を選択の場合は発行から3カ月以内の補助書類が必要になります。

※2補助書類
  • 公共料金領収証(発行日から3カ月以内で現住所の記載あり)
    • 本人確認書類の住所と同じ→記載されてる苗字が契約者と同じであること
    • 本人確認書類の住所と違う→領収書宛名本人に限る
  • 住民票(発行日から3カ月以内で現住所・本人の氏名記載あり)
    • 本人確認書類が住民基本台帳カード→住民票は補助書類として利用不可
  • 届出避難証明書(発行日から3カ月以内で現住所・本人の氏名記載あり)
  • 行政機関発行の領収証(発行日から3カ月以内で現住所・本人の氏名記載あり)
SIMのみ契約最大15,000円相当auPAY残高還元
2022年9月16日から期間限定増額中

開通手続き

回線切り替え開通手順5ステップ
  • STEP1
    商品到着
  • STEP2
    myUQmobileにログイン
  • STEP3
    各種お手続き』→『お申し込み状況一覧
  • STEP4
    回線切替
  • STEP5
    実行する』(切り替えまで30分

回線切り替え受付時間は9:30~20:30となっています。

万が一回線切り替えでエラーが出た場合は、『UQモバイルお客様センター(0120-929-828)』へ問い合わせしましょう。

SIMのみ契約の方は手持ちのスマホで使えるように設定(APN設定)する必要があります。

APN設定

iPhone6s・7・8シリーズ/SE(第1世代・第2世代)
  1. iPhoneの電源を切る
  2. UQモバイルのSIMカードをiPhoneに挿入
  3. 画面の指示に従い、Apple IDとパスワードを入力

iPhone12・11・Xs・XRシリーズ
  1. iPhoneの電源を切る
  2. UQモバイルのSIMカードをiPhoneに挿入
  3. Wi-Fiに接続
  4. 画面の指示に従い、Apple IDとパスワードを入力
  5. こちらからプロファイルをインストール(Safariからアクセス)
  6. 『許可』をタップ
  7. 『閉じる』をタップ
  8. 『設定』→『一般』→『プロファイル』
  9. 『インストール』をタップ
  10. パスコードを入力(設定している場合)
  11. 『警告』画面が出るので『インストール』をタップ
  12. もう一度『インストール』タップで完了
Android
  1. SIMカードを本体に入れる
  2. 『設定』をタップ
  3. 設定内の検索窓🔍に『モバイルネットワーク』と入力し検索
  4. モバイルネットワーク→アクセスポイント名またはAPNを選択
    1. Galaxy:モバイルネットワーク→APN
    2. AQUOS:モバイルネットワーク→詳細設定→アクセスポイント名
    3. Xperia:モバイルネットワーク→詳細設定→アクセスポイント名
  5. 『+』や『追加』や『新しいAPN』などをタップ(機種により異なる)
    1. Galaxy:追加
    2. AQUOS:『+』
    3. Xperia:『+』
  6. アクセスポイントの編集(機種によって異なる)
    1. 動作確認端末一覧で確認しAPN手順書で確認
  7. 編集が終わったら、右上の『点3つ』のところをタップし『保存』で完了

【キャンペーン情報】SoftbankからUQモバイルにおトクに乗り換え

SIMのみ契約:最大15,000円相当auPAY残高還元

キャンペーン詳細
キャンペーン期間2021年4月1日~
特典MNP(他社から乗り換え)
au・povo1.0・povo2.0から除く

くりこしプラン+5G(S/M/L)
増量オプション加入
SIMカード:10,000円相当auPAY残高還元
eSIM:15,000円相当auPAY残高還元
増量オプション未加入
SIMカード:6,000円相当
auPAY残高還元
eSIM:9,000円相当auPAY残高還元

通常新規契約(電話番号新たに発行)
くりこしプランS/M/L+5G

増量オプション加入
SIMカード:3,000円相当
auPAY残高還元
eSIM:8,000円相当auPAY残高還元
増量オプション未加入
SIMカード:3,000円相当auPAY残高還元
eSIM:6,000円相当auPAY残高還元
特典付与条件公式オンラインショップから
SIMのみ』申し込み
くりこしプラン+5G契約
※eSIM契約で増額
※増量オプションⅡ加入で増額
対象者MNP契約者
他社から乗り換えでSIMのみ契約
au・povo1.0・povo2.0
から乗り換えは対象外
通常新規契約者
新しい電話番号で契約
特典付与時期回線切り替えの翌月下旬以降
【要注意】キャッシュバック対象外
  • 法人契約
  • 申し込みキャンセル
  • キャッシュバック時点でauPAY残高が有効でない
  • au・povo1.0・povo2.0からの乗り換え
  • 公式オンラインショップ以外からの申し込み
SIMのみ契約最大15,000円相当auPAY残高還元
2022年9月16日から期間限定増額中

回線契約と同時に機種購入:最大22,000円割引

キャンペーン期間2021年12 月24日~
対象契約種別他社から乗り換え(povo2.0含む)
通常新規(新たに電話番号発行)
au/povo1.0から乗り換え
機種変更
対象料金プランくりこしプラン+5G(S/M/L)
特典最大22,000円割引
※増量オプションⅡ加入有無で変わる
適用条件UQモバイル公式オンラインショップで対象機種購入
最大22,000円割引!iPhoneも対象

まとめ

今回は、SoftBankからUQモバイルに乗り換えるメリット・デメリットや乗り換え手順からキャンペーン情報まで解説してきました。

メリット25GB以下であれば月額料金が安くなる
自宅セット割
データ増量オプションが1年間無料
データくりこし
節約モード
かけ放題オプションが豊富&60歳以上かけ放題がおトク
サポート体制が充実
乗り換えと同時に機種購入で最大22,000円割引
スマホ本体そのまま乗り換えで最大15,000円相当auPAY残高還元
auPAYカードの年会費1,375円が無料:貯まったPontaポイントが大活躍
デメリットSoftBankの各種割引が受けられない
25GB以上利用できる料金プランがない
機種代金分割支払い途中の場合、残債の支払いが必要
SoftBank光の値上げの可能性あり
購入できる機種のラインナップが少なくなる
UQモバイル乗り換え時に契約事務手数料が発生する
スマホをそのまま利用する場合は、SIMロック解除が必要
SoftBankメールを継続利用する場合は、別途料金が必要
ソフトバンクまとめて支払いが使えなくなる
Yahoo!プレミアム会員無料特典がなくなる
乗り換え手順STEP1
機種を新たに購入するのかそのまま使うのか決める
STEP2
SIMロック解除(機種をそのまま利用する場合のみ)
STEP3
SoftBankからMNP予約番号を取得

STEP4
公式サイトから申し込む(限定特典あり)
STEP5
開通手続き
STEP6
APN設定
キャンペーン情報SIMのみ契約:最大13,000円相当auPAY残高還元
契約と同時に機種購入:最大22,000円割引

SoftBankからUQモバイルへの乗り換えを検討している方は、今回の記事を参考にしていただければ幸いです。

SIMのみ契約最大15,000円相当auPAY残高還元
2022年9月16日から期間限定増額中

当サイトでは携帯料金の見直しに関する情報を発信していますので、携帯料金を見直したい方はぜひご覧ください

コメント

【携帯電話料金を安くしたい方必見!】後悔しない選び方を業界歴9年のプロが解説
【2022年9月版】格安SIMおすすめ7選!
【携帯電話料金を安くしたい方必見!】後悔しない選び方を業界歴9年のプロが解説
【2022年9月版】格安SIMおすすめ7選!
タイトルとURLをコピーしました