【後悔しない】ワイモバイルからUQモバイルへ乗り換えデメリット10選!手順も解説

スポンサーリンク

ワイモバイルからUQモバイルに乗り換えようと思っているんだけど、メリットやデメリットを知りたいな

業界歴9年のプロ
業界歴9年のプロ

ワイモバイルからUQモバイルに乗り換えると、月額料金が安くなるメリットがある一方、Yahoo!プレミアム会員無料特典が受けられないなどデメリットもあるよ。

ワイモバイルからUQモバイルに乗り換えを検討している方必見です。

UQモバイルはKDDIが提供するブランドでauと同等の高い通信品質と3GB990円/月から利用できる人気のサービスです。

  • ワイモバイルからUQモバイルに乗り換える場合のメリットやデメリットを知りたい
  • ワイモバイルからUQモバイルに乗り換えたほうがいいのはどんな人?
  • 携帯電話料金を安くしたいけど、後悔や失敗はしたくない

このようなお悩みをお持ちの方、ご安心ください。

今回は、通信キャリア業界歴9年のプロである私が、ワイモバイルからUQモバイルに乗り換えるメリット・デメリットや乗り換え手順からキャンペーン情報まで解説します。

この記事を読むことで、後悔や失敗することなくワイモバイルからUQモバイルに乗り換えることができるようになります

ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

表示価格は特に断りがない限り税込です。

SIMのみ契約最大13,000円相当auPAY残高還元
  1. UQモバイル基本情報
  2. ワイモバイルからUQモバイルに乗り換えデメリット10選
    1. おうち割光セット(A)や家族割(2回線目以降)がなくなる
    2. データシェアが使えなくなる
    3. 留守番電話が有料になる
    4. Yahoo!プレミアム会員無料特典がなくなる
    5. Yahoo!ショッピングの還元率が下がる
    6. ワイモバイルのメールを継続利用する場合は、持ち運びサービスに申し込みが必要
    7. ワイモバイルの機種残債がある場合、支払いが必要
    8. ワイモバイルのAndroidを利用する場合は、周波数帯に注意
    9. ワイモバイルまとめて支払いが使えなくなる(PayPayユーザーは要注意)
    10. 契約事務手数料がかかる
  3. ワイモバイルからUQモバイルに乗り換えメリット9選
    1. 月額料金が安くなる
    2. 自宅セット割
    3. データくりこし・データ増量オプションが7ヶ月無料
    4. 節約モード
    5. かけ放題オプションが豊富・60歳以上割引あり(2022年12月1日以降申し込み分から変更あり)
    6. auでんきとセットにすることで最大5%Pontaポイント還元
    7. コールセンターオペレーター対応通話料金が無料
    8. 【公式オンラインショップ限定】SIMのみ乗り換えで最大13,000円相当auPAY残高還元
    9. 【公式オンラインショップ限定】乗り換えと同時に機種購入で最大22,000円割引
  4. ワイモバイルからUQモバイルに乗り換えがおすすめな人
  5. ワイモバイルからUQモバイルへ乗り換えおすすめのタイミングは月末開通
  6. ワイモバイルからUQモバイルへ乗り換え手順
    1. 機種(スマホ本体)を新たに購入するのかそのまま使うのか決める
    2. SIMロック解除(機種をそのまま利用する場合のみ)
    3. ワイモバイルからMNP予約番号を取得
    4. 公式サイトから申し込む(限定特典あり)
    5. 開通手続き
    6. APN設定
  7. 【キャンペーン情報】ワイモバイルからUQモバイルにおトクに乗り換え
    1. SIMのみ契約:最大13,000円相当auPAY残高還元
    2. 回線契約と同時に機種購入:最大22,000円割引
  8. まとめ

UQモバイル基本情報

使用回線au回線
対応周波数帯
(Band)
4G
Band1(必須)Band11
Band18(必須)Band26(必須)Band28
5G
n77・n78・n257
料金3GB
くりこしプランS+5G:1,628円(割引適用時:990円
15GB
くりこしプランM+5G:2,728円(割引適用時:2,090円
25GB
くりこしプランL+5G:3,828円(割引適用時:2,970円
国内通話22円/30秒
通話パック60:550円/月
1回あたり10分以内無料:770円/月(2022年11月30日申し込み分まで)
➡2022年12月1日申し込み分から880円/月(※電話きほんパック内包)
通話かけ放題:1,870円/月(2022年11月30日申し込み分まで)
➡2022年12月1日申し込み分から1,980円/月(※電話きほんパック内包)
60歳以上は永年1,100円割引

※電話きほんパック
お留守番サービスEX・三者通話サービス
迷惑電話撃退サービス・割込通話サービス
割引サービス自宅セット割
くりこしプランS/M+5G
638円割引/月
くりこしプランL+5G
858円割引/月
特徴節約モードあり
データくりこしOK
データ増量オプションあり
契約事務手数料3,300円
キャンペーンUQ親子応援割(2022年11月18日~)

SIMのみ契約
最大13,000円相当auPAY残高還元
機種購入
最大22,000円割引
サポート体制全国約2,300店舗
コールセンター
チャット

UQモバイルは、KDDIが提供するブランドの1つです。

auと同等の通信品質でありながら、3GB990円から利用でき、全国約2,300店舗やコールセンターでのサポートとバランスが取れたサービス

UQモバイルには、『自宅セット割』があります。

自宅のインターネット回線やでんきとセットにすることで家族最大10回線まで割引を受けることが可能。

その他、余ったデータ通信量を翌月末まで繰り越すことができる『データくりこし』や、通信モードの切り替え(低速モード時はデータ消費ゼロ)『節約モード』があり利便性も高いです。

UQモバイルは、キャンペーンも豊富です。

ドコモからUQモバイルに乗り換える場合、新たに機種をセット購入で最大22,000円割引、ドコモで利用していた機種をそのまま利用し乗り換え(SIMのみ契約)でauPAY残高が還元されます。

SIMのみ契約最大13,000円相当auPAY残高還元

ワイモバイルからUQモバイルに乗り換えデメリット10選

おうち割光セット(A)や家族割(2回線目以降)がなくなる

ワイモバイルには、月額料金が安くなる割引サービスで『おうち割光セット(A)』と『家族割(2回線目以降)』がありますが、UQモバイルに乗り換えると使えなくなります

おうち割光セット(A)詳細
割引額/月1,188円割引/回線
適用条件SoftBank光を契約
指定オプション加入必要(550円~)
または
SoftBank Airを契約
割引期間永年割引
割引範囲同居していない家族も割引可能
割引回線数最大10回線
割引開始申し込みの翌月

おうち割光セット(A)は、自宅のインターネット回線とセットにすることで受けられる割引です。

具体的には、SoftBank光と工事不要でコンセントにさすだけで利用できるSoftBank Air。

SoftBank光利用中の場合は、SoftBank光の指定されたオプションの料金が上がる点も要注意です。

指定オプション(550円~)
  • 光BBユニットレンタル(513円)
  • Wi-Fiマルチパック(1,089円)
  • 電話サービス(550円~)

ワイモバイルの携帯電話回線を利用していて、おうち割光セット(A)を組んでいる間は、指定オプションが550円に割引されていますが、UQモバイルに乗り換えると、割引が外れて2,115円になるので要注意です。

家族割詳細
割引額1,188円割引/回線
2回線目以降
適用条件家族2人以上で申し込み
家族割を組む
割引期間永年割引
割引範囲同居していない家族も割引可能
割引回線数最大9回線

おうち割光セット(A)が適用できない方で、家族と一緒にワイモバイルを利用している方は家族割を適用している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

家族割は、家族と利用することで2回線目以降に割引が入ります。

UQモバイルに乗り換えると、おうち割光セット(A)同様、家族割もなくなります。

データシェアが使えなくなる

親回線料金プラン子回線料金
シンプルプランS1,078円
シンプルプランM539円
シンプルプランL539円

ワイモバイルでデータシェアを利用している方は、UQモバイルに乗り換えると使えなくなります

例えば、家族でデータシェアを利用していて、親回線だけ乗り換えるとシェアしている子回線は即解約になるので要注意です。

ワイモバイルのデータシェアサービスは、親が子供に安く持たせることができたり、スマートフォンとタブレットをシェアできたりと人気のサービスです。

音声発信はできませんが、SMSが利用できるのでLINEの利用が可能で、家族間で連絡を取るのに利用している方も多いです。

留守番電話が有料になる

ワイモバイルUQモバイル
留守番電話
無料
3分×30件
72時間保存

330円/月
3分×99件
1週間保存
割込通話
220円/月

220円/月
グループ通話
220円/月
6人まで

220円/月
3人まで
着信転送
無料

無料

ワイモバイルからUQモバイルに乗り換えると、留守番電話が有料になります

保存件数や保存期間は、異なりますが月額料金がかかる点がデメリットです。

普段から留守番電話を利用する方は、乗り換え前に確認しておきましょう。

Yahoo!プレミアム会員無料特典がなくなる

ワイモバイルUQモバイル
Yahoo!プレミアム会員
無料特典

無料

508円/月

ワイモバイルユーザーは、Yahoo!プレミアム会員が無料で利用できますが、ahamoに乗り換えると、無料特典がなくなり、月額料金508円が必要になります

Yahoo!プレミアム会員は、Yahoo!ショッピング・LOHACOでお買い物する際に2%還元、Yahoo!トラベルで5%還元、雑誌110種類以上読み放題や、国内バスケットボールが見放題など様々な特典を受けられるサービスです。

Yahoo!プレミアム会員向けのサービスを普段から利用している方は、Yahoo!プレミアム会員費が無料ではなくなる点を覚えておきましょう。

Yahoo!ショッピングの還元率が下がる

ワイモバイルUQモバイル
Yahoo!プレミアム会員無料
+2%
508円/月
+2%
Enjoyパック550円/月
+5%
対象外
毎日5%貯まる+5%+5%

ワイモバイルからUQモバイルに乗り換えると、Yahoo!ショッピングの還元率が下がります

ワイモバイルユーザーは、Yahoo!プレミアム会員無料特典がありますが、UQモバイルでYahoo!プレミアム会員を継続利用する場合は、月額料金が508円かかります。

また、ワイモバイルユーザのみ加入できるEnjoyパック(月額料金550円)の+5%もUQモバイルユーザーは対象外。

普段からYahoo!ショッピングでお買い物している方は、還元率が下がるので確認しておきましょう。

ワイモバイルのメールを継続利用する場合は、持ち運びサービスに申し込みが必要

申し込み必要
申し込み
タイミング
ワイモバイル回線解約後31日以内
申し込み窓口My SoftBank
利用料金3,300円/年
330円/月
支払い方法クレジットカード
保存容量200MB(5,000件)

ワイモバイルからUQモバイルに乗り換えると、ワイモバイルのメールアドレスが使えなくなります

ただし、『メール持ち運びサービス』にUQモバイルに乗り換え後31日以内に申し込みすることで、月額料金330円で引き続きワイモバイルのメールアドレスを利用することが可能です。

申し込み期限を過ぎると、ワイモバイルのメールアドレスは利用できなくなるので、引き続き利用したい方は、UQモバイルに乗り換え後31日以内に、忘れずに『メール持ち運びサービス』に申し込みすることをおすすめします

持ち運び可能なメールアドレスは以下の通りです。

メールサービスメールアドレス
MMS@ymobile.ne.jp
@emobile-s.ne.jp
@wcm.ne.jp
@willcom.com
@pdx.ne.jp
@~.pdx.ne.jp
@y-mobile.ne.jp
Y!mobileメール@yahoo.ne.jp

ワイモバイルの機種残債がある場合、支払いが必要

ワイモバイルからUQモバイルに乗り換える際に、機種を分割支払いで購入していて支払い期間途中の場合は、残債の支払いが必要になります。

ワイモバイルで利用している機種を、ドコモ・au・SoftBankなど他社で分割契約している方で、機種購入プログラムに加入している場合は、機種を返却することで残債の支払いが免除できる可能性もあります

ワイモバイルのAndroidを利用する場合は、周波数帯に注意

ワイモバイルのAndroidは、機種によってUQモバイルで利用できるか否かが変わります。

Band18/26に対応していないスマートフォンを、UQモバイルで利用することはおすすめしません

Band18/26に対応していないと、地下・屋内・郊外で繋がりにくくなる可能性があります。

UQモバイル
主要周波数帯

ワイモバイルAndroid
4G
Band1
4G
Band3
4G
Band18/26
5G
n77
5G
n78
Android One S2
Android One S4
Android One X3
かんたんスマホ2
かんたんスマホ2+
Android One S3
Android One S6
Android One S8
Android One S7
Android One X2
Android One X4
Android One S9
AQUOS sense4 Basic
AQUOS wish 2
AQUOS wish
Xperia 10 II
Xperia 8
Xperia 10 Ⅲ
Libero S10
Libero 5G
Libero 5G Ⅱ
Redmi 9T

ワイモバイルまとめて支払いが使えなくなる(PayPayユーザーは要注意)

PayPayチャージワイモバイルUQモバイル
ワイモバイル
まとめて支払い

ポイント還元あり
ローソン銀行
セブン銀行ATM

ポイント還元なし

ポイント還元なし
PayPay銀行
ポイント還元なし

ポイント還元なし

支払い設定したクレジットカード決済分のポイント還元2022年12月以降PayPayカードは対象外

ワイモバイルからUQモバイルに乗り換えると、ワイモバイルまとめて支払いが使えなくなります。

ワイモバイルまとめて支払いをクレジットカードで利用することで、PayPayチャージでポイント還元(クレジットカード決済分)を受けている方は、ポイント還元対象外になるので乗り換え前に必ず確認しておきましょう

契約事務手数料がかかる

ワイモバイルUQモバイル
違約金無料
MNP転出手数料無料
契約事務手数料3,300円/回線

ワイモバイルからUQモバイルに乗り換える際に、UQモバイル側で契約事務手数料がかかる点がデメリットになります

ワイモバイル側では、違約金やMNP転出手数料はかかりません。

UQモバイルは、店舗で申し込みでも公式サイトから申し込みでも契約事務手数料が3,300円発生します。

ワイモバイルからUQモバイルに乗り換えメリット9選

月額料金が安くなる

~3GB3GB~15GB15GB~25GB
ワイモバイル2,178円3,278円4,158円
UQモバイル1,628円2,728円3,828円

ワイモバイルからUQモバイルに乗り換えると、月額料金が安くなります

ワイモバイルにも、UQモバイルにも、それぞれ割引サービスがあり割引適用を受けることができる場合は、両社同じ金額です。

  • ワイモバイル:おうち割光セット(A)または家族割(2回線目以降)
  • UQモバイル:自宅セット割
割引適用あり~3GB3GB~15GB15GB~25GB
ワイモバイル990円2,090円2,970円
UQモバイル990円2,090円2,970円

ワイモバイルは、自宅のインターネット回線(SoftBank光またはSoftBank Air)とセットにするか、家族と一緒に利用して2回線目以降で割引適用可能。

UQモバイルは、自宅のインターネット回線または、auでんきとセットにすることで割引を受けることができます。

ワイモバイルで割引適用中で、UQモバイルで自宅セット割が受けられない場合のみ月額料金が高くなる点は要注意です。

5歳~18歳やその家族が、おトクに利用できるUQ親子応援割の詳しい解説はこちら

自宅セット割

くりこしプランS+5GくりこしプランM+5GくりこしプランL+5G
データ容量3GB15GB25GB
月額料金1,628円2,728円3,828円
自宅セット割-638円-638円-858円
割引後料金990円2,090円2,970円

UQモバイルは、自宅セット割を組むことで家族最大10回線まで全員割引を受けることが可能です。

自宅セット割には、『インターネットコース』と『でんきコース』があります。

インターネット回線の変更が難しい方は、でんきとセットで組むことで自宅セット割を受けられます

『インターネットコース』・『でんきコース』ともに割引金額は変わりませんので、ご安心ください。

インターネット回線の変更が難しい具体例としては、賃貸住宅にお住まいで管理会社からインターネット回線を指定されている場合や、そもそも管理会社が提供するインターネット回線しか利用できない場合などがあります。

インターネット回線とセット割引が難しい方は、auでんきとセットにすることでも自宅セット割が可能です。

割引対象のサービスは以下の通りです。

インターネットコース
  • auひかり/auひかりちゅら(ネット+電話)
  • ケーブルテレビ(ネット+電話・一部のケーブル局はテレビ+電話も可)
  • auホームルーター5G/スマートポート
  • WiMAX+5G
    • UQ WiMAX
    • YAMADA air mobile WiMAX
    • BIC WiMAX
    • ワイヤレスゲート WiMAX+5G
    • エディオン
    • PC DEPOT
    • KT WiMAX
    • とくとくBB GMO WiMAX
    • Broad WiMAX
    • カシモWiMAX
    • Vision WiMAX
    • EX WiMAX
    • hi-ho
    • 泉佐野WiMAX
    • J:COM
    • DISM WiMAX
    • ビッグローブWiMAX(2022年2月から対象)
  • その他対象インターネットサービス
    • ビッグローブ光
    • ソネット光
    • コミュファ光(東海地方)
    • eo光(関西地方)
    • MEGA EGG(中国地方)
    • Pikara(四国地方)
    • BBIQ(九州地方)
    • ひかりゆいまーる(沖縄地方)
    • ひかりJ
    • エディオンネット
    • @Tcomヒカリ
    • @nifty光

でんきコース

データくりこし・データ増量オプションが7ヶ月無料

くりこしプランS+5GくりこしプランM+5GくりこしプランL+5G
基本データ容量3GB15GB25GB
データ増量分+2GB+5GB+5GB
合計データ容量5GB20GB30GB
増量オプションⅡ
月額料金
550円➡7ヶ月無料550円➡7ヶ月無料 550円➡7ヶ月無料

UQモバイルでは、データ通信量を増やすことができる『増量オプションⅡ』が7ヶ月無料で利用できます。

ワイモバイルでデータ増量無料キャンペーン2(1年間無料)で、1年間無料が終了している方は、UQモバイルへの乗り換えることで、さらにUQモバイル側でデータ増量の恩恵を受けることができ、おすすめです

月額料金が550円かかりますが、キャンペーン適用で無料期間ありで利用できデータ通信量を増やすことができます。

無料期間終了後は、550円の課金がスタートします。

データ増量オプションの加入でキャンペーンの還元額が高くなるので加入して必要なければ、無料期間終了前にオプション解約することをおすすめします。

申し込み不要
データくりこし上限くりこしプランS+5G➡3GB
くりこしプランM+5G➡15GB
くりこしプランL+5G➡25GB
くりこしたデータ有効期限翌月末まで
データ消費順番データくりこし分

基本データ容量(プランの容量)

追加購入した分
データくりこし確認方法UQ mobileポータルアプリ

データ通信量が余った場合は、翌月までくりこし可能

ワイモバイルもデータくりこしに対応していて、データくりこしを利用している方は、UQモバイルに乗り換え後もデータくりこしが同じように利用できます。

節約モード

ワイモバイルからUQモバイルに乗り換えることで、節約モードを利用できるようになります

節約モードにすると、通信速度を意図的に以下の速度にすることでデータ消費ゼロで利用可能です。

  • くりこしプランS+5G:最大300Kbps
  • くりこしプランM/L+5G:最大1Mbps

最大300Kbpsと最大1Mbpsでできることを以下の表にまとめました。

くりこしプランM/L+5Gプランであれば節約モードにしても最大1Mbpsで動画視聴も可能。

2022年11月1日更新最大300Kbps最大1Mbps
LINE
(テキスト)
LINE
(音声通話)
LINE
(ビデオ通話)
Twitter
画像読み込みに数秒~数十秒がかかる
Yahoo!ニュース
画像読み込みに数秒がかかる
Yahoo!カーナビ
若干遅延気味
アプリインストール
(App Store)
(Google Play)

インストールはできるが、相当時間がかかる

(通常より時間がかかる)
QRコード決済
PayPay
auPAY
など

アプリ起動から数秒かかる
Instagram
Googleマップ✖~△
読み込みまで数十秒かかる
Web閲覧
画像読み込みに時間がかかる
音楽ストリーミング
VOD系サービス
Hulu

Paravi
FODなど
YouTube
(低画質:240p)

画質は荒い
YouTube
(標準画質:360p)

再生・停止を繰り返す
YouTube
(高画質:480p)

かけ放題オプションが豊富・60歳以上割引あり(2022年12月1日以降申し込み分から変更あり)

くりこしプランS+5GくりこしプランM+5GくりこしプランL+5G
データ通信量3GB15GB25GB
月額料金1,628円2,728円3,828円
自宅セット割638円割引638円割引858円割引
60歳以上
通話かけ放題
2022年11月30日申し込み分まで
1,870円➡770円
2022年12月1日以降申し込み分
1,980円➡880円
(※電話きほんパック込み)
2022年11月30日申し込み分まで
1,870円➡770円
2022年12月1日以降申し込み分
1,980円➡880円
(※電話きほんパック込み)
2022年11月30日申し込み分まで
1,870円➡770円
2022年12月1日以降申し込み分
1,980円➡880円
(※電話きほんパック込み)
合計月額料金
(自宅セット割あり)
2022年11月30日申し込み分まで
2,398円
(1,760円)
2022年12月1日以降申し込み分
2,508円
(1,870円)
2022年11月30日申し込み分まで
3,498円
(2,860円)
2022年12月1日以降申し込み分
3,608円
(2,970円)
2022年11月30日申し込み分まで
4,598円
(3,740円)
2022年12月1日以降申し込み分
4,708円
(3,850円)

※電話きほんパック(V): お留守番サービスEX・三者通話サービス・迷惑電話撃退サービス・割込通話サービス

UQモバイルは、ワイモバイルと同様に60歳以上の方が利用できる「60歳以上通話割」があります。

2022年11月30日申し込み分までは、通常1,870円/月かかる24時間通話し放題が770円/月でずっと利用できます。

2022年12月1日申し込み分から、通常1,980円/月かかる24時間通話し放題が880円/月でずっと利用できます。(電話きほんパック込み)

適用条件
  • 申し込み時点で契約者または利用者が60歳以上
  • くりこしプランで「かけ放題(24時間いつでも)」に加入
ワイモバイルUQモバイル
国内通話料金22円/30秒22円/30秒
通話パック60550円
通話料金
最大2,640円を減額(月60分)
国内通話10分無料
1回あたり
10分以内まで何度でも
770円/月2022年11月30日申し込み分まで
770円/月
2022年12月1日以降申し込み分
880円/月(※電話きほんパック込み)
10分超過後22円/30秒
かけ放題
(24時間いつでも)
1,870円/月
60歳以上➡770円/月
2022年11月30日申し込み分まで
1,870円/月
60歳以上➡770円/月
2022年12月1日以降申し込み分
1,980円/月
60歳以上➡880円/月
※電話きほんパック込み

※電話きほんパック(V): お留守番サービスEX・三者通話サービス・迷惑電話撃退サービス・割込通話サービス

UQモバイルは3つのかけ放題オプションから選択可能。

ワイモバイルにない通話パック60を選択でき、通話の利用用途に応じて自分に合ったかけ放題オプションを選ぶことができます。

1回の通話が10分を超える場合があるけれども、月の累計通話時間が60分以内の方には、通話パック60がおすすめです。

auでんきとセットにすることで最大5%Pontaポイント還元

電気料金/月Pontaポイント/月Pontaポイント/年
3,000円30ポイント360ポイント
5,000円150ポイント1,800ポイント
7,000円210ポイント2,520ポイント
10,000円500ポイント6,000ポイント
13,000円650ポイント7,800ポイント

ワイモバイルからUQモバイルに乗り換えて、auでんきとセットにすることで毎月の電気料金に応じて最大5%のPontaポイント還元があります

  • 5,000円未満:1%還元
  • 5,000円~7,999円:3%還元
  • 8,000円~:5%還元

auでんき契約者本人または、家族がUQモバイルを利用していると『auでんきポイントで割引』でPontaポイントが還元。

Pontaポイント還元は、auでんきポイントで割引申し込み時に指定したauIDに還元されます。

コールセンターオペレーター対応通話料金が無料

ワイモバイルUQモバイル
サポート拠点約2,300店舗
SoftBankショップ
ワイモバイルショップ
※家電量販店除く
約2,300店舗
auショップ
au style
UQスポット
※家電量販店除く
コールセンター
契約後の問い合わせ
窓口通話料金
有料無料

ワイモバイルからUQモバイルに乗り換えることで、コールセンターのオペレーター対応時の通話料金が無料になります

ワイモバイルは予約を入れて、オペレーターから発信してもらうことで無料にすることもできますが、手間がかかります。

UQモバイルは、オペレーター対応時の通話料金が無料なので安心です。

【公式オンラインショップ限定】SIMのみ乗り換えで最大13,000円相当auPAY残高還元

キャンペーン詳細
キャンペーン期間2021年4月1日~
特典MNP(他社から乗り換え)
au・povo1.0・povo2.0から除く

くりこしプラン+5G(S/M/L)
増量オプション加入
SIMカード:10,000円相当auPAY残高還元
eSIM:13,000円相当auPAY残高還元
増量オプション未加入
SIMカード:6,000円相当
auPAY残高還元
eSIM:9,000円相当auPAY残高還元

通常新規契約(電話番号新たに発行)
くりこしプランS/M/L+5G

SIMカード:3,000円相当auPAY残高還元
eSIM:6,000円相当auPAY残高還元
特典付与条件公式オンラインショップから
SIMのみ』申し込み
くりこしプラン+5G契約
※eSIM契約で増額
※MNP:増量オプションⅡ加入で増額
対象者MNP契約者
他社から乗り換えでSIMのみ契約
au・povo1.0・povo2.0
から乗り換えは対象外
通常新規契約者
新しい電話番号で契約
特典付与時期回線切り替えの翌月下旬以降

ワイモバイルで利用している機種をそのままでUQモバイルに乗り換える(SIMのみ契約)場合は、auPAY残高の還元が受けられます。

増量オプションⅡ(1年間無料)に加入することで還元金額は上がるので加入がおすすめです。

不要であれば、1年間無料期間が終了する前に、オプション解約手続きを行いましょう。

SIMのみ契約最大13,000円相当auPAY残高還元

【公式オンラインショップ限定】乗り換えと同時に機種購入で最大22,000円割引

端末+回線セット購入
特典最大22,000円割引
※増量オプションⅡ加入有無で割引金額変わる
対象者他社からMNP
通常新規契約
適用条件公式オンラインショップから対象機種購入
くりこしプラン+5G契約
※増量オプションⅡ加入で増額
対象外auから乗り換え
povo1.0から乗り換え

ワイモバイルからUQモバイルに乗り換えるタイミングで機種も一緒に購入する場合は、最大22,000円の割引が受けられるので活用しましょう。

注意点としては、増量オプションⅡ(無料期間あり)に加入しないと割引金額が下がります

増量オプションⅡは7ヶ月無料なので、無料期間が終了する前に、不要な場合はオプション解約手続きを行いましょう。

オプション解約手続きは、my UQ mobileやコールセンターで行うことができます。

ワイモバイルからUQモバイルに乗り換えがおすすめな人

こんな人におすすめ
  • 月額料金を安くしたい
  • 自宅セット割が適用できる(以下の何れかのサービスで適用可能)
    • auひかり
    • ケーブルテレビ
    • BIGLOBE光やSo-net光などの光コラボ
    • WiMAX+5Gルーター
    • auでんきorUQでんき
  • au・Ponta経済圏のユーザーまたはこれから使いたい
    • auPAYカード(クレジットカード)
    • auPAY(QRコード決済)
    • auPAYマーケット
    • auでんき
    • auじぶん銀行
    • auカブコム証券
  • 60歳以上でかけ放題を利用したい
  • 余ったデータ通信量を無駄なく利用したい
  • 節約モードを利用したい
  • 5歳~18歳とその家族

月額料金を安くしたい方で、Pontaポイントを利用(貯める・使う)しているまたはこれから利用したい方は、UQモバイルへの乗り換えがおすすめです

auでんき・auPAYカード・auPAY・auじぶん銀行などでまとめることでPontaポイントを貯めることができます。

貯まったPontaポイントは、auPAY残高へチャージしたり、auPAYカード(クレジットカード)の請求充当、JALマイルへの交換など多岐にわたって活用できます。

UQモバイルでは、2022年11月18日から5歳~18歳とその家族がおトクに利用できるUQ親子応援割がスタートしています

ワイモバイルからUQモバイルへ乗り換えおすすめのタイミングは月末開通

SIMカードeSIM
申し込み
タイミング
月末の1週間前
(具体例:9月22日)
月末の前日
(具体例:9月29日)
配送審査完了後
最短2日で到着
(具体例:9月24日到着)
なし
回線切り替え
タイミング

(開通)
月末の前日
SIMカード到着~6日間
(具体例:9月29日)
月末の前日
(具体例:9月29日)

ワイモバイルからUQモバイルに乗り換えるおすすめのタイミングは、月末の前日開通

月末の前日の理由は、月末ギリギリだと回線切り替えが間に合わないリスクがあるからです。

仮に間に合わない場合は、月を跨いでしまい、ワイモバイルもUQモバイルもまるまる1ヶ月分の料金が請求されるので、余裕を持って月末の前日に開通がおすすめです。

ワイモバイルの月額料金は日割りにならないので、月初に解約しても月末に解約しても満額請求されます。

一方、UQモバイルの初月料金は日割り計算になるので、月末になればなるほど料金が安いです。

また、SIMカードとeSIMでおすすめの申し込むタイミングが異なります。

eSIMの場合は、物理カードがなく配送がないので申し込み審査完了後、すぐに回線切り替えができるので月末の前日に申し込み、回線切り替えでOKです。

SIMカードの場合は、配送があるので月末の1週間くらい前がおすすめ

SIMカードは、申し込み審査完了後、最短2日~4日で到着します。

商品到着日から6日間(7日目以降は自動で回線切り替え)、回線切り替えが手動で手続き可能なので月末の前日に回線切り替えを行いましょう。

ちなみに、SIMカードが届いても回線切り替えを完了させるまでは、ワイモバイル回線が利用できるので、自分のタイミングで回線切り替えを行うことができます。

ワイモバイルからUQモバイルへ乗り換え手順

機種(スマホ本体)を新たに購入するのかそのまま使うのか決める

スマホ本体はどうする?
  • ワイモバイルで利用している機種をそのまま使う
  • UQモバイルに乗り換えるタイミングで回線契約と一緒に新たに購入

ワイモバイルからUQモバイルに乗り換える最初のステップは、UQモバイルで利用する機種(スマホ本体)をどうするのかを決めることです。

ワイモバイルで利用している機種をUQモバイルで使う場合は、UQモバイルで使えるか確認が必要です。

iPhoneは、6s以降の機種はUQモバイルで利用可能です。(6s~12シリーズまではSIMロック解除必要・13シリーズ以降は不要)

Androidは機種ごとに異なります。

以下の表に記載がないワイモバイルのAndroidはUQモバイルのプラチナバンド(主に郊外や地下などで利用する周波数帯)に非対応のため利用はおすすめしません

動作確認対応エリアAndroidバージョンSIMロック解除
HUAWEI P30 lite10不要
HUAWEI P20 lite9.0不要
OPPO Reno7 A11不要
OPPO Reno5 A (eSIM)12不要
OPPO Reno5 A11不要
OPPO Reno3 A10必要
AQUOS wish212不要
AQUOS wish11不要
AQUOS sense4 basic12必要
Android One S711必要
Android One X410必要
Redmi 9T11不要

ワイモバイルからUQモバイルに乗り換えるタイミングで回線契約と機種をセットで購入する場合は、申し込みの際に希望する機種を選んで申し込みしましょう。

SIMロック解除(機種をそのまま利用する場合のみ)

手続きができるところ手数料
SIMロック解除My Y!mobile
(個人契約)
Bizコンシェルサイト
(法人契約)
ワイモバイルショップ
My Y!mobile(個人契約)
無料
Bizコンシェルサイト(法人契約)
無料
ワイモバイルショップ
3,300円

My Y!mobileの受付時間は午前9:00~午後9:00までとなっていてWebでも24時間ではありません。

ワイモバイルからMNP予約番号を取得

ワイモバイル予約番号窓口
  • ワイモバイルの携帯電話から151
  • 他社携帯・固定電話から 0570-039-151
  • 9:00 ~ 20:00

MNP予約番号は、ワイモバイルからUQモバイルに携帯電話番号をそのまま乗り換える際に、ワイモバイルから発行される10桁の数字です。

MNP予約番号を取得した段階では、ワイモバイル回線は解約にならず、UQモバイルに乗り換えてUQモバイル側で回線切り替えで開通した時点で、ワイモバイルは自動で解約になるので、解約手続きは別途不要

MNP予約番号は、店舗(SoftBankショップ/ワイモバイルショップ)でも取得可能ですが、来店予約や店舗までの移動時間を考えると、コールセンターでの取得が自宅でできるのでおすすめです。

UQモバイル申し込み時に必要になるので以下の項目は、必ずメモしておきましょう。

MNP予約番号の取得日から5日以内にUQモバイルの申し込みをする必要があります

控えておく項目
  • MNP予約番号:10桁の数字
  • MNP予約番号有効期限

公式サイトから申し込む(限定特典あり)

準備するもの
  • MNP予約番号(STEP3で取得)
  • 本人確認書類※1
  • 契約者本人名義のクレジットカードまたは銀行口座
  • ワイモバイルメール以外のメールアドレス連絡先で入力が必要

申し込み前に上記の4点を準備しましょう。

MNP予約番号は、STEP3で取得した10桁の番号です。

本人確認書類の詳細は以下にまとめていますので、所有している本人確認書類を準備しておきましょう。

毎月の料金の支払いを設定するために、契約者本人名義のクレジットカードまたは銀行口座を用意します。

メールアドレスは、ワイモバイルメール以外のメールアドレス(Gmailなど)を用意しましょう。

ワイモバイルメールがダメな理由は、ワイモバイルからUQモバイルに乗り換るタイミングでワイモバイルメールは利用できなくなるからです。

UQモバイルの申し込み確認メールの通知などが受けることができないためです。

※1本人確認書類
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 日本国パスポート
  • 身体障がい者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障がい者手帳
  • 住民基本台帳カード(写真付きのみ)※2
  • 健康保険証※
  • 外国籍 在留カード+外国パスポート

※2:住民基本台帳カードや健康保険証の場合は、口座振替を選択の場合は発行から3カ月以内の補助書類が必要になります。

※2補助書類
  • 公共料金領収証(発行日から3カ月以内で現住所の記載あり)
    • 本人確認書類の住所と同じ→記載されてる苗字が契約者と同じであること
    • 本人確認書類の住所と違う→領収書宛名本人に限る
  • 住民票(発行日から3カ月以内で現住所・本人の氏名記載あり)
    • 本人確認書類が住民基本台帳カード→住民票は補助書類として利用不可
  • 届出避難証明書(発行日から3カ月以内で現住所・本人の氏名記載あり)
  • 行政機関発行の領収証(発行日から3カ月以内で現住所・本人の氏名記載あり)
SIMのみ契約最大13,000円相当auPAY残高還元

開通手続き

回線切り替え開通手順5ステップ
  • STEP1
    商品到着
  • STEP2
    myUQmobileにログイン
  • STEP3
    各種お手続き』→『お申し込み状況一覧
  • STEP4
    回線切替
  • STEP5
    実行する』(切り替えまで30分

回線切り替え受付時間は9:30~20:30となっています。

万が一回線切り替えでエラーが出た場合は、『UQモバイルお客様センター(0120-929-828)』へ問い合わせしましょう。

SIMのみ契約の方は手持ちのスマホで使えるように設定(APN設定)する必要があります。

APN設定

iPhone6s・7・8シリーズ/SE(第1世代・第2世代)
  1. iPhoneの電源を切る
  2. UQモバイルのSIMカードをiPhoneに挿入
  3. 画面の指示に従い、Apple IDとパスワードを入力

iPhone12・11・Xs・XRシリーズ
  1. iPhoneの電源を切る
  2. UQモバイルのSIMカードをiPhoneに挿入
  3. Wi-Fiに接続
  4. 画面の指示に従い、Apple IDとパスワードを入力
  5. こちらからプロファイルをインストール(Safariからアクセス)
  6. 『許可』をタップ
  7. 『閉じる』をタップ
  8. 『設定』→『一般』→『プロファイル』
  9. 『インストール』をタップ
  10. パスコードを入力(設定している場合)
  11. 『警告』画面が出るので『インストール』をタップ
  12. もう一度『インストール』タップで完了
Android
  1. SIMカードを本体に入れる
  2. 『設定』をタップ
  3. 設定内の検索窓🔍に『モバイルネットワーク』と入力し検索
  4. モバイルネットワーク→アクセスポイント名またはAPNを選択
    1. Galaxy:モバイルネットワーク→APN
    2. AQUOS:モバイルネットワーク→詳細設定→アクセスポイント名
    3. Xperia:モバイルネットワーク→詳細設定→アクセスポイント名
  5. 『+』や『追加』や『新しいAPN』などをタップ(機種により異なる)
    1. Galaxy:追加
    2. AQUOS:『+』
    3. Xperia:『+』
  6. アクセスポイントの編集(機種によって異なる)
    1. 動作確認端末一覧で確認しAPN手順書で確認
  7. 編集が終わったら、右上の『点3つ』のところをタップし『保存』で完了

【キャンペーン情報】ワイモバイルからUQモバイルにおトクに乗り換え

SIMのみ契約:最大13,000円相当auPAY残高還元

キャンペーン詳細
キャンペーン期間2021年4月1日~
特典MNP(他社から乗り換え)
au・povo1.0・povo2.0から除く

くりこしプラン+5G(S/M/L)
増量オプション加入
SIMカード:10,000円相当auPAY残高還元
eSIM:13,000円相当auPAY残高還元
増量オプション未加入
SIMカード:6,000円相当
auPAY残高還元
eSIM:9,000円相当auPAY残高還元

通常新規契約(電話番号新たに発行)
くりこしプランS/M/L+5G

SIMカード:3,000円相当auPAY残高還元
eSIM:6,000円相当auPAY残高還元
特典付与条件公式オンラインショップから
SIMのみ』申し込み
くりこしプラン+5G契約
※eSIM契約で増額
※MNP:増量オプションⅡ加入で増額
対象者MNP契約者
他社から乗り換えでSIMのみ契約
au・povo1.0・povo2.0
から乗り換えは対象外
通常新規契約者
新しい電話番号で契約
特典付与時期回線切り替えの翌月下旬以降
【要注意】キャッシュバック対象外
  • 法人契約
  • 申し込みキャンセル
  • キャッシュバック時点でauPAY残高が有効でない
  • au・povo1.0・povo2.0からの乗り換え
  • 公式オンラインショップ以外からの申し込み
SIMのみ契約最大13,000円相当auPAY残高還元

回線契約と同時に機種購入:最大22,000円割引

キャンペーン期間2021年12 月24日~
対象契約種別他社から乗り換え(povo2.0含む)
通常新規(新たに電話番号発行)
au/povo1.0から乗り換え
機種変更
対象料金プランくりこしプラン+5G(S/M/L)
特典最大22,000円割引
※増量オプションⅡ加入有無で変わる
適用条件UQモバイル公式オンラインショップで対象機種購入
最大22,000円割引!iPhoneも対象

まとめ

今回は、ワイモバイルからUQモバイルに乗り換えるメリット・デメリットや乗り換え手順からキャンペーン情報まで解説してきました。

メリット月額料金が安くなる
自宅セット割
データくりこし・データ増量オプションが7ヶ月無料
節約モード
かけ放題オプションが豊富・60歳以上割引あり
auでんきとセットにすることで最大5%Pontaポイント還元
コールセンターオペレーター対応通話料金が無料
【公式オンラインショップ限定】SIMのみ乗り換えで最大13,000円相当auPAY残高還元
【公式オンラインショップ限定】乗り換えと同時に機種購入で最大22,000円割引
デメリットおうち割光セット(A)や家族割(2回線目以降)がなくなる
データシェアが使えなくなる
留守番電話が有料になる
Yahoo!プレミアム会員無料特典がなくなる
Yahoo!ショッピングの還元率が下がる
ワイモバイルのメールを継続利用する場合は、持ち運びサービスに申し込みが必要
ワイモバイルの機種残債がある場合、支払いが必要
ワイモバイルのAndroidを利用する場合は、周波数帯に注意
ワイモバイルまとめて支払いが使えなくなる
契約事務手数料がかかる
乗り換え手順STEP1
機種を新たに購入するのかそのまま使うのか決める
STEP2
SIMロック解除(機種をそのまま利用する場合のみ)
STEP3
ワイモバイルからMNP予約番号を取得
STEP4
公式サイトから申し込む(限定特典あり)
STEP5
開通手続き
STEP6
APN設定
キャンペーン情報SIMのみ契約:最大13,000円相当auPAY残高還元
契約と同時に機種購入:最大22,000円割引

ワイモバイルからUQモバイルへの乗り換えを検討している方は、今回の記事を参考にしていただければ幸いです。

UQモバイルでは、期間限定でSIM契約最大13,000円相当auPAY残高還元のおトクなキャンペーン開催中なので、この機会にUQモバイルに申し込みしてはいかがでしょうか!

SIMのみ契約最大13,000円相当auPAY残高還元

当サイトでは携帯料金の見直しに関する情報を発信していますので、携帯料金を見直したい方はぜひご覧ください

コメント

【携帯電話料金を安くしたい方必見!】2022年12月版格安SIMおすすめ7選!後悔しない選び方を業界歴9年のプロが解説
詳細はコチラ
【携帯電話料金を安くしたい方必見!】2022年12月版格安SIMおすすめ7選!後悔しない選び方を業界歴9年のプロが解説
詳細はコチラ
タイトルとURLをコピーしました